FC2ブログ

よし!10年間は大丈夫(^^♪

日記
09 /13 2020
一昨日、去年手作りした縁台(ベンチ)の塗装をしました。

何しろ1年以上を経過しましたからね。色がはげ落ちていたし、虫食いや腐食の恐れもあります。
冬は日向ぼっこで活躍してもらわないといけないので念入りにやりました。

 縁台 DSCN4548.jpg
     《色塗りました》       《製材しました・去年》

結果は写真の通り。
色の選択を間違えましたが、まあ、いいでしょう。三重塗りしました。

去年制作したとき紹介記事を挙げましたが、ご存じのない方もいらっしゃると思いますので再度紹介。

この縁台、市販の木材を使わず丸太を製材してゼロから作ったもの。(写真右)
丸太は裏山にあった倒木を利用。

ご覧の通り不揃いで不格好ですが頑丈なのが取り柄。
天板の横板は厚さが4~5cmありますからね。ちょっとやそっとでは傷みません。今回の塗装で今後10年間はOKかと。

それまで自分が利用できるか。そちらのほうが保証の限りではありません(^^♪


今日のイラストは吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)作「鬼滅の刃」
で主人公・竈門 炭治郎(かまど たんじろう)と
     同期剣士の嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)


イノシシのかぶりものを身にまとってるけど、素顔はこんなに美形。

好戦的で負けず嫌い。とにかくやかましい。
炭治郎に何かと突っかかることも多いが、結構頼りになる男。

鬼滅の刃、終わっちゃいましたね。人気沸騰時に連載終了。
自分的にはこれぐらいがちょうど良し。
長くやればいいというものでもないし。
もちろん作品によりますけどね。

この作品、登場人物の名前が難しい。フリガナがなかったら読めません(^^♪

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私も木工は好きですが
丸太から製材はすごいですね。
驚きました。
鬼滅の刃は孫が読んでました。
人気が出てきたと思って
読んでみようと思ったら終わりましたね。

torさん

店に行き材料費が高いのに驚いて自分で作ることに。
しかも道具は鋸と鉈だけ。
散々苦労した甲斐があって節約に成功(^^♪
遊び感覚でした。
掲載当初はそれほどではなかったんですけどね。
終盤のころの人気は異常なぐらいでした。
確かに面白かったです。

No title

いイッスねえ(笑)

イス作ったときの記事よく覚えてますよ。
わたしの父親も時計バンドを買ったとき
「一生持ちますよ」って言われて
「ワシの方がもたん」って言い返してました。

こんにちは

市販のアルミ製だと熱くて座れません^^;
木製の縁台は良いですね。
冬の日向ぼっこは心地良く、コックリして
しまいそうですね。

ミドリノマッキー様

こんにちは、す、素晴らしい!ホームセンターに売って居る様な立派な縁台!完全手作りとはーっ!
恐れ入りました。〈(_ _)〉(←私などににそこ迄の甲斐性は無い…)
マッキー様ならではでしょう。
嘴平伊之助の絵も筋肉とか中間色の肌色の影付けとか、物凄いです。本日はマッキー様の穏やかかつ、ご自身に厳しく妥協は無いって所を見ました。研ぎ澄まされた物を見ました。今、私の頭の中に「強く成れる理由を知ったー、僕を連れて進めー♪」の鬼滅の音楽がw。
私があまりにも俗っぽいのも有って見習いたいです、尊敬します。
お声をかけて構って下さった事に感謝ですー。

こんにちは^^

あつ森で言う所の、ベンチを『DIY』で作って、それを『リメイク』したんですねぇ^^
リアルあつ森って感じで、面白いです^^

『鬼滅の刃』、人気があった様ですねぇ・・・
自分は読んだ事は無いですが、確かに何十年も続けるのも一つの方法であれば、人気絶頂の途上で華を飾るのも一つの方法ですね^^
それにしても、何でイノシシの面なんて被ってるんでしょうね^^;

No title

そう言えばうちにもベンチがあるんですが塗装が全く取れてしまってこのままだと朽ちていきそうな・・・。今度ペンキぬってみますかね~ 手遅れかな~

エリアンダーさん

有難うございます。
遊び感覚で作りましたが、実用にはなりました。
これが使えなくなるころまでは頑張ります(^^♪

ichanさん

暑い時は日陰に、寒い時は陽だまりに。
それぞれ置き場所は決めています。
手作りした中では一番活躍してくれています(^^♪

ガオさん

有難うございます。
そう言っていただくと作った甲斐があるというものです。
せいぜい有効利用しますからね(^^♪
そんなに褒めていただくと身の置き所がなくなりそうです。
自分的には着色など納得できないところが多いです。
これからも勉強しながら描き込んでいきたいと思います。
いろいろ教えてくださいね。

中尉殿

あつ森にもそんなシーンがあるんですか。面白そう。
ゲームの世界であっても何か作るということは楽しいもの。
中尉殿も楽しんでくださいね。

コミックが発売したそばからなくなるなど、かなりの人気ぶりでした。
社会現象ともいえるほどでした。
ですから。、そんな中で終わったというのはいいことだと思います。
同じようなことの繰り返しで、マンネリ化するよりずっといいですね。
伊之助は捨て子で、猪に育てられたんです。
ですから親である猪の形見の毛皮を大切に被っているということらしいです。

自遊自足さん

表面が腐り始めていても、木材の厚さがまだ厚かったら大丈夫です。
木は結構強いものです。
とにかく腐食がどこまで進んでいるかの見極めが大切です。

No title

しっかりとしたいいベンチが
塗装されて落ち着いたさらに素敵なベンチになりましたね!
ここで日向ぼっこ気持ちよさそうです~。

鬼滅の刃のイノシシの頭のキャラクター、
中身があったんですね!(笑)
鬼滅の刃、完結したし書店に出回り始めたので
そろそろ買って読んでみようかと思っていたので
このキャラクターがどんな人物なのか
確かめるのも楽しみになりました!(笑)

No title

漫画の事ですが、「お話が終わらせられるのであれば、人気があっても連載終了はイイんじゃないか?」とは、私も思っております。
「ムリヤリにでもいいから、続けて欲しい」という、編集部側の気持ちも、分からなくもないですケドね。
まぁ、漫画家さんと編集者さんとの、「終わる、終わらせない」という衝突は、昔からある様ですが

近年は、太陽からの紫外線が強くなったり、雨が多くなったりしているそうですから、塗装はひと昔前よりも重要かも知れませんねぇ

No title

塗装おつかれ様でした~ヽ(´ー`)ノ
ご自身で作るのが凄いのはモチロンのこと、丸太からの製作とは御見逸れいたしました。切り出すだけでも大変でしょうに……(゚A゚;)ゴクリ
部屋に棚が欲しくてお店を探すも丁度いいのがなくて、DIYしようかと思うも中々重い腰が上がらないので尊敬致しますっ!

【鬼滅の刃】の人気は凄まじいものですよね。
なかでも『伊之助』はとても好きなキャラなので拝見できて嬉しいです!

天 炎さん

ちょっと不格好ですけどね。不都合はありません。
夏は夕涼み、冬は日向ぼっこに重宝しています。
前から塗りたいと思っていたのですが、なかなか始まらなくて。
これで冬支度もOK、なんて。ちょっと早いか(^^♪

鬼滅ファンなら素顔が美形なのは皆さんご存じ。
この伊之助君、すごい人気なんですよ。
天炎さんも購入されたらしっかりお楽しみください。

キョウ頭さん

人気漫画は編集部とか会社は延ばしたいでしょうね。
しかし無理に延ばそうとすると作品がマンネリ化して劣悪に。
作品名は挙げませんが自分にもそう思われるものが何作かあります。
売るではなく、面白いを重視して欲しいですね。

塗装することで耐用年数がかなり違ってきます。
言われるように近年の気象条件は厳しいものがありますからね。
とにかく終わってホッとしました(^^♪

ヂオさん

有難うございます。そうなんです。
大変でした。何しろ工具がノコとナタしかないんですから。
チェーンソーでもあったらあっという間に終わってたんですけどね。
でも完成したのを見たら苦労も忘れて見惚れてしまいました(^^♪
ヂオさんも大変でしょうが棚づくり、ぜひ頑張ってみてください。
やりがいがありますよ。それと達成感も。

人気、終盤のころはすごかったですね。
どこで火が付いたのやら、って感じでした。
いやあ、お恥ずかしい。
猪の被り物はまるでお面のようになってしまいました。
もっと修行ですね。頑張らないと。


No title

こんにちは ミドリノマッキーさん。
ペンキの3度塗りお疲れさまでした(●´ω`●)
頑丈なベンチでいいですねー
倒木の丸太から作られただなんて
大切にされて木が喜んでいますね。
鬼滅の刃ってちゃんと観たことがないのですが
かなり面白いようですね。
私はLISAさんの紅蓮華がお気に入りで
ずっと歌っています( ´艸`)♪

No title

ベンチ 綺麗になりましたね(*´ω`*)e-420
しかも 既製品ではなく
ミドリノマッキーさん手作りのベンチとかe-451
すごいですねe-420

丸太は裏山のものを使用
ゼロから作られたというのも
びっくりでした。

なので
尚の事 愛着があると思いますe-446
今後10年とは言わず
もっと長く使っていけたらいいなぁと思いましたe-415

「毀滅の刃」
「事故物件…」の映画観に行った時
スクリーンで予告観ました♪
娘が家にいた時
一緒に 途中までですが
観た事あるので
映画も少し気になりました(^^ゞ

上手い

 鋸と鉈だけで…
うまいもんですねえ~

絵~も w(゚Д゚)wウマイ

鬼滅の刃は深夜のテレビで放送していたので見ていましたが、すごい人気漫画のなってたんですね。

中途半端で終わってしまったので竈門禰豆子(ねずこ)の行く末が気になってます。

イヴままさん

はい、長持ちするように丈夫に作ったし、丁寧に塗りました。
まだ先は長いですが、日向ぼっこをする時が待ち遠しいぐらいです。
そうですね。そのままであったらただ朽ちていくだけ。
確かに木も喜んでくれたかもしれませんね。
ですよね。コミックがすぐに売り切れるなど社会現象にもなったほどでした。
昔からよく知っている自分には驚きでしかありません。
いつからこんなになった?って感じで。
主題歌はよく聞いていましたが、LISAさんについては知りませんでした。
今どきの歌手さんには縁がなくて。すみません(ペコッ)
そうですか。持ち歌の一つなんですね(^^♪

みけさん

お陰様で見違えるようになりました。
冗談抜きで10年は行けると思います。
有難うございます。
自分もそれまで利用できるように頑張ります。

鬼滅の刃、こんなに爆発的な人気を呼ぶとは思いもしてませんでした。
その割にはあっさり連載をやめてしまいましたね。
自分はそれでよかったと思っています。
だらだら続けてもつまらなくなるばかりです。
劇場版、たぶん観に行かないと思います。
漫画、テレビアニメでストーリーがほぼ分かってますからね(^^♪

るどるふくん

うまいもなにも、ありません。もう必死でした。
でも、褒めていただいて嬉しいです。
とにかく鋸と鉈しかありませんからね。
コツコツと日にちをかけて、やるしかありませんでした。
まあ、苦労のかいあって完成。
出来たときは飛び上がって喜びましたよ。

うまいですか、うそでしょ(^^♪
有難うございます。でもまだ修行の身。頑張ります。

観てらしたんですね。
ネタバレになる。こんな時どうしたらいいんだろう。悩みます。
う~ん、やっぱり言うのはやめておきます。
自分だったら言われたくないですから(笑)

No title

こんにちは~!!
塗装もつくりもしっかりしてそうですね。
10年以上現役でがんばってほしいですね^-^

No title

三重塗りなら 当分の間 腐らないでしょう(^^♪
十年、くらいが目安ですかね。

No title

こんばんは!
ベンチ良い感じに仕上がりましたね。
売り物では無い自然の素材が素敵です。
今回は、鬼滅の刃から・・いのすけの登場ですね。
ギャップがタマラナイ。美少女顔に筋肉マッチョ・・それってあり?
鬼滅の刃は、コスプレイヤーさん達の姿で知りました。
彼女らは流行に敏感ですよね。最初は無それ?でしたが・・・今では知らない人がいないレベル。
漫画は最後まで読んでません。潔く最終回を迎える・・それでこそ名作だと思います^^

かっぱのしんちゃんさん

見栄えは悪くても丈夫が取り柄。10年は持たせます。
この縁台の制作、しんちゃんさんが教えてくれた動画がきっかけでした。
タイトルは忘れましたが無職の若者が年寄りの家に転がり込んで一緒に暮らすストーリー。
その若者が縁台に寝転んでるシーンを見て作りたいと思ったんです。
詳しい話はすっかり忘れました(^^♪

おでかけ親父さん

10年は大丈夫。なんて大見得を切りました。
となれば見届ける責任あり。
少なくとも10年はしっかり利用しますからね(^^♪
そのための三重塗りです。

ひで郎さん

有難うございます。
夕涼み、日向ぼっこに使えればと作ってみました。
これぐらいで十分でしょう。

伊之助、数あるキャラの中でも超人気。特に女性に。
そのギャップがたまらないんでしょうね。
鬼滅の刃、コスプレでも人気ですか。
連載当初から知っている自分にしてみれば、
これほどのブームになるとは思いもしてませんでした。
最高の盛り上がりの中で最終回を迎える。
これですよね。
最後は見てませんか。そしたらそこには触れません(^^♪
機会があったら読んでみてください。

No title

おお、これもまた素晴らしい。
手作りベンチですね。
私は土曜大工がなかなかできないですからね。
こういうことができるのも健康や意欲の維持にもつながりますしね。
お疲れ様です!!

LandMさん

作ったのは去年の3月。
長持ちするように改めてペンキを塗りました。
こういうのが好きなんです。それに暇だし。
これからも色々やりたいと思っています。
応援お願いしますね(^^♪

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。