FC2ブログ

ズビズバー パパパヤー♪

日記
03 /03 2018
今週の「もういちど流行歌」は1970年4月の曲。 
    特集は左卜全とひまわりキティーズ「老人と子供のポルカ」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10         オリコントップ10  

 1位 レット・イット・ビー(ザ・ビートルズ)   女のブルース(藤圭子)
 2位 明日に架ける橋(サイモンとガーファンクル) ヴィーナス(ザ・ショッキング・ブルー)
 3位 ドリフのズンドコ節(ザ・ドリフターズ)   逢わずに愛して(内山田洋とクールファイブ)
 4位 今日でお別れ(菅原洋一)          恋ひとすじ(森進一)
 5位 あなたならどうする(いしだあゆみ)     白い蝶のサンバ(森山加代子)
 6位 白い蝶のサンバ(森山加代子)        国際線待合室(青江三奈)
 7位 老人と子供のポルカ(左卜全とひまわりキティーズ)  あなたならどうする(いしだあゆみ)
 8位 女のブルース(藤圭子)           姿三四郎(姿憲子)
 9位 ヴィーナス(ザ・ショッキング・ブルー)   ドリフのズンドコ節(ザ・ドリフターズ)
10位 雨にぬれても(B.J.トーマス)        都 会(ザ・タイガース)

  

「ズビズバー パパパヤー」、意味不明のスキャットを載せて軽快に流れるポルカ。衝撃的でした。
76歳の左卜全さんと6歳の女児たちが歌って大ヒットした「老人と子供のポルカ」
いろいろな意味が込められているようですが、長くなるので省きます。これはもう聴いてもらうしか説明のしようがないです。
老人と子供たちの絶妙なずれが何とも言えずコミカル。
またこの週は、ビートルズの「レット・イット・ビー」とサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」が売り上げではランク外であったにもかかわらず読者アンケートではトップ2を占め、絶大な支持を集めました。
とは言え、やはり今週のトピックは「ズビズバ」。後年、聖飢魔Ⅱが「ZU・BI・ZU・BA協奏曲」なるものを披露していますが騒がしいので今日はやめておきます。
ひょっとしたら若い方も耳にしたことがあるかもしれません。とりあえずお聴きください。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昭和の名曲揃いですねー。ビートルズのレット・イット・ビーとか超有名ですが、
映画の悪霊島にも使われてましたよねー。
たしかSMAPの歌にも同名の歌がありました。

No title

老人と子供のポルカ、なんですかこの歌!?
めっちゃ笑いました。
ツボにはまりました。何回も再生して笑ってます。
面白い歌のリンク、ありがとうございました。

ponch さん

そうそう、そうでした。
悪霊島に使われてましたね。ええっ?となって驚いたものでした。
レット・イット・ビーや明日に架ける橋など永遠の名曲です。
自分らにとっては他のものも懐かしいものばかり。
ponchさんとその辺の年代ギャップは埋めようはありませんが、たまには覗いてやってください。

こんばんは

もろ昭和ですね。
いくつかは聞いたことがあります。
今と違って家族で聞いていた時代なのでしょうね。

フジカさん

ありがとうございます。
この曲が馴染みなのは自分とかちゃんたかぶくろさんぐらい(^^♪

1番でゲバ(学生運動)、2番でジコ(交通事故)、3番でスト(ストライキ)を連呼し、これらの被害者は老人と子供であるというメッセージソングだったようです。
歌っているこの左卜全さんという人は名脇役と言われた有名な役者さんだったんですよ。

ichan さん

そうですね。まだレコード盤の時代だったですからアナログもいいところ。
確かにテレビ、レコードを一緒に視聴してましたよ。
ただこの頃から子供部屋が出来て家族離れが進んだようで、端境期だったかもしれません。
さすがに、ちゃぶ台はなかったですが良き昭和の時代でした。

No title

動画見て、思わず笑ってしまいました。確かに、この微妙なズレのような違和感がなんともシュールで良いですね。今出したら、ネットとかで滅茶苦茶話題になって広まりそうです。インパクトだけなら、1位のビートルズを超えますね^^;

風邪?

知らない曲ばかりですが
ズビズバー・・・花粉症とか鼻風邪を想像してしまいました。
でも、名曲は本当に受け継がれていくものなんだと
そういう歌って素晴らしいですね。
今日から「ズビズバー」が鼻歌になりそうです♪

No title

「老人と子供のポルカ」
なんですか、これは!?なぜこれが流行ったのか???
時代が求めていたのがこれだったなんて(笑)
個人的には、「明日に架ける橋」が大好きです♪
聖飢魔Ⅱの曲は興味あります。ユーチューブであるかしら、探してみます☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

知ってますよ~

マッキーさんの言われる通り、「老人と子供のポルカ」
知ってますよ~
懐かしいですv-411

サイモンとガーファンクル好きでしたねぇー
「コンドルは飛んで行く」「ザ・サウンドオブサイレンス」
いい曲ばかりでした。

「サウンド::::」を聴くたびにダスティン・ホフマンの
「卒業」を思い出します。

カラスさん

うん、今ほど拡散の要素はなかったですからね。
媒体はほぼテレビ1本といってもいいぐらいでしたが、あっという間に広がり日本中を席巻しました。
このちょっと前に子供が歌った「黒猫のタンゴ」という歌が大ヒット。
今度は老人でという狙いもあったようです。

なつみさん

そう言われてみると語感が何となくそんな感じ。
当時「ヤメテケレ」と「ズビズバ」が大流行。
少なくとも1週間は頭に残るかも。 ズビズバ~♪

少しは温かくなったんじゃありませんか。
お元気で~(^^♪

馬場亜紀さん

聖飢魔Ⅱ、ありましたか~

あれから自分も気になって再度聴きに行ってみました。
いい味出してましたよ。
それにしても「ズビズバ~ パパパヤ~」の繰り返し。
いい加減頭にこびりついて大混乱。
当分は離れそうもありません。
亜紀さんも「明日に架ける橋」が吹っ飛んだんじゃないですか。

ちゃんたかぶくろさん

だと思いました(^^♪
でもフジカさんたちの年代にも受けたというのが嬉しいじゃありませんか。

ですね。
この人たちの歌は心に響きます。何度でも聴いてしまいます。

パパパヤー

まだ小さいことだったけど覚えてますよ~
インパクト強かったですよね。
それよりもこの記事で驚いたのは、
ルクプルの女性がコーラスでしてたってことです。
『陽だまりの詩』の人が「♪パパパヤー」ってやってたなんて~

こみさん

ご存知でしたか。意外だったなぁ~(^^♪
ますます年が分らんようになった。

そうでしたか。こちらを知ってる人となるとそうはいませんよ。
掲載記事によると「ひだまりの詩」のヒット後、ご主人と離婚。今でもソロで音楽活動を続けておられるそうです。

でもね、こみさん。
あのバックで歌っていた小さい女の子が現在54歳なんだそうですよ。
時は流れるんですね。改めて実感しました。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。