FC2ブログ

昭和は遠くなりにけり

日記
05 /17 2016
今週のもういちど流行歌」ですが、体調が今イチですので今日のところは簡単な紹介にとどめます。
オリコンのランキングは1973年11月。特集は「神田川」。

     読者のベスト10         オリコントップ10

 1位 神田川(南こうせつとかぐや姫)         神田川(南こうせつとかぐや姫)
 2位 イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)  個人授業(フィンガー5)
 3位 心もよう(井上陽水)              空いっぱいの幸せ(天地真理)
 4位 みずいろの手紙(あべ静江)           冬の旅(森進一)
 5位 白いギター(チェリッシュ)           小さな恋の物語(アグネスチャン)
 6位 個人授業(フィンガー5)            愛さずにいられない(野口五郎)
 7位 青い果実(山口百恵)              白いギター(チェリッシュ)
 8位 色づく街(南沙織)               ちぎれた愛(西城秀樹)
 9位 ロマンス(ガロ)                アルプスの少女(麻丘めぐみ)
 9位 ひとりぼっちの部屋(高木麻早)     10位 心もよう(井上陽水)

今週は読者の思い出とオリコンの結果のズレが大きかったね。共にランクインは3曲だけ。
中でも断トツだったのが「神田川」。

「神田川」といえば、四畳半、同棲のイメージが頭に浮かぶ。長髪にジーパン姿の自分がダブります。
当初はアルバムの中の一曲に過ぎなかったといいますがラジオの深夜放送を通して広がり、シングルカットされ、たちまちオリコンチャートのトップに。若者の心をつかんだんですね。

後は皆さんで思い返してください。
あべ静江、チェリッシュ、フィンガー5、南沙織、ガロ、天地真理、麻丘めぐみ、高木麻早・・とキラ星。

ただ、記事中にあったレコードジャケットに写るアフロ頭の陽水は笑えます。時代だったんでしょうね。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。