FC2ブログ

葡萄苗木のその後

日記
03 /30 2018
先日、濾過器のその後に触れましたが、今日はもう一つの懸案事項である葡萄の苗木のその後について書いてみます。




写真を見ていただいて分かるようにほころんだ芽が既に葉っぱ状態であること。

自分は経験がないのでこの後どう育ち、変わっていくのか興味津々です。

ただ分かることは、まだ棚は必要なさそうだということ。


               《どう伸びる?今後が楽しみ》


それより驚いたことが。
購入した苗木の説明書きに「根元から3個ほどの芽を残して、それから上は切るように」とあったのでそのように処置。
切り取った残りを何気に水につけていたのですが、なんと2カ月経った現在、根の付いた苗木と同じように芽がほころんできていたんです。

そこで、これをどうするか考えました。方法は三つ。
一つはこのまま水につけておく。二つ目に接ぎ木。三つめは挿し木。



考えた末に、水につけたままでは芸がないということで接ぎ木と挿し木にしてみることに決定。

さっそくやってみました。
接ぎ木の場合、二つの木が結着しやすいようにするための癒合剤と呼ばれる薬剤や接ぎ木テープなどがあります。

しかし、どうせ残り物を使ってのこと。そんなものを買ってまでやることもないだろうと薬剤も使用せず、つなぎ目もビニールテープで処置する有様。

   《左が接ぎ木、右が挿し木》黒のビニールテープで接着。


こんなことですから見事に育ってくれるかは怪しいものですが、一縷の望みをかけて見守ってみます。

成功したら苗木1個分を得したことに。さてどうなることやら。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

マッキーさんは研究熱心ですねー
好奇心が旺盛なんですね。
私は植物の栽培はしたことが
ありません。
いや、小学校の頃に、アサガオと
ひまわりを植えたくらいかな。
それだけです。

ちゃんたかぶくろさん

自分も本当はあまり詳しくないんですよ。
ただ今回は、せっかく残り物があるのだから利用しない手はないということでやってみたもの。
どうなるか不安ですが何事も経験。むしろ楽しみです。

こんばんは

詳しくないので良く分かりませんが、1本が2本に
なったので、上手くすると収穫量倍増ですね。
葡萄ジュースやジャムの話を楽しみにしています。

No title

切り取った野菜のツルでも花でも
土にブスッとさしてしばらくしたら育ってくるから驚きですよねo(*゚∀゚*)o
この調子で育てば一面ブドウ畑ですな(* ̄∇ ̄)ノ

No title

うまくいけばいいですね~ 1本が二本になるということは来年またどこかの枝を切って・・・・ ってことになるんですかね??

No title

お得感満載じゃないですか。ぜひ接木、挿し木も可愛がってください。ハートのバケツも喜びますよ☆

No title

ブドウ栽培の経験がないのでこの先がわからんです。
あえて調べずマッキーさんのブログを楽しみにしています。

> 墓参り行ってきましたよ。
> それにしても相変わらずたくさんの花が供えてありました。
> うちらへんはすごいんですよ。張り合ってるのかと思うほど。
> まあ、それほどご先祖様を敬っていると理解しておきます。
> うがった見方でスミマセン。
にぎやかでいいじゃないですか。
花をいけるところがもっとあったほうがいいんですかね。

桃栗三年 柿八年

ハート型の赤いプランター?可愛いですねー。
思わず目がいってしまいました♪
花や野菜は育てていましたが果物は上手く育ったことがないので
成長の様子を知り、こちらまで嬉しくなりました。

ブドウの木が好きな蛾!!
餓にも負けずにすくすく育って欲しいです。
また、コウモリは蛾を食べにブドウの木に集まるそうなので
コウモリが守ってくれるかな~。

ichan さん

ありがとうございます。
ただし、それは活着が上手くいった場合ですね(^^♪
そうなるよう頑張ります。

みけねころんそうさん

ワハハハハハハ(^^♪
そうなれば笑いが止まらん。
な~んてね。
みけねこさん、そんなこと言っちゃダメでしょ。
その気になってしまいますよ。

自遊自足さん

自分も詳しくないのでよく分かりませんが、増えればいいという訳でもなさそうです。
たくさん出てくる芽の中で元気そうなのを残して後はカットするらしいです。
その辺もだんだんに勉強していくつもりです。

馬場亜紀さん

あくまでもうまくいった場合です。
そのためにがんばります。
ゴミ箱なんです。可愛いでしょ(^^♪

てかとさん

無事芽が出ましたので次の段階へ。
つるが伸びて棚にからまるぐらいに早くなって欲しいです。
そうなると最終形。葉がどんどん生い茂ってくれるのではないでしょうか。
でも、まだまだ先のようです。

供花にはカネを惜しまない、という感じ。昔からそうなんです。

なつみさん

実はこれ、ゴミ箱なんですよ(^^♪
根が深くて適当な鉢がなかったものですから流用しました。
底に穴も開けたんですよ。
自分も初めての経験でよく分かりません。一緒に見守ってやってください。
蛾もですが、蛾になる前の芋虫も心配。葉を食い荒らされそうです。
コウモリに守ってもらいたいところですが、残念ながら住んでいそうもありません。
もし出てきたら根気よく取り除くしかなさそうです。

No title

おもしろいですね^^いろいろ考えながら、はてさてどうなることやら、ってのは、実におもしろいものだと思います。表と出るか裏と出るか。案外うまくいってしまうかもしれませんが^^こうして日々成長するものって、本当に期待がもてますよね~。

カラスさん

自分もよく分からないだけに日々勉強の繰り返しです。
今回の挑戦も、うまくいって良しのダメ元でした。
でも、そんなことが楽しんです。
これからどうなるのやら、ワクワクです。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。