FC2ブログ

「我以外皆我師」 これでいきましょう

日記
04 /12 2014
我以外皆我師(我以外、皆我が師)

中国の古典にありそうな言葉ですが、「宮本武蔵」で有名な吉川英治先生の造語で、先生自身が座右の銘にされてたようです。

私がこの言葉と出会ったのは中学2年のころでした。
この言葉に接したとき、かくあるべしと子供心にも思ったことを覚えています。

このころの私って偉かったですね。

先生は本の中で武蔵に「諸国の先輩を皆師として訪ね、天下の山川も皆師と存じて遍歴しております」と語らせています。
つまり、人からだけでなく自然からも学ぶという度量の広さ。

現代は、俺が俺がの時代。声の大きいほうが勝ちとばかりに、声高に自説を主張する。
それがまかり通るのですから情けないですね。

確かにお互いをぶつけ合い、切磋琢磨することも必要です。

しかし社会はそればかりではありません。
他人の言に耳を貸し、他人の行動から学ぶ姿勢があっていいはずです。

中学生のころに“かくあるべし”と思っていたことなど、とっくの昔に忘れています。

情けないなどと書きました。
それでは自分はとなると、地域や会社の中で頑固なまでに自分の意見を振りかざし、押し通したこともありました。

う~ん。とんだ繰り言になりました。

今からでも遅くないでしょう。 謙虚に学ぶ姿勢、「我以外皆我師」を実践します。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。