FC2ブログ

聖子(ちゃん)ってただのアイドルじゃないよね

日記
04 /11 2016
今週のもういちど流行歌」1982年2月
松田聖子「赤いスイートピー」を特集しています。 作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)

まずはランキングから   (曲を見ただけで震えが来ます)
    読者のベスト10             オリコントップ10

 1位 赤いスイートピー(松田聖子)         赤いスイートピー(松田聖子)
 2位 セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子)      情熱・微風・せれなーで(近藤真彦)
 3位 悪女(中島みゆき)              セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子)
 4位 夢の途中(来生たかお)            夢の途中(来生たかお)
 5位 ウエディング・ベル(シュガー)        君に薔薇薔薇・・・という感じ(田原俊彦)
 6位 みちのくひとり旅(山本譲二)         心の色(中村雅俊)
 7位 心の色(中村雅俊)              ぶりっこロックンロール(紅麗威甦)
 8位 ハロー・グッバイ(柏原よしえ)        ウエディング・ベル(シュガー)
 9位 フィジカル(オリビア・ニュー・トン・ジョン) デザイアー(もんた&ブラザーズ)
10位 完全無欠のロックンローラー(アラジン)    悪女(中島みゆき)

山口百恵が去り、入れ替わるように松田聖子がデビュー。「聖子ちゃんカット」に「ぶりっこ」で若者(特に男性)のハートをつかみ、あっというまにトップスターに。

記事の中で作詞家の松本は「この曲で聖子を女性に共感される歌い手に変身させたかった」と語っていますが、その狙いは見事に的中。女性の間にもファンを拡大しました。

そこらあたりを私がどうのこうのと言うより回答者の声が如実に表してくれていますので紹介します。

「聖子ちゃんは当時ぶりっ子、全女性の敵!みたいなアイドルだったと思う。この曲あたりから、女性にも好かれる存在に変わった気がする」(神奈川、54歳女性)

「『聖子ちゃんカット』からショートになって歌ったこの曲は、歌詞、曲、すべていいと思った。アイドルというより、同世代の代表者のように思えた」(徳島、53歳女性)

うん、うん、分かります。
アイドルにとどまらない不世出の歌手になったと思います。そう思いませんか?


他の曲についても、ちょこっと書きますね。
「セーラー服と機関銃」「夢の途中」。ご承知のように詩がちょこっと違うだけの同じ曲。この曲にも声が寄せられていました。
一部紹介すると「男性と女性でこんなにも違うとは」「両方とも良かった」など、など。
自分も同感でした。

あとの曲はそれぞれで思いをはせてください。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰してます。
懐かしい曲ばかり、すべて口ずさめます。
赤いスイトピーは今でも車から聞こえてきますよ(^。^)

No title

うぅ~ん懐かしいー
当時 中2の私はアラジンが好きだったな~(^^)ニコ

えにしさん

昭和の良き時代って感じですよね。
今の時代パッとしないんで、振り返るのもいいんじゃないですか。

赤いスイートピー、これからもず~っと流しててくださいね(笑)

ひこやん

ツッパッテ~、ツッパッテ~ ♪

ひこやん、つっぱってますか?

No title

赤いスイトピーのB面の「制服」が好きです。
中学生から矢沢永吉一筋です。

きょうこさん

う~ん、B面の「制服」か。知らなかった。

永ちゃんもかなりな年になったけど頑張ってるよね。自分より二つも上なんだ。見習わなきゃな。
これからも応援してやってよ。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。