FC2ブログ

「新聞少年」 こみあげてきました

日記
09 /26 2014
今日の午後、ラジオのスイッチを入れたら、「今朝も出がけに母さんが苦労をかけると泣いたっけ・・・♪」の歌詞、メロディーが流れてきたではありませんか。

懐かしかった。思わずこみあげてきました。

私ら世代の人なら誰でも知ってるであろう、山田太郎の歌った「新聞少年」。
自分の少年時代も甦ってきました。

そのころは、アルバイト(こんな言葉あったかな?)と言えば新聞配達。新聞配達と言えば子供。
と、だいたい決まってました。
新聞の宅配は子供たちが支えていたんです。

ご多分に漏れず私もやってました。中学生のころ。同僚?には小学3、4年生の子も。
そのほとんどが小遣い稼ぎですが、中には家計の足しにと親に言われてやってる子も結構いました。
世の中全体がまだ貧しかったですからね。

歌詞にもあるように雨や嵐の日でも配りました。休むような根性無しはいなかったですね。

ちなみに私はバイト代で自転車を買いました。
金額は覚えていません。かなりな額だったと記憶の片隅にありますが、親からの援助は一切なしで、それだけが自慢でした。

お若い方にはゴメンナサイ。でもこんな時代があったことをご承知ください。
ご存知の方は一緒に口ずさんでみてください。

   
            《まだ白黒のころでしたね》
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

新聞少年

思い出します。あの頃の事を。
町中の同級生で新聞配達をしてる人がいました。
小遣い稼ぎなのか、家庭の生活の為かは分かりませんでしたが、
そういう事ができて、お金がもらえる事がうらやましかったですね。
私は街はずれの里山でしたからね。
他にも牛乳配をしている子もいました。
あの頃は、小さい子ながらも、働いてお金を稼ぐって意識はありましたね。
時代は変わりましたね、新聞配達は大人がやっています。

大坊峠のツッチーさん

ですね。世の中変りました。
歌の通りでした。
嫌だ嫌だと思いながらも続きましたからね。
ほかの子も一緒。
昔の子の方が根性はあったと思います。
根性と言うより自立心かな。

No title

小中学生の子供が新聞配達って、過酷な労働だったでしょうね!

雨の日や嵐の日、冬の凍てつくような朝。
想像すると切なくなります・・

『ご苦労様です』と心から声をかけたいと思います。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

No title

ミドリノマッキーさん こんばんは。

動画 拝見しました。
懐かしいですね~
この歌 よく歌いました。

そうでしたね。
子ども時代 まだ貧しかったですもんね。
それでも 今振り返ると
とてもいい時代だったなぁ~と思わされます。
物はなかったけれど 贅沢は出来なかったけど
もっと大切なものが ちゃんとあったように思います。
いろいろ思い出すことができました。
ありがとうございます。

mobic(モービック)さん

ありがとうございます。
「ご苦労さん」の一言、うれしいものでした。
現在は子供の配達員なんてあまりいないでしょうが、そんな機会があったら声をかけてあげてください。
とても喜ぶと思います。

petero kさん

同感です。
貧しいながらもみんなたくましく生きていたと思います。
人情味にあふれた素朴な人間関係は今にない良さがありました。
昔を振り返るようではだめだよ、と言われたりもしますが、いいじゃあ~りませんか。
どんどん振り返り、昔を懐かしみましょうよ。
数々の楽しい思い出につかりきるのも悪くありません。

No title

マッキーさん

こんばんわです
私とマッキーさん、恐らくは、2周り程度年の差が( ´艸`)ムププ
その為、動画や音楽はわかりませんが、
『新聞配達』、これは小学校の6年の夏休みにやりました

どうしてもラジコンが欲しく、1ヶ月10,000円のバイトでした。
母親に叩き起こされながら、眠い目をこすり。。。

なつかしぃ♪

お米さん

いやあ、お米さんもやりましたか。
眠い目こすって1軒、1軒また1軒と。
責任感と自立心をやしなうのにこれ以上のものはありません。
目標を持って、それをやりきる。何かを得るはずです。
最近の子供も挑戦して欲しいと思いますが、むしろ親が許さないかもしれませんね。
やっぱり時代の流れ。無理っぽいね(笑)

二周り下ですか。まだお若い。
これからもよろしく。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。