FC2ブログ

仲間が増えました(^^♪

日記
11 /15 2017
は~い、こんにちは。今日は新しい住人を紹介します。

鯉2匹に金魚1匹。昨日買いに行ってまいりました。
値段は税込みで鯉が1匹568円、金魚が同じく228円で合計1364円。

 koikin.jpg koikin2.jpg koikin3.jpg
  《黒と赤の色がくっきり》    《黄金色に輝く容姿》     《柄、形の大化けも期待》

色、容姿は写真の通り。自分としては値段の割に良い買い物ができたかと。
特に金魚君は由緒ある名の通った家柄の種ではと大いに期待しているものです。

なぜかって?それは業界でハネモノと呼ばれるものだから。
ハネモノとは、形や色の出方が良くなくて出荷時点でボツにされる金魚のこと。

しかし、ハネられたものの中には大きくなって見事に化けるものが現れるといいます。
ということで期待しているのですが、どうなることやら。

さっそく池に放流しましたが、既存の金魚君たちとトラブルもなく一安心。
魚の世界ではいじめなんてないんですね。エライ。人間も学ばねば。

大きさは鯉が約10センチから15センチ、金魚が約5センチ。
恐らく来春には鯉君が既存の金魚君たちに並び、夏には追い越しているのでは。成長が楽しみです。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

料亭とかで買うやつなら客層にあわせて高いものもそろえるんでしょうけど
個人ならね、ハネモノという鯉でもいいと思います
大事に育てたもの勝ちですね
俺は鯉の文様で価値がわからないのでなおさらですw

No title

左、真ん中と写真を見て、ふんふん、で、最後に右端がどーん、って感じです。確かにちょっとただならぬ気配を感じますね。こう、将来どう化けるかわからないものっていうのは、人にせよ、物事にせよ、実に興味深いものですね。じっくりと見守りたいところです^^

てかとさん

鯉といったら着物を着たでっぷりオジサンが餌をまいているイメージですからね。
でも残念ながらそんな高級魚じゃないんです。
何十万円、何百万円といったのもいるようですが、どこがどう違うものか自分もさっぱり分かりません。

カラスさん

そんな高価なのが混じっていたらいいなぁという、あくまでも希望です。
ヤフオクなどを見ても10万、20万という値段が見られますからね。
羨ましい限りです。
でも、いいんです。
自分は金魚君や鯉君たちをながめているだけでいいんですから。
毎日接していたら愛着がわきます。

こんばんは

鯉も金魚もはまると底なしの感じがしますが、
気に入ったものが一番だと思います。

成長とともに大化けしてくれれば更に嬉しい
ことになると思います。

No title

「何でも鑑定団」に出演されるマッキー兄さんの
お姿を想像してみました。
ぜひとも高級魚となられることをお祈りいたします。

No title

赤黒く毒々しい鯉さんカッコいいですわ(^w^)
前回のてんとう虫を沸騰とさせる感じですね(ニヤリッ)

立派に育て上げたら守り神になりますね(* ̄∇ ̄)ノ

No title

あの映画、私も観たくなってるんですよね。先に鑑賞されたら感想教えてくださいね。

残念ながら、サカナの世界にも「いじめ」はあるそうです。狭い水槽に入れられた魚は、弱い魚をターゲットにしていじめるんだとか・・・。
人間の学校や会社と同じことになるという。
マッキーさんのところのお魚さんはのんびりできる環境をつくってもらえたからこそ、新参者をいじめず、即仲間になれたんですよ~。素晴らしいです!

ichan さん

その通りです。
良い金魚、鯉を揃えたいという気はさらさらありません。
第一、良いも悪いも外観からは分かりません。
元気に泳ぎ回ってくれたらそれで十分です。

ちゃんたかぶくろさん

ありがとうございます。
鑑定してもらえるような金魚だったらいいのですが。
そんなことはありえませんが夢ぐらいは持ちましょうかね。

みけねころんそうさん

赤と黒。水槽の前に立った時真っ先に目を付けました。
なぜか歌舞伎の般若のメイクが思い浮かびましたよ。
般若顔の人面魚になったらちょっと怖いかな。

馬場亜紀さん

そうなんですか。
池に放した時、一部始終を見てましたがそんな情景はなかったです。
広い環境がお魚さんの心を広くしてくれたのかな。
それだったら嬉しいです。
やっぱり弱肉強食の世界なんでしょうか。切ないね。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。