FC2ブログ

白雪姫、なんか怖い

未分類
04 /21 2020
今日は先日取り上げたディズニーのシンデレラつながりで白雪姫を紹介。
とは言えこの話、紹介するまでもなく皆さんよくご存知。

で、ストーリーには触れず自分が感心したことや驚いたことを書いてみました。

特筆すべきは、まま母の使っていた魔法の鏡。

「この世で一番綺麗なのは誰」の問いに、鏡が「それは白雪姫です」と答える。
これが物語の導入部。秀逸ですね。この作品の根幹をなしていると言えます。

それと原作によると白雪姫は何度も殺されそうになっていたと。
小人たちが「戸を開けてはならない」とか「相手になってはいけない」と注意していたにもかかわらず、ころりと騙される。

単純というか人が良いというか。今ならさしずめ振り込め詐欺の餌食だね。

それからこのまま母。最後は捕まえられて、真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされるんですよ。怖いね。

まあ、とりあえずこんなところかな。
この話も、王子に助けられてお妃になるというハッピーエンドの展開。
めでたし、めでたし、なんだけど、なんか怖いところも。


で、今日のイラストはもちろん、白雪姫


そうそう、上の記事では書きませんでしたが、白雪姫も王女なんですよ。
なのに着ているドレスはシンデレラほどゴージャスではないですね。なんでかな。

話は変わりますが、自分は大型トラックに乗っていた時に無線をやっていたのですが、その時使っていたニックネームが “白雪姫”

可愛いでしょう。

SAで初めて会った無線仲間に
「白雪姫さんはどこ?」
なんて、からかわれたものでした(^^♪




日々の出来事ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは~!!
ニックネームが白雪姫ってスゴいですね!!

かっぱのしんちゃんさん

ひげ面のおっさんがですからね。
みんなびっくりしてました。
でも抵抗なく呼びかけてくれましたよ(^^♪

No title

ニックネームに使用されていたのならば、なにかしらご縁があるんですねー「白雪姫」。どんなご縁かはわかりませんが。
あのお話、王様の存在感ゼロですしね。
どんな昔話も、まま母の恐ろしさはエグいです。

No title

綺麗な場面ばかりじゃないですよね。

子供心にこのふたつのお話し。
けっこう怖かった記憶が残ってますよ。

No title

主人公のお姫様は人が良い人が多いですね
そっちの方がかわいらしいからなのかな
白雪姫の最後ってそうだったんですね
私はシンデレラの義姉さんたちが最後に鳥に目をえぐられるのが
小さいころ知って怖かったです
ニックネーム白雪姫…意味深でかっこいいです

No title

ニックネームは自由ですからね~ でも会った時にビックリっていう感じですかね?でもそれで親しくなるっていう感じかな~

馬場亜紀さん

自分でも名付けた理由が不明。何だったんだろうと今でも思います。
ですよね。この物語では王様も王子様も影が薄いです。
王子様のキスで生き返ったと言われているのもディズニー映画での創作。
原作では大した役割は果たしていません。
まま母、怖いですね。嫌な役どころばかり。でも準主役級(^^♪

おでかけ親父さん

原作のグリム童話って結構こんなのがあるんですよね。
子供たちにはそのままでは伝えられませんね。
子ども向けでは王妃(まま母)の最後は触れてないそうですよ。

ダメ子さん

美人で気立てのよい優しい子。それが定番。
悪役のまま母をより悪者に仕立てるのもありそうですね。
義姉さんたちが鳥に目をえぐられる、それ知りませんでした。
なんか、なおのこと怖くなりました(^^♪
そう、意味深。自分でもなぜ名付けたか不明。
でも10年ぐらい使っていたので今でも愛着があります。

自遊自足さん

それ、ありますね。
同時に印象付け。第一印象で覚えてもらえる利点が(^^♪
まあ、自分だけでなく意外な名前を付けている人は結構いました。

こんばんは

ニックネームが白雪姫だったのですね。
声色もお得意だったりするのですね。

白雪姫のストーリー、詳細は忘れて
しまいました^^;

ハイホー♪ハイホー♪

ホント!原作を読むと、怖い~!!
子供の頃、童話の中の白雪姫の思い出と違って驚きました。
(王子さまに名前がないのも驚きました…)

そして、フランスは死亡率でイタリア、スペインを抜き世界一になってしまいました。
フランスは死者2万人を超えました!死亡者が止まりません。
これも、本当に怖い~!!
フランスと日本の人工から考えても怖ろしくて…

白雪姫のイラスト作品。
視線といい、真っ赤な唇といい、ポーズといい
身体のラインといい、女性らしさが素敵ですね。

ichanさん

さすがに声まではちょっと。そこまでやったら変態(^^♪
長い間これで通用しましたから、そんなにおかしくなかったと思います。愉しい思い出です。
ストーリーは民話、童話、映画などでちょっとづつ違います。
原作などでは残酷な描写が見られますが、子ども向けの本や映画ではさすがに控えられているようです。

なつみさん

肝を食べたり、焼けた靴を履かせるなど怖い描写があり、子供にはちょっとね。
原作などでは王子はほとんど脇役、添え物扱いですね。

フランスが1位ですか。知りませんでした。
必死になるはずです。
なつみさんもくれぐれもお気をつけくださいね。

有難うございます。
シンデレラは色使いに気を使いましたが、白雪姫は雰囲気を重視しました。
ポーズやラインを褒めていただいて嬉しいです。
描き始めてもうすぐ1年になるんですよ。もっと頑張らないとね(^^♪

ミドリノマッキー様

おぉ!白雪姫!
美しく描けてますねー!ポーズも良いですー。
それを言っちゃおしまいよ的な恐ろしい結末…。ふしぎ発見!で見ました。
ニックネームに使っていらしたのですね。
女子と思われそう?^^;
鏡よ鏡、穏やかで頼もしい優良男児はだあれ?それはミドリノマッキー様ですー。美味しくて安全な「ふじりんご」を進呈。
今回もご覧下さり有難う御座いました。〈(_ _)〉

No title

白雪姫様、こんにちは~(笑)
あまりに可愛いニックネーム(笑)好きだなぁ、そのセンス!大好きです👍
白雪姫、エグイですね~。”焼けた靴を履かされて、死ぬまで踊らされる”の挿絵なんて、エグすぎて、そりゃディズニーも簡略化しますね。

先日、Eテレで『ピノッキオ』の原作を解説していた番組を見て、ビックリ❕エグイんですよ❕ピノッキオ、一度縛り首になっちゃって、挿絵も書かれていました。
それでも、当時は子供から大人まで人気があったとか・・・

私は、やっぱりマッキー様のホンワカした温かいイラストの方が好きです💖

No title

グリム童話も
日本のおとぎ話も
じっくり読むと
なんだか怖いですよね(^-^;

ミドリノマッキーさんは
大型トラックに乗られてたんですか!!
意外でした(*^^)

そして無線のニックネームが
白雪姫っていうのも 意外…
可愛いネームですねe-446
ニックネームの由来が
気になってしまいました(^^ゞ

ガオさん

有難うございます。頑張ってみました。
白雪姫って王女様って感じじゃないんですよね。なんか庶民的というか。
怖い話もありますがハッピーエンドですから、それでいいことにしましょう。
名前は可愛いですが、発生する声はオジサン。皆さん最初はビックリでした。
ですね。鏡を手に入れて誰が「世界一いい男か」聞いてみましょうかね(^^♪

dollblog47さん

有難うございます。初めての方も抵抗なく受け入れてくれましたよ。
「白雪姫さん、どうぞ」って感じで(^^♪
さすがに子ども向けには無理。グリム童話は結構怖い描写が多いです。
ピノキオの話、初耳です。縛り首はないよね。
可愛さを強調してみました。ホンワカ、感じていただいて嬉しいです。

みけさん

猿かに合戦もそうだし、かちかち山も怖いしね。
洋の東西を問わず多いです。

そうなんです。乗ってたんですよ。
そういえば最近あまり記事にしてなかったですね。

自分でも付けた理由が分からないんです。
何かあったんでしょうけどね。
通り名として結構知られてたんですよ。
文太さんの“桃次郎”みたいに(^^♪

No title

こんばんは!
白雪姫の話、まるでホラーでありますね。怖いわ~^^;
童話や童謡など、原作は結構怖いですね。
ニックネーム「白雪姫」いいじゃないですか^^
昔やってたオンラインゲームで7年間程ネカマで過ごした事ある私。
あれは黒歴史でした。あの時は本気でナンパされるやらで、トラウマになりました。男って怖いと思いましたよw
因みに、私も無線やってましたww

ひで郎さん

白雪姫を含めたくさんありますね。
童謡と言えば「赤い靴」を初めて聞いた時は衝撃でした。
異人さんに連れていかれるのですからね。今でいえば、拉致ですよ。
ネカマ、それは想像するだけで怖い。怖すぎです。
でも手玉に取れて楽しかったこともあったのでは(^^♪
ニックネーム「白雪姫」。今思えば恥ずかしい限り。
でも当時は臆面もなく使ってましたよ。
ひで郎さんもされてましたか。無線、楽しいですよね。
でも今じゃ携帯、スマホがありますからね。
こんな時代が来るとは思いもしてませんでした。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。