FC2ブログ

あなたな~ら どうする♪

日記
01 /08 2020
こんなのがありました。

仕事や家庭に縛られるお父さん、家事や育児に追われるお母さん。
大人は大変です。

そんな中から生まれたのがこれなのかな。その名は「ぼっちてんと」
幅と奥行きが1・3m、高さが1・5m。

テントですが、アウトドアとして外で使用するんじゃないんですよ。ちゃんとした室内に設置するんです。6畳間をほぼ独占。

机やいすを入れ込むと、たちどころに「自分専用基地」に。
遮光性が高い生地でできているそうで、ファスナーを閉めると中は真っ暗。簡易の暗室としても使えるとか。

使い用途は自分次第。
こもって仕事に使うもよし、瞑想にふけるもよし。

それにしても“ぼっち指向”もここまで来ましたか。恐れ入る。
値段は参考価格で税別9750円。
2014年発売以来、平均月100個ほど売り上げているといいます。

周囲のざわめきにうんざりしているあなた。どうします?


とくれば、今日のイラストはフィンランドの作家トーベ・ヤンソン作
  「ムーミン」に登場する個性派・スナフキン。


自由と孤独、音楽を愛する旅人。これが誰もが持つスナフキンのイメージ。
人づきあいがいいとは言えませんが、理知的な頭脳と行動力をもってムーミンたちを結構助けてましたよね。

ですから信頼は厚い。
子供たちだけでなく、スナフキン的な生き方に憧れる大人たちも多い。自分もそのうちの一人でした。

公式サイトのキャラクター投票で1位を取るほどの人気者です。



日々の出来事ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは~!
これを室内に置いて中にこもるというのも
相当病んでる気がします(笑)

かっぱのしんちゃん

まあ、病気と言えば病気かな。
病気とすることには異論のある方も多いでしょうね。
ケアする機材と思えばそれも納得です(^^♪

遅くなっちゃいましたー。

あらためましてあけまして
おめでとうございますー。
ぼっちテントですかー。
蚊帳みたいですねー。

スナフキンさんはカッコいーですよね。
孤高の旅人、素敵です。
そして前記事のダイ君が
すごい迫力です。
アニメのシーンかと思いました。
素晴らしいできばえです。

No title

こんばんは。

ぼっちてんと。調べて見て思いました…「欲しいかも。笑」と。
考え事する時なんかに重宝しそう…。
でもまあ…今の自宅には長期入院から出て来て以来2階には上がって来ない母が一階にいるだけなので、
事実上今の自室×2がまさにぼっちてんと状態ではありますが。
なにしろ雨戸を閉めている時も多いので電気消したら真っ暗ですから…( ̄▽ ̄;)

スナフキンの様な生き方…良いですよね。僕も共感します。
実際は半分世捨て人みたいになってる僕は…2%くらいはスナフキン的かも?(笑)

No title

早速ネットで写真を見ました。受験生だったらわかるような気もするけど・・・・。夫婦喧嘩して籠るっていう事もあるかな?

お買い上げ決定!?

「ぼっちてんと」
こういうの探していたのですよ~!!
使い用途は…大きな声では言えませんが…お昼寝用に(^^♪
というのは嘘で(ちょっと本気)、夜行性の我が家の動物「フクロモモンガ」
を自由に飛んで遊ばせたいと思って^^
部屋で遊ばせると、高い所に飛んで捕まえられないし、
細い隙間に入り込むし、コードなどかじって大変なんです><
私はムーミン谷のような場所に憧れます~。
時間がゆっくり流れていくような、癒しがいっぱい。
「ぼっちてんと」が、時間に追われている人々のムーミン谷に
なるといいなぁ♪

MMさん

おめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

蚊帳か。思いつかなかったです。イメージ的にはピッタリだ。

格好つけ過ぎなところもあったけど、それがまた格好いい。
イヤミじゃないんですよね。
有難うございます。
大好きですからね。力が入りました(^^♪
新作アニメが楽しみです。

こんばんは

ぼっちてんと、凄いものが売られていますね。
似たようなもので「ZESTRANSIR」とか言う
ゲーム用のテントもあるようです。
個の世界を極めるためにはヘッドフォン使用
なのでしょうね。

いぬふりゃ☆さん

現代の社会では需要がありそうですね。
部屋があって1人となればまさにボッチ部屋ではありますね(^^♪
それでも狭さが求められるのかもしれませんよ。
あの閉じ込められた感覚いい・・・とか。

自分も憧れましたよ。
2%?
50%ぐらいの間違いでは(^^♪
スナフキン的な生活は羨望の的かもしれません。

自遊自足さん

受験生ですか。それはありですね。
結構、使い道は広いかもしれません。
でも夫婦げんかの果てにこもるのはどうかと。
いや、出ていかれるよりはいいかな(^^♪

なつみさん

ええっ、そんなのを飼ってるんですか。ビックリ
いいかもしれないけど、どうなのかな。
ちょっと検討の要有り、って感じ。
そうか、そういう考え方もありますか。
逃げ込むのではなく自分から積極的にユッタリを求める。
明日への活力源にするわけですね。
使い方いろいろというより、使う意識の問題でもあるのか。

ichanさん

何でも有りの世の中。現れたのも必然かもしれません。
知られてくるともっと売り上げは上がるかもしれませんね。
ゲーム用テントですか。知りませんでした。
深海、宇宙のイメージでしょうから当然音はNG。
ここの中から何か画期的なものが生まれたらすごいのですが(^^♪

No title

スナフキン…私もそんな風になりたい
あっでもぼっちてんとの方が似合ってるか…

No title

検索してみました。
なんだか核シェルターみたいな (^^♪

気持ちはわからなくはないですが、
日常でコレを使うとなるまで隔離されたいなら、
家出ちゃえば? って思いますね。

ダメ子さん

孤高の旅人、憧れるよね。
周囲との関係を絶ち、一人で各地をさまよう。
でも実際やるとなるとちょっと無理っぽい。
それからすると、ぼっちてんとは可能。
でも、部屋に設置してまでもやるか。
これまた考えるよね(^^♪

おでかけ親父さん

うん、自分も分からないではないです。
隔離部屋と思うか、自主的に選んだ個室と思うかでも違ってきますね。
いずれにしても現実逃避の場にしてはいけないと思うんです。
入ることによって精神を安定させる。これかな。
まあ、音楽を聴くとか、瞑想するぐらいはいいかもしれません。

No title

確かに私も住み分けしてますね。
パソコンをする場所、テレビを観る場所は違いますしね。
小説を書くときは、公共施設やファミレスが書くときもあります。
それぞれで集中できるようにしてますね。
籠ることは悪いことではないと思います。
誰だって一人の時間は欲しいですからね。
( *´艸`)

LandMさん

確かに人間関係の煩わしい時代。
逃げ場として利用するというのも分からないではありません。
言われるように一人の時間は欲しいです。
あとは利用者の意識の問題ですかね。
どう使うか。個人の裁量に任せますか。

No title

こんにちは

自分のプライベートルームといいますか
テント内が自分だけの世界になれますし
そこでは好きなようにすごせますしゆったりもできますね


スナフキンは人気ありますよね☆
どこか浮世絵離れした雰囲気も惹かれますね☆


荒ぶるプリン

せわしなく騒々しい現代。
こんなの出てくるのは必然かもしれません。
逃げ場にするのでなく、上手く活用して欲しいですね。

こんな生き方憧れます。
でもねぇ、こんな生き方こそ現代では難しいですね。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。