FC2ブログ

また、やってきました“恋の季節”

日記
03 /21 2019
暖かくなりましたね。
昨日、九州各地の最高気温は軒並み20度前後を記録し、4~5月並みのぽかぽか陽気だったとか。

そんな中、うちの池でも異変が。いや、異変でも何でもなく恒例事象なんですが今年はちょっと早い。

何かというと金魚君の繁殖行動。
朝早くからオス金がメス金を追い回す、追い回す。まるでバトルを繰り広げているようですが、これは一方的な追尾行動。

追いかけながら体を擦り付け、腹部をつつく。
メス1匹に2、3匹のオスが襲い掛かるのですからメスにとっては迷惑もいいところ。見ていても傷つくのではないかとハラハラのし通しです。

このあとメスが水草等に卵を産み付け、それにオスが精子を振りかけて繁殖行為が完了するという訳です。

金魚君たちにとっては当たり前の行動なんですが、自分的には困るんです。以前紹介したこともありますが、100匹ぐらいに増えて往生したことがあります。

oosugi.png

     《以前、増え過ぎて困った時の池の様子。まだこの周りにもたくさんいたんですよ》

金魚君たちを自然の池や川に放流することはご法度ですから里親探しに奔走。その努力の甲斐あってその時は予定の数を全部処理できましたが、もうこりごりなんです。

普通、産卵が確認出来たら金魚と卵は分離するようにといわれています。親金魚たちが卵を食べてしまうからですが、自分は分離しません。
できるだけ孵化して欲しくないですから。さて、今年はどうなることやら。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

おおお?もうのっこみが始まってるのですか!はやいですね。
長年釣りをしてきた身からすると毎年お馴染みの光景です。
これがある時期だけは鯉鮒系はもとよりそれに巻き込まれた他の魚まで釣れなくなるという大騒ぎ(笑)
ここ数年は色々あって釣りも満足に出来ていませんが、
淡水の乗っ込みと海のバチ抜け、これが春の二大イベント(?)でしたよ。

こんばんは

春は金魚にとっても繁殖の時期ですね。
増え過ぎは確かに困りますが、一定数が泳いで
くれないと寂しいかもしれません。

そう言えば、夜中に近所の猫が春を迎え賑やか
を超えて煩いです。

No title

わーずいぶん立派な鯉がいますねー(;゜0゜)
大きさからして十年ものの鯉でしょうか。
やっぱ鯉がたくさん泳いでるのはキレイですよねー(*´∇`*)
これぞ自然の芸術だと思います。
金魚が百匹いたら困っちゃいますよねー(;^_^A
熱帯魚屋で引き取ってもらえないものでしょうか。

いぬふりゃ☆さん

釣りをやっとったいぬふりゃさんらしい表現ですね(^^♪
魚君たちも子孫を残すことにけん命。
これを見ていると自然の営みが身近に感じられてドキドキワクワクです。
いぬふりゃさんも乗っ込み、バチ抜けなんて言葉を口にしていると釣りに出かけたくてウズウズするんじゃないですか。
そろそろ釣りに出かけましょうよ♪

ichanさん

そうなんです。
あと5匹や10匹ぐらいは増えてもいいんですが、どっと増えるのが困るんです。
産まれる数をコントロールできませんからね。

そちらも春の年中行事ですね。
これも家の周りで子供を生んだりしたら困ります。

ponchさん

ここに写っている金魚、鯉は3年ぐらい前のもの。鯉を除いて金魚のほとんどを人にあげました。
自然の芸術、か。そういってもらうと嬉しいな。泳ぐ姿は本当に美しいです。
とにかく自分は眺めているだけで満足。1時間でも2時間でも飽きは来ません。
店では引き取ってくれそうもないです。ですから増えないようにしているんですが、これが難しい。
今から頭を抱えています。

No title

池をもっと大きくしましょう 金魚さんたちの為に・・・・。って無理でしょうね。私なんか近くの川で金魚とか鯉が泳いてるのを見ると嬉しくなっちゃいますが ダメなんですね。確かに自然界にはいないものな~ 金魚って・・・

No title

こんにちは~!
始末に困って生き物を捨てたり放流したりする人には
生き物を飼う資格はないですね。

No title

分離してその惨状なら分離しなかったら全部卵は食われるんですかね。

No title

まあ、是非とももぐもぐやってほしい卵ってところですかね^^;自然の繁殖力は半端ありませんね。そもそもが種の保存が生命の目的なわけですから、その力たるや想像を超えたものであるでしょう。オスがメスをおいかけるのは、決して金魚さんたちの話だけではないですね。暖かくなってくると、妙な輩がたくさんでてきますものね^^;この池のなかにはいろいろな真理が見て取れそうです^^

No title

マッキーさん、こんにちは。(お言葉に甘えまして♪)
金魚にも繁殖時期が存在するんですね。恥ずかしながら知りませんでした。
安くでも買い取っていただけるお店があるといいですよね。100匹ほどの里親探しは大変そうですf^_^;

自遊自足さん

金魚、鯉を放してはいけないと聞いているんですけど、でも市街地を流れる川に市が鯉を放流していたようで、理解に苦しむところです。
放すことが自然の生態系を壊すことになるのか。
自分も十分理解していないので、その辺を調べてみようと思います。

かっぱのしんちゃんさん

ですよね。犬、猫などのペットと同様に飼う人のモラル、責任があると思います。
ただ、金魚の場合は「いけないこと」という認識がありませんから始末に困るんです。
とは言え、法的にも問題があるなど結構難しい問題なんです。困ったものです。

てかとさん

以前増えた時も自分は分離してません。
それでもあれだけ増えたのですから全部を食べ尽くすことはないようです。
ですから増やしたくなかったら別な方法も考えないといけないことになります。
そこが頭の痛いところです。

カラスさん

彼らにとっては自然の生殖行為なんで、自分も産卵の邪魔などしたくないんですけどね。
心を鬼にしてやらざるを得ません。ゴメンナサイです。
自分の池にそんな奥深い真理があったとは。いやあ、そこまでは考えませんでした(^^♪

Ichiさん

春から夏にかけてやるみたいです。
しかも1回だけでなく、何回もやるので大変です。
いやあ、引き取ってもらえるなら無料でもいいぐらいです(^^♪
そんなところがあったら助かるのですが。

3月22日は「世界水の日」

恋の季節 ピンキーとキラーズ(^^♪
1968年7月20日に発売されたのですねー。

覚えていますよ~増えすぎた金魚さん達のお話。
池に欠かせない水!!
気持ち良さそうに優雅に泳げるには、水や環境、そして
お魚たちの数も大切ですから、やっぱり増えすぎたら…
問題が起きますよね。

我が家のウサギは年中、恋の季節なんですよ。
しかも、恋の相手が私という(笑

それにしても、日本は清潔な飲み水を飲むことができますよね。
有り難いことです^^
ちなみにパリの水は硬水なので慣れません;;

なつみさん

忘れないの あの人が好きよ~♪

なつみさんは、もちろんリアルでは知りませんよね。
女性1人に男性4人のグループ。デビュー時は衝撃的でした。

多くなってもいいですけど、言われるように増えすぎると酸素不足でアウト。
ウサギさん相手にほのぼのしてくださいね。くれぐれも熱くならないようにね。
日本の水道は世界一かと。でも近年は水道管の劣化や管理の問題などで揉めたり、いろいろあるようです。

こんばんは

見事なコイですね。
増えすぎるとエサ代とか水が濁るから大変?
私もアクアリウムやってますがミドリフグ、メダカを
ずいぶん死なせて、今ドジョウ3匹になっています。

エリアンダーさん

そうなんです。でも餌代はいいとしても水の濁りがネ。
特に糞。これだけの数いたら大量の糞で池の底が埋まってしまうぐらいです。
また、それより大変なのが酸素の量。
掃除を兼ねて毎日水を換えました。そうでもしなかったら酸欠でどんどん死んでいたと思います。
そんな具合ですから、どうしても孵化させるわけにはいきません。まあ、ちょっとぐらいはいいですけどね。
メダカは飼ってみたいです。もう少し暖かくなったら川に獲りに行ってみようかな、なんて思っています。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。