FC2ブログ

高速道路上での合流

日記
05 /07 2014
5月6日付の朝日新聞「天声人語」欄で2本の高速道路が合流する際、どうすればスムーズに車線変更できるかについて語っていました。

ネット上での実験を見ての感想を述べたものです。

実験の詳しい内容は分かりませんが結論として、合流地点から一定の距離を車線変更禁止にする。そうするとその間、互いに見合い、譲り合いながら車線を変えることができる-とありました。

確かにその通りです。

ですがこのことは何も実験を見るまでもなく、実際に毎日のように高速道路を走る我々トラックドライバーには分かっていることです。

そこで言わせてもらえば、このことを実現するためには短いながらも、もう一車線必要だということ。
今でも合流するための進入路?が200~300mぐらいとってありますが、これをせめて1~2キロぐらいに伸ばすんです。

このことが先に述べられていた説を実現できる方策です。

そうしたことのない現在の状況下でも、大方のドラックドライバーは合流地点前に差し掛かると追い越しをしません。
合流しようとする車を入れるために、前を走る車が追い越し車線側へ車線変更してくるからです。

そこら辺りがきちんと読めないとスムーズな合流はありません。

ともかくスムーズな流れをつくるということは、他の車の動きを的確に読むこと。もっと大切なことは譲り合う気持ちを持つことです。






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは影千代です。

ミドリノマッキーさん、その通りだと思います。

僕も、トラックではないのですが前職の時、
乗用車ですが毎日高速道路を100㎞以上は利用していました。

要するに、他車の動きを予測する。

これが大切かと思います。

大型連休に入りますと、繰り出す車両も多くなるところに、
この時期にしか運転しないホリデードライバーが多いですから、
他車の動きを読めていないドライバーの身勝手な運転で
なお渋滞しやすくなるのではないでしょうか。

こんな時こそさらに気を引き締めて、

焦らず怒らずで安全運転したいですね。

また寄らせていただきます。

影千代さんへ。

影千代さん、ありがとう。
そうなんです。
動きの読めないドライバーの多いこと、多いこと。
私の言いたいことを言っていただいて、うれしいな。
私も最近はおとなしくなりましたよ。
おっしゃる通り、焦らず怒らずで安全運転します。
ただね、大型車はリミッターが付いていて、スピードが100キロ以上出ないんです。だから抜かれまくり。
これにはイライラしてます。(笑)
またよろしく。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。