FC2ブログ

私の仕事紹介 ⑤

美容と健康
11 /23 2013
昨日はトラックの種類や役割について話しましたが、いかがでした?

私が一番最初に乗ったのは平ボデー車。

荷物は植木、芝、鉄くず、古紙など。それに火山地帯ならではの軽石、研磨剤等がありました。

行先は九州管内はもとより四国、中国、関西と多方面にわたりました。たまに関東行きも。
目的地としてだけでなく、通り道として走っていた可能性も含めて、皆さんの街にもお邪魔していたかもしれません。

新人の時の積荷は鉄くず、芝など苦労が多い割りに稼ぎ(手当)の少ないものばかり。
それに、与えられた車も旧式で力のないガラクタ。

それでも念願の大型車に乗務できたとあって、喜びのほうが大きかったですね。
経験年数が多くなるほど積荷、コース、車などが良くなります。

この後乗ったのが、箱車。路線便に鞍替えしたんです。

路線便とは、コースと時間がきちんと決まっている運送スタイル。
分かりやすく言えば、A社のB営業所からC営業所へ、定時に出発して定時に着けるということ。

そのC営業所では地場の配達車(2~4トン車クラス)が、到着した荷物を皆さんの家庭へ配達することになります。

ですから遅刻でもしようものならその配達ができないことに。
特に最近では、翌日配達とか時間指定配達など、きめ細かい配達システムになっていますので、余計に遅れは許されません。

そのために運行は“全高”。つまり行程のすべてを高速道路走行。

現在の大型トラックはリミッターと呼ばれる速度制限装置が付けられ、時速90キロから100キロ程度までしか速力は出ないんですよ。
これも事故防止のため。

運転手のためにもいいことですが、たまにイライラすることもありました。

ちなみに運転手仲間の間では、高速道路走行を“上を走る”、一般道路走行を“下を走る”とか“地走(じば)しり”なんて言ってました。これも先日話した隠語ってやつ。

今日もちょっと長め。退屈な方はスルーしてくださいね(笑)。
でも、まだまだ話したいことがありますので、興味のある方はお付き合いください。


         運動不足のあなた
   太極拳にチャレンジしてみませんか

    DVDを観る⇒マネる⇒繰り返す
            これだけでいいんです。

画像をクリック  




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。