FC2ブログ

誇れ!“大いなる隅っこ”

日記
05 /08 2018
先日、郷土の紹介ということで、我が郷土・大隅を取り上げました。

昨日何気に昔の記事をながめていたら、こんなことを書いているのが目につきました。13年9月9日付
一部を転載してみましたのでご覧ください。

 鹿児島県の中でも県都・鹿児島市から遠く離れ、交通の便が悪い我が街。
 大隅をかけて、日本の“大いなる隅っこ”と呼ばれて久しい。

 よって、商工業、サービス業は振るわず、もっぱら農漁業で食ってます。
 農漁業と言ったら第一次産業と言われますよね。第一次、つまり本来なら主役となるべき産業でしょ。
 日本の“食”を守っていると大威張りしていいんです。

 牛、豚、鶏などの畜産、お茶は1,2位を争う全国トップクラス。他にも野菜(白菜、ピーマン等)や
 サツマイモなどを都会地に供給。 実績はピカ一です。

 が、やっぱりどこか卑下してしまう面があります。

 電車はない、高速道路もない、大工場もないの、ないないづくし。(電気は通ってるよ)

 あ~あのため息。


ここで「卑下してしまう」と書いていますが、現在もその気持ちは変わらないようです。やはり都会中心の見方から抜けきれないもよう。

でも今更ですよね。企業を誘致できるわけでもなく、魅力的な観光資源を簡単に開発できるわけでもない。
今持っている良さをさらに高め、知らしめていく。これしかないじゃないですか。←今頃気付くか

先の記事の後に続けて、こうも書いているんです。

 なんて思うでしょ。とんでもない。
 この素敵な大自然を、この大いなる隅っこを楽しんでます。みんな強いんです。
 と。

いいことを書いているじゃありませんか。今より前向きだ。
それそれの住む街にそれぞれの良さがある。今更ながら考えさせられたことでした。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

ないないづくしの隅っこな田舎…いいじゃないですか~。
僕はそういう僻地みたいな所って好きですよ。
僕の生まれ故郷の岡山某所も海と山しかないクッソ田舎ですが愛すべき処だと思っています。
今長く住んでいる所は僕が10代の小僧だった頃は山深い奈良のド田舎でしたが、
大阪のベッドタウン化が徐々に進んで山は次々崩され宅地になり、
新しく電車が通って都会へアクセスし易くなった為か新興住宅には加速的によそ者が増え…
我が家の周辺はまだ「田舎」を保ってますが、周辺は段々と見るも無残な感じになっちゃって来てます…。

都会なんて雑多で騒々しくせわしなくギスギスしてて…僕は好きじゃないですね。

いぬふりゃ☆さん

そう言ってもらうと嬉しいな。
自分も今さら人が集まって、うろうろしてもらわなくてもいいかな、と。
もっとも、仮にそうなっても自分がその中に出ていくことはありませんので関係ありませんが。
記事にも書きましたが、持ってる良さを高めていけたらいいのではないでしょうか。
東京、大阪なんて自分ところから見たら外国のようなもの。相手にしないことにします。
ありがとうございました。

No title

私も都会ってあまり住みたくありませんね~ の~んびりできるところが一番です。
大宮も東広島ものんびりできて良いとこだと思ってます。緑が沢山あるとこって癒されますよね
ビルばかりの中で一日はしんどいな~
住めば都って言うけど大都会の中での生活はパスですね~

No title

大いなる隅っこ。
いいじゃないですか。
いったい誰が世界の真ん中で生きているっていうんでしょうか。
みんな世界の隅っこですよ~。
あと、田舎のよさって住んでると分からないか、無闇に自慢するかの二極化しますね。
あんまり自慢されるのも、聞かされるとウンザリしてしまうんですよ(笑)。
だから控えめに「いいところもあるんだよ!」ってくらいの主張が一番心地よい、感じ良い印象がもてます。

No title

こんにちは~!!
電車がないってのは、ちょっと想像しにくいです。
やっぱし車社会なんでしょうね。
まあ、自分の生まれたとことが1番いいんじゃないでしょうか(笑)

No title

鹿児島県といえば、豚なら全国1位。お茶は静岡についで2位ですものね。さつもいももそうですが、とにかく縁の下の力持ちってイメージですね。東京なんかよりも、はるかに魅力的だと思います。東京って、何もかもでかいくせに、色がない。正確にいえば、色が混ざりすぎて、もうなにがなんだかわかりません。故郷っていったときに想像できる色がないのは、残念であります。

自遊自足さん

ですよね。自分もそうです。でも若い頃は大都会に憧れましたよ。
ですから大阪の会社を選んで就職したものの、赴任先は滋賀の田舎町。
その後、親に請われて2年ほどで帰郷し現在に至っています。
というわけで都会暮らしは知らないままでしたが後悔はしていません(^^♪

馬場亜紀さん

ありがとうございます。ずいぶん気が楽になりました(^^♪
子供の頃は随分コンプレックスがありましたからね。それと羨望も。
でも、いったん出てみたらそんなものは雲散霧消。
都会で生活したわけではありませんが、遊びにはよく出かけたものでした。
思いは「な~んだ、こんなものか」というもの。帰郷するのに何のためらいもありませんでした。
そんな人もいますね。愛郷心の発露でしょうが聞いていて心地よいものではありませんね。
控え目なら任せてください。もっとも、ウンザリさせるほど自慢できるものがありませんので大丈夫。

かっぱのしんちゃんさん

ですよね。生まれた町大好き。一度出てみましたが、2年ぐらいで帰ってきました。
親戚づきあいや近所づきあいなど面倒なこともありますが、そんなことはささいなこと。
自分はこの空気の下でしか住めないと思っています(^^♪

レールが通ってないんですよ。昔はローカル線がありましたが30年前に廃止。残念。
でも、そのおかげでいいことも。一旦停止しなくていいし、踏切事故もない。
だって、踏切がありませんから。


カラスさん

ありがとうございます。農畜産のことならお任せください(^^♪
自然がいっぱい、空気がうまい。
何もない街を褒めるときによく使われますが、自分は言葉の通り素直に受け止めています。
だって素晴らしいことじゃないですか。
鹿児島の色は“緑色”ってところかな。野や山が緑に覆われているのは間違いないですから。
それを誇り、自慢にしましょうかね。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。