FC2ブログ

自然の営み 楽しいね

日記
05 /13 2018
今日はうちの池に集まってくれる小さな生きものたちの生きざまを久しぶりに紹介しますね(^^♪


まずはこれ。前肢が折れ曲がっているためはっきりは分かりませんがたぶんタガメの子供と思われます。

タガメはご存知のように昆虫の中では比較的大型で5cmから7cmにもなります。
肉食性で、魚やカエル、他の水生昆虫などを捕食するともいわれ、時にはヘビやカメ、ネズミだって食べるとか。
ですから、金魚も食べられる恐れがあるのでここで大きくなって欲しくないものです。

 


次は、種類は分かりませんがトンボの産みつけた卵と思われるもの。

水面に浮かぶ落ち葉にとまったトンボは腹部の先をググっと曲げて葉の裏側に産卵。

落ち葉ですから動きますよね。それを羽根を使って上手にコントロール。

ちょうどサーフボードに乗ったサーファーみたいな感じ。10分ぐらいやってましたよ(^^♪


最後はいつものキジバト君。
水を飲みたい風なんですが高くて届かない。場所を変えてウロウロ。
ようやく届くところに行きつき、ゴクゴク。金魚の餌が混じってたんだけど味をしめてまた来るかも。

 kijihato3.jpg kijihato2.jpg kijihato.jpg
    《ちょっと高いな》        《ここだ》          《ゴクゴク》

今日はこんなところ。その気になればいろんなものが見えるものです。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

タガメって本物を見た記憶がありません。
水族館にいたかどうかも覚えていません。
7センチにもなる!? そんなの外で見つけたら叫びます、絶対に。
田舎は虫との共存だと、ホントに思います。
虫嫌いだと住めないですよね。

No title

こんz
タガメとかゲンゴロウって子供の頃はふつうにいましたが、
最近は田んぼも見なくなったので、
お目にかかることはまずないです(笑)

No title

タガメってそんなに色々なものを食べるんですね。知りませんでした。キジバト君は水のふりをして、金魚のエサを食べにきていたり。池のところには生物いっぱい。歓迎したくないお客さんもくるのでしょうが、まあそこらへんのおおらかさが自然の営みですよね^^

馬場亜紀さん

ご安心ください。北海道を除く日本全土に分布するそうです。
自分より大きな獲物を捕らえることが多いそうで「水中のギャング」って呼ばれてます。
怖いですね。でも大丈夫。ちゃ~んとやればつかめますよ(^^♪

かっぱのしんちゃんさん

うちら辺りは田んぼがありますのでそこそこ見ますが、減っているのは間違いないと思います。
小さい頃はこんなのをつかまえて遊んだものでした。今どきの子供はやりませんね(^^♪

カラスさん

「水中のギャング」と呼ばれるぐらいですから。なんでも食いつきます。
キジバト君、餌ぐらいはいいんですけどね。金魚に手を出してもらっては困ります。
なんでもいいです。集まってくれたら大歓迎。退屈しないし。

No title

九州にはまだタガメがいるんですねー。
タガメもゲンゴロウも現在では絶滅危惧種になってると聞きました。
そういえばトンボも東京では見なくなってしまいましたね。
鳩は餌場では敬遠されてるようですが、水を飲んでるところは可愛いですね(*´-`)

ponch さん

少なくはなっているようですが、田んぼなどを見てみるとまだいますよ。
トンボも毎日来てくれるので楽しみです。
前にも書きましたように何もない街なんですが、自然の友がたくさんいてくれるのは嬉しい限り。
こんな友人たちを相手にのんびり過ごすことにします。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。