FC2ブログ

プロ棋士敗北、コンピューターの将来は?

美容と健康
07 /17 2013

  体の内側からきれいにします  「女神の雫」
           

                     《詳しくは画像クリック》

kappu.jpg

今日も飛んだ話です。

将棋のプロ棋士がコンピューターに負けたというやつ。2~3日前のテレビでやっていたので、見た人もいるかと思います。

このコンピューター、2012年の世界大会で優勝したという強者(つわもの)ですが、なんと1秒間に最大1億8千手読むというんです。信じられないというより、ピンとこないです。

また、2006年の世界大会で優勝したコンピューターは特異な方式を採用。
簡単に言うと、良い手だと言われる形を覚えさせ、その形を多く出現させて勝利へ導いていく方式。
このために約50万局分の棋譜をコンピューターに入力したといいます。

これらから見ると、コンピューターは将棋を知らない、ということ。駒の動き方すら知らない。
それでも勝てるのであれば、これから進歩し続けるコンピュータにはとても太刀打ちできません。
名人さえ例外ではなくなるのでは。
将棋ファンの一人としては残念であるし、末恐ろしささえ覚えます。

コンピューターの進歩がです。


しかし、今のところは心配することはないでしょう。
強いといっても、ただひたすら人間が入力した通り動き、判断するだけですから。

怖いのは、コンピューターが自分で自分をプログラムし、独り歩きし始めること。
SF映画の世界になってしまいましたが、あり得ないことではありません。

将棋の話から脱線しましたが、皆さんはどう考えますか。

あり得ないことではないと述べましたが、本当のところどうなんですか。
正直なところ、私には分かりません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。