FC2ブログ

自己学習で高みに どこまで行くAI!?

日記
11 /10 2017
今朝の新聞に「独学で人間越え」の大見出し。

実はこれ、囲碁の世界に『人の知恵に一切頼らず、ゼロから「独学」してわずか数日で人の到達点を超えた人工知能(AI)が現れた』というもので、その名を「アルファ碁ゼロ」という。

「アルファ碁」?
囲碁・将棋に興味のある方なら記憶に残る名前のはず。昨年1月に現れ、世界ランクトップ棋士を4勝1敗で下し囲碁界に衝撃を与えた囲碁ソフトですから。

ところが今回の「ゼロ」はこの「アルファ碁」に対してでさえ100戦全勝し、相手にもしなかったといいますから驚きも驚き。

長くなるので詳しいことには触れませんが、この「ゼロ」はこれまで読み込ませていた棋譜などのデータを入力せず、基本ルールを受けただけでいきなり「ゼロ」同士の対戦に突入。

学び始めてから3時間では初心者のようにランダムに石を打っていたものが、19時間後には石で囲み陣地を確保するという囲碁本来の概念を取得。
その後は加速度的に成長を続け70時間後には人間を超えるレベルに達したといいます。

ここに至るまでに一手0・4秒の速さで490万局の自己対戦を繰り返したといいますから、これはもう人智をはるかに超えた範ちゅうであり、空恐ろしくもなります。

報道では「ゼロの衝撃は、AI開発に人が培った専門知識を用いなかったことにある。・・・専門知識を必要としないAIの出現は、データが不足した分野でもAIが有効となる期待を抱かせる」と指摘。

つまり、囲碁に限らずすべての分野で応用できるというわけで社会に与える影響も大きい。
実際、開発した会社は「この技術を実社会に応用していく」と語っていますから、もう実験という段階ではないということ。

恐るべし、AI。これからどこまで進むのか。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

数年後にはなくなる職業なんて言葉をよく耳にしますけど、
人類いらね、って結論だされたらターミネーターみたいに映画になっちゃいますね

No title

将棋などの対局も物の10分程度で一局終わってしまうらしいですね。ただ、ここからわかることは、やはり上達の近道は案外簡単なことで物事を考え試行錯誤して、経験を積み重ねると強くなるんだよという、実に単純なものだとわかります。ただ、人類には天才という連中がおりまして、彼らのひらめきのようなものだけはAIもまねできないはず、・・・と信じたいところですね^^;

てかとさん

ターミネーターが始まったころは想像の世界と高をくくってたんだけど、AIの進歩ぶりを見せつけられると「機械が意思を持つ」時代がそこまで来てるんじゃないかと怖くなります。
意思を持つところまでいかなくても、機械が機械を作るということはあり得そう。
AIが作ったロボットに攻められる・・・

カラスさん

もはや天才諸氏のひらめきに期待するしかないのかも。
それほどAIの力はけた外れ。
こうなったら人間がAIの制御力を離さないことが第一なのでは。
と、思うほど心配です。

No title

デデンデンデッデデン
デデンデンデッデデン!
(°▽°)

機械ですから生物の根本的なものはけしてアップグレードされないでしょう
人間を抹殺しよう とする考えは
そういう考えを持つ人達の思考であって機械では無理だと想います

というか抹殺より地球を大切にしつつ生活を楽にする方向のほうがあらゆる生物の被害も出さずに済むんではなかろうか
と想う今日この頃

No title

マッキーさんのお住まいの地域ではお米に仏様が宿っているという教えですか。農村地域だった(今も?)からこそ。作る人間ではなくてもありがたくいただきたいです。

映画などはすべて、AIが地球を征服して人類ちょっぴりしかいないwwみたいな。
きっとそうはならないとは想うんですけどね。脅威だけはすごい。

みけねころんそうさん

そうか、機械の暴走はありませんか。
だとしたら人間の責任は重大。
機械に命を吹き込む奴が出てきたら大変だ。
AIには地球を大切にする方で頑張ってもらいましょう。
みけねこさん、いいこといいますね(^^♪

馬場亜紀さん

自分が小さい頃は毎朝仏壇にお茶とご飯を供えていましたよ。
感謝の気持ちを込めて拝むようにといわれてました。

AIはこれからも進歩していくでしょうが、それを制御する人間がしっかりしていれば大丈夫でしょう。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。