FC2ブログ

憧れのバイク軍団 出動!!

日記
08 /17 2019
   8月19日はバイクの日。皆さん、大いに乗りましょう♪

wairudo4.png

今日のイラストは望月三起也作の「ワイルド7」
1969年から1979年までの10年間、少年キングに連載。
1972年にテレビドラマ化されたほか、2002年にアニメ化、2011年に映画化さるほどの人気作。

ワイルド7は「法律で裁けない悪党はいっそ処刑してしまうべき」という考え方から創り出された超法規的公安組織。メンバーは7人。

とにかく格好よかったです。事件発生時は全員がバイクで出動。リーダーの飛葉が乗るのがホンダドリームCB750フォア。
当時量産バイクで、世界で初めて時速200kmを超え、日本でナナハンブームを巻き起こした夢のバイク。

当時高校生だった自分にとっても憧れの存在。
この他にもノートン・コマンド750Sタイプ、ハーレーダビッドソンFLHなど大型バイクが数々登場。
それらが爆走するんですから放っておけるはずがありません。繰り返し読み漁ったものです。

ちなみにそのころ自分が乗っていたバイクはCB250。ナナハンまでは買ってもらえませんでした。
まあ、250CCまでは車検を受けなくて良いというのもありましたが(^^♪

あと詳細な説明はいいですよね。
とにかくそんな、とんでもない組織のヒーローだったということを分かっていただければいいかと。
イラスト5wairudo3下手くそな画像をド派手にアップしてしまいました。でも、これ(「ワイルド7」)だけはやりたかったんです。
お叱り覚悟の確信犯。申し訳ない。(ペコッ)

それにしてもバイクを描くのは難しい。横線や円がきちんと描けないんで粗がもろに出てしまいます。
でも今はいいです。これの繰り返し。そのためにも描いて描いて描いて指に覚えさせます。



日々の出来事ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

中高年の方がツーリング中の休憩を道の駅で取ってるのをよく見かけますがほんとに楽しそうですね~ それにきちんとルール マナー守ってますからね。こういうのはきもちいいな~と・・・・

No title

あ~~、確かに。
昔はバイクで事件解決!!
っていうのが多かったですよね。
現代版必殺仕事人ってことでしょうかね。
今は諸々の問題があって、そういうドラマはしないんでしょうけど。。。
してほしいですね。
(∩´∀`)∩

No title

かつてのライダーが今 中年ライダーになってツーリング楽しんでます。
いい趣味だと思いますよ。
昔は荒れてたであろう若者も 今はマナーを守るいい大人です(^^♪

オジさんはHONDA VT250Fに乗ってましたが、
ちょっと音がうるさくなる改造をして、
いま、反省してますm(_ _)m


自遊自足さん

ハーレーなど大型バイクを駆って疾走するグループを見かけますね。
若いころから乗ってたんでしょうね。
でも、年も年。無理されないで楽しんでいただきたいです(^^♪

LandMさん

現代版必殺仕事人、まさにそんな感じでした。
言われてみるとそれ系のドラマ、見ませんね。
あおりの悪質運転者を懲らしめるとか。
いいと思うんですけどね(^^♪

おでかけ親父さん

おおっ、親父さんもライダーでしたか。仲間を得たようで嬉しいです。
と言いつつ、自分はもう長いこと乗ってません。
乗ってるといったら原付ぐらい。寂しいです。
こんな記事書いていたら、なんかウズウズしてきました。

こんにちは^^

おぉ!
『ワイルド7』なんて作品が、あったんですねぇ・・・
「法律で裁けない悪党はいっそ処刑してしまうべき」、流れ的には『必殺』シリーズや、『ハングマン』に通じる物がありますね^^
『Gメン'75』とか、『太陽にほえろ!』とか、『西部警察』とか、昔は大半の刑事ドラマとかはこんな感じでしたが、クレーマーばかりが増えてしまって、いつしか「人畜無害な2時間ドラマ警察」ばかりになってしまって、今ではもうすっかり刑事ドラマも観なくなってしまいました・・・

人間や動物のような、自然が織りなす曲線的な物も難しそうですが、乗物や建物などの人工的な直線美も、難しそうですね^^
持ってる拳銃は『モーゼル・ミリタリー』でしょうか?

No title

それにしても、これがスポーツ?
「eスポーツ」とスポーツの名前が冠されているとはいえ、いまだにピンときません。
しかも国体の競技にまでなっているとは驚きです(^^♪



コメントありがとうございます。 こちらで返答させて頂きます。 海外ではゲーム=競技(スポーツ)と捉えているため、日本でも見方を改めて新しいカテゴリーとしていろいろ始まってきた感じです。 オタク文化=クールジャパンみたいな感じでしょうか

No title

ワイルドセブン、
加山雄三はワイルドワンズだった。

ライダーさん 私の大事なブロ友君なんですよ♪
虫が当たるらしい。

こんばんは

風を切ってツーリング。
気持ちよさそうです。
しかし、コンビニ等で見かける方のヘルメットの
下の顔は中高年ばかり。
若手は女性ライダー。
不思議ですね。

中尉殿

確かに型破りな刑事ものなくなりましたね。
型破りというよりアクションものがなくなった感じですね。
自分のへたくそな描写では分かりにくいですね。
絵に描いていた銃はコルトウッズマンカスタムという銃らしいです。
各隊員がそれぞれ独自の銃を所持しており、スタールガーMKI、コルト・パイソン、モーゼルC96ほか多数の銃が出てましたよ。
もっと練習してちゃんと描けるようになります。

FUCHSさん

わざわざ済みません。
そうですか。ちゃんとスポーツとして認知されてきているんですね。
自分はゲーム自体もやらないもんですからその辺に疎くて。
息子なら知っているかもしれませんので、ちょっと勉強してみます。
ありがとうございました。

hippoponさん

ワイルドワンズ、古いグループを知ってますね。
加山雄三のバックをやってました。
自分も思い出してくれしくなりました(^^♪
そのためにゴーグルをつけるし、風防を設置したりするんですよ。
ブロ友君も万全だと思います。

ichanさん

気持ちいいですよ。でも、もう自分は乗りません。残念。
中高年の愛好家は多いですね。同好会まで作ってますからね。
自分の知ってる人もいますが、凝ってますよ。
バイクは勿論、服やヘルメット、ブーツなどにお金をかけています。
その人は五百万円は下らないと言ってました(^^♪

白バイ隊員 vs騎馬警官

カッコイイ!!
日本では白バイに追いかけられたことがありますが
フランスでは我が家の車の横をカッポカッポと通過していくではありませんか^^
バイクは後ろに乗る専門でしたが、ナナハンの後ろに乗ったとき
落ちて怪我した記憶があります。
「ワイルド7」は見たことがなく残念…HiGH&LOWのバイクシーンは好きでしたけどv
あっ怪我で思い出したのは、「赤チン」ってありますよね?^^
今年の5月末で日本薬局方から削除され、2020年末には完全に製造中止となるとか…
製造過程で水銀を含んだ廃液が発生することから、昭和48年に国内生産は終了されましたが、
原料を輸入することは禁止されていなかったため、愛用者に応える形で
平成に入っても一部企業は製造販売を続けていたそうですが。
それにしても、バイクまで描けるなんてスゴイ!!
下書きを含めて、ここまで仕上げるにはかなり時間が掛かったのでは?
細かい部品まで手を抜かず、本当に素晴らしいです^^

No title

今こそ超法規的措置で悪を裁ける公安がほしいですね。
他国のスパイや犯罪者が日本にはいづらいって感じるレベルで法整備すすめてくれてもいいけど。

なつみさん

おやおや、白バイに追いかけられた、ナナハンから落っこちた、なんて武勇伝、聞き捨てなりませんね(^^♪
騎馬警官、映画で観たことがあります。こちらも格好いいよね。
ええっ、赤チンがなくなるの?
どうせ最近は使ってなかったので影響はありませんが、やっぱり残念。
赤チンと言えば、小さいころの自分らにとっては魔法の薬。
とにかくこれをつけとけば何でも治るって感じでした。
いえいえ、まだまだお恥ずかしい現状。よく見ればいくらでも粗が出ます。
でも褒めてもらって嬉しいです。ぼちぼち頑張ります。

てかとさん

そんなのあったら大変だ(^^♪ でも、そんな気分になる時がありますね。
スパイ天国なんて言われて久しいですが、まだそんなものなのか。

No title

わーワイルド7だー、なっつかしー\(^o^)/
やっぱ飛葉ちゃんカッコいいですねー\(^o^)/
ワイルド7の主旨といえば、毒を持って毒を制すで、
メンバー全員が元犯罪者でしたが、
ワイルド7の女版が少女マンガのスケバン刑事だったように思います。
ワイルド7も設定はぶっ飛んでましたが、スケバン刑事は女子高生が刑事で
武器がヨーヨーとか今見ると有り得ない設定だったと思います。

ponchさん

飛葉をはじめ隊員たちのバイクでの出動シーンにはしびれました。
当時、自分もバイクを乗り回していたんで憧れました。
そうそう、スケバン刑事もありましたね。
現代の刑事ものと言えば地道な捜査ものがほとんどでつまらないですね。
昔みたいな格闘シーンやカーチェイスなどド派手な展開を期待します。
あり得ない設定も大歓迎です(^^♪

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。