FC2ブログ

人間、死ぬときは死ぬ

日記
02 /07 2014
早朝のNHKラジオ第1で、90歳の父親を紹介する娘さんの投書が読まれてました。

このお父さん、普段から畑仕事をこなし、車まで運転するという元気者で、130歳までは生きると語っておられるとのことでした。

自分に当てはめてみると、あと約70年生きることになります。
これはこれまで生きてきた以上の年月を生きるということ。それを考えると気が遠くなりそうです。

人間は130歳ぐらいまでは生きられるとも聞きますので、頑張ってみようかな。
ちなみにこれまでの最高齢者は122歳だそうです。(確証が取れ、ギネスにも登録された人)

となれば、できないこともないわけだ。
でも、これからそれだけ生きるというの疲れますね。

もちろん、頭、手足など身体が健全に作動することが前提ですが。寝たきりはゴメンです。

作動といったらサイボーグみたいですが、科学の発達で人工内臓や義手、義足などの開発がさらに進み、あながち夢ではなくなるかもしれません。
例の万能細胞もありますし。

いやあ、ここまできたらやっぱりサイボーグだ。

そこまでして長生きしなくてもいい、という声が聞こえてきそうです。

人間、死ぬときは死ぬ。そうです。その通り。
私も頑張るのを止めます。(笑)

もう、いつお迎えが来てもいいかな。



         運動不足のあなた
   太極拳にチャレンジしてみませんか

    DVDを観る⇒マネる⇒繰り返す
            これだけでいいんです。

画像をクリック  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。