FC2ブログ

忘れられない名曲「イエスタデイ・ワンス・モア」

日記
09 /06 2016
今週の「もういちど流行歌」は1973年9月の曲。 特集は、あべ静江の「コーヒーショップで」
いつものようにランキングから。
   
     読者のベスト10         オリコントップ10
 
 1位 イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)心の旅(チューリップ)     
 2位 てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)     草原の輝き(アグネス・チャン)
 3位 心の旅(チューリップ)            わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)
 4位 わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)      胸いっぱいの悲しみ(沢田研二)    
 5位 草原の輝き(アグネス・チャン)       てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)
 6位 色づく街(南沙織)              恋する夏の日(天地真理)
 7位 恋する夏の日(天地真理)         イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)    
 8位 コーヒーショップで(あべ静江)        十五夜の君(小柳ルミ子) 
 9位 絹の靴下(夏木マリ)            甘い十字架(布施明)             
 10位 ロマンス(ガロ)               コーヒーショップで(あべ静江) 


どうしてこの曲で特集?、というのが最初の印象。だって爆発的な売り上げを上げたわけでもなく、また社会的に強い話題を呼んだわけでもない。
自分的にも「こんな曲があったなぁ」といった程度。酷評過ぎて申し訳ないけど、これだけのヒット曲が並ぶ中では弱い。担当の記者さんの好みだったかな。

まず挙げるなら読者アンケート1位の「イエスタデイ・ワンス・モア」でしょ。和・洋楽界に強烈なインパクトを与えました。
曲調はもとより兄妹デュオのハーモニーにしびれ、なかでも妹カレンの歌声には参りました。今でも心に残っています。

以下、「てんとう虫のサンバ」「心の旅」「わたしの彼は左きき」・・・と続きます。いいなぁ。
う~ん、やはり自分の好みがでますね。こりゃあ、人のことは言えません。

おっと、「コーヒーショップで」も嫌いじゃありませんよ。あくまでも比べたらの話ですから。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ルーツ

先ほどのNHK番組で財津和夫のヒストリーをやってました。

No title

それは残念ながら観てません。
財津和夫(チューリップ)もいいですけど、当時は小田和正(オフコース)のほうに夢中。
いずれにしても両者は日本のポップス界では群を抜いた存在だと思います。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。