FC2ブログ

和製大砲どうした

日記
12 /07 2014
今週のbeランキング。
「史上最高のホームランバッター」を聞いてました。

  今日の しんぶん・ひろいよみ

これは決まり。
そう、王さんしかありません。

とりあえずベストテンをどうぞ。
  1位 王貞治(巨人)、2位 バース(阪神)、3位 松井秀喜(巨人)、4位 野村克也(南海)
  5位 落合博満(ロッテ・中日)、6位 長嶋茂雄(巨人)、7位 中西太(西鉄)
  8位 田淵幸一(阪神)、9位 バレンティン(ヤクルト)、10位 ブライアント(近鉄)

まあ、順当かな。
懐かしい顔が並びますが、私にはホームランバッターといえば外国人選手のイメージが強烈です。

バース、バレンティン、ブライアント、ローズ、カブレラ、ブーマー、マニエル、ラミレス・・・

いましたいました。
この人たちは打席に立っただけでホームランを予感させたものです。

それにしても近年の和製大砲の不在は何とも嘆かわしい。
記事中では中田翔(日本ハム)、中村剛也(西武)、T-岡田(オリックス)の名前が出ていましたが、イメージ的にはイマイチ。

ホームランが出ることを、花火を打ち上げると言いますが、まさにホームランは野球の華(はな)。
特にプロ野球では欠かせません。

プロ野球活性化のためにも日本人選手で常時40~50本は打てる選手が欲しい。
そうは思いませんか?

11位以下では次の選手たちの名前が挙がっていました。(日本人選手のみ)
  門田博光(南海)、掛布雅之(阪神)、山本浩二(広島)、藤村富美男(阪神)、大下弘(東急)
  中村剛也(西武)、秋山幸二(西武)、大杉勝男(東映)、中村紀洋(近鉄)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プチ自慢。

インストラクター時代、娘のように可愛がって頂きお宅まで招待してくださったご夫婦。
ご夫婦の次男君は、後にヤクルトのピッチャーに。
練習試合、よく連れて行って貰いました。

Re: プチ自慢。

> インストラクター時代、娘のように可愛がって頂きお宅まで招待してくださったご夫婦。
> ご夫婦の次男君は、後にヤクルトのピッチャーに。
> 練習試合、よく連れて行って貰いました。


そろそろキャンプも始まるころ。
野球大好き人間の自分は今から球春の訪れを待ち望んでいます。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。