FC2ブログ

集団的自衛権行使容認の行きつく先は

日記
07 /03 2014
前回掲載した木梨夏菜さん(15)の「同世代の男子の血を流させないで」の訴えは心に響きました。

      WS000003.jpg
  《制服向上委員会・木梨夏菜さん》

“平和慣れ”している我々にはすぐにピンとこないかもしれませんが、このまま突き進めば、望むと望まざるとにかかわらず、戦争(紛争)が現実のものになります。

“平和慣れ”しているということ自体が戦後の諸先輩方が築き、守ってきてくれた制度のたまもの。
それが日本国憲法なんです。9条なんです。

それから、こういうことも聞きました。

    集団的自衛権行使容認
    ↓
   武力行使の恐れ、戦場に送られる
    ↓
   現役隊員の除隊、新入隊員の減少
    ↓
   隊員の確保が困難
    ↓
   徴兵制


と、なりかねないと言うのです。 ゆゆしきことです。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。