FC2ブログ

あいつ まだ歌ってるかな

日記
10 /12 2016
今週の「もういちど流行歌」は1991年4月の曲。 
   特集は森口博子「ETAERNAL WIND」エターナル ウインド

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10         オリコントップ10
 
 1位 愛は勝つ(KAN)              LADY NAVIGATION(B’z)
 2位 Oh!Yeah!/ラブストーリーは突然に(小田和正)   Oh!Yeah!/ラブストーリーは突然に(小田和正)   
 3位 I LOVE YOU(尾崎豊)       二人静‐「天河伝説殺人事件」より(中森明菜)
 4位 会いたい(沢田知可子)            はじまりはいつも雨(ASKA)
 5位 はじまりはいつも雨(ASKA)       きっと熱いくちびる~リメイン~(Wink) 
 6位 想い出の九十九里浜く(Mi‐Ke)      歌えなかったラブ・ソング(織田裕二)
 7位 LADY NAVIGATION(B’z)   会いたい(沢田知可子)    
 8位 二人静‐「天河伝説殺人事件」より(中森明菜) I LOVE YOU(尾崎豊)  
 9位 歌えなかったラブ・ソング(織田裕二)    Love’91(チェッカーズ)                   
 10位 ETERNAL WINDほほえみは光る風の中(森口博子) 想い出の九十九里浜く(Mi‐Ke)

特集は意外や意外、元祖バラドルともいえる森口博子。オリコントップ10にも入らず、読者の想い出ベスト10の10位にかろうじて引っかかっている曲がですよ。もちろん嫌いじゃありません。念のため。

読者の想い出ベスト5には「愛は勝つ」「ラブストーリーは突然に」「I LOVE YOU」「会いたい」
「はじまりはいつも雨」と、そうそうたる曲が並ぶ。

自分的にはこの中では尾崎豊。

        yutaka2.png
               《今でも心に残っています》

デビューアルバム「17歳の地図」、シングル「十五の夜」を皮切りに、80年代から90年代初頭にかけて活動。
若者の心の叫びを代弁するかのような詩・曲は圧倒的な支持を集め、今なお慕う者が後を絶たず、26歳というあまりにも若すぎる死は日本のジェームズ・ディーンとも呼ばれ惜しまれています。

自分とは世代は違ったものの共感するものがありました。あの絞り出すような声で切々と歌いあげる姿は忘れられません。


 
日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

尾崎 豊

あの頃、カラオケでよく歌ったのが「十五の夜」。
絞り出すように絶叫する歌が好きでした。
あと、河島英五とかも。。。。、
これが当時のストレス発散法でした。

ちゃんたかぶくろさん

河島英五ですか。いいですね。
「酒と泪と男と女」「時代おくれ」「野風増」とタイトルが浮かんできます。

こちらは48歳で没。いい歌手は早く逝くんですねぇ。残念です。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。