FC2ブログ

笑えるお絵描き 其の六

日記
08 /23 2019
     愛ちゃんはお嫁に

今日はオジさんの昔話に付き合ってもらおうかな。
昭和31年発売。なんと63年前ですよ。自分もまだ保育園児だ(^^♪

これ、今の若い方たちにも受け入れてもらえるかもです。
へえ、こんな歌があったんだ、って。歌のタイトルは「愛ちゃんはお嫁に」。


歌詞を紹介すると
    さようならさようなら今日限り♪

    愛ちゃんは太郎の嫁になる

    俺らの心を知りながら

    でしゃばりおよねに手を引かれ

    愛ちゃんは太郎の嫁になる♪


何のことはない。俺らの失恋の歌ですね。
でも俺らと愛ちゃんは相思相愛だったんですよ。泣く泣く別れた二人。

およねのでしゃばりさえなければねぇ。(およねさんがお見合いの話を持ってきたんですよ)
身につまされます。

これ、今発売したらヒットするかも。ひょっとしたらですが。

    では、聴いてやってください
バックに流れる映像がまさに昭和。若い人には異次元の世界。
   



日々の出来事ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

曲を聴かせていただきました!!
私の時代とは全く違うので一概には言えないですけど。

時代的にはお見合い結婚がまだ盛んだったんでしょうね。
個人としては好き同士だけど、
両親がお見合いとかで結婚するのが当たり前だった時代背景なんでしょうね。
その悲しさや切なさを感じる歌ですね。
いつの時代も恋の歌は好かれる!!ということですね。
!(^^)!

No title

あったあった!
この歌はっきり覚えてます♪(*'▽')

こんばんは

難易度が高いテーマでした。
そうなのかなーと思いました。

No title

さすがにコレは... 古い(#^.^#)
でも、なんかいい映像(・∀・) 好きですよ。

今の時代に こんな見合いが横行してたら
なにか事件が多発しそうですね。
我慢できない人間が多くなったから (*_*)

LandMさん

いい歌なんですけどね。切ないです。やはり時代が違いますね。
当時はまだ、結婚は家が第一という考え方が残ってました。
それでもヒットしたのは、ガンバレの思いがこもっていたのかもしれません。

babaちゃま

ありがとうございます。そう言っていただける方がいて嬉しいです。
自分なんかよく覚えていて、いまでも全部そらで歌えます(^^♪

ichanさん

ごめんなさい。若い方にはちょっと無理がありましたね。
結婚がままならない当時の時代背景が感じられる曲ですが、そこまで感じてくださいというのは酷というもの。
まあ、そこまで難しく考えることもないんですけどね(^^♪

おでかけ親父さん

映像、いいですよね。
東北の奥深い山村、って感じで。あくまでもイメージです(^^♪

さすがに余程の旧家でないと周りから結婚を強要することはなくなっているとは思いますが。
いまどきあったら堂々と駆け落ちするのではないでしょうか(^^♪

No title

あれ???
初恋?思い出した??
然し、日本はここからいまになったんですねぇ~。
ちょこっとショック。

No title

私が二歳の時ですね~ でも何となく聴いた覚えはあるような・・・・

No title

こんにちは~!
この歌は知らなかったです。
生まれてないですし(笑)

No title

まごうことなき昭和の歌謡だ・・・!
やはり半世紀が経過するとまるで変ってしまいますね。
俺が今聞いているJPOPもいずれは平成だ、令和だって話になる。
そう思うと胸が熱い。

hippoponさん

ええっ、初恋? 藤村の? ここからいまになった?
ごめ~ん、意味がつかめん。
またいつか機会があったらそっと教えてください、ませませ。

自遊自足さん

ヒットして紅白にも出場したみたいですから、たぶん聴いているかもです。
悩ましたみたいでごめんなさいです。

かっぱのしんちゃんさん

ですよね~ ごめんです。
まあ、こんな歌があったのか、ぐらいで放っといてください。

てかとさん

歌は世につれ、世は歌につれ、と言います。
その時代時代が色濃く出ますからね。
今、流行りの歌が懐メロになる。
じゃあ、どんな曲が流行ってるんだ?
自分には思いもつきません。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。