FC2ブログ

変わっていく車社会

日記
10 /31 2017
東京モーターショーが始まったようです。

モーターショー。
自分らの年代にとってこの言葉は何物にも代えがたい強烈で甘美な響きを持つもの。車が憧れの全てであり、月収の6、7割を返済に充ててまでも手にしたい花形でした。

60年、70年当時の車といえば高出力のエンジンと華麗なハンドル捌きを担う足回りの良さをアピール。
流線型の外観と共に消費者の購買意欲を刺激したものでした。

それでは現代の車はどうなのか。
報道によると、自動車産業には三つの波が押し寄せているという。その三つとは、「電動化」「自動化」
「共有化」。

温暖化問題が深刻化する中で電気自動車(EV)が前面に。次世代の車をリードするであろうと言われていたハイブリッド車(HV)を凌駕する勢い。
ドイツのフォルクスワーゲンが「2025年に電動車両の市場で首位に立つ」と宣言すれば、中国はEV奨励の新環境規制を導入し、国家がEVで主導権確保を狙う。

そして自動化に共有化。
いずれもITやサービス利用者がもたらす膨大なデータが必要とされ、ネット検索大手のグーグルや百度(バイドウ)のほかITなどの異業種からの参入も相次ぎ、車メーカーはただ単に車体を製造する存在に堕しかねない状況。それだけにメーカーの必死さが伝わってくる。

いやあ~、様変わりしたものです。
車からエンジンがなくなる。あの腹の底を揺るがすようなエンジン音が聞こえなくなるんです。考えもしないことでした。(まあ、簡単になくなりはしませんけどね)

車はこれからも変わります。確実に変わります。車好きの自分としては、どう変わっていくのか。しっかり見ていきます。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

俺が若いころ、車好きの男とは結婚してはならない、という
女性の言葉を聞いたことがありますw
どうやら収入をほとんど車につぎ込むことを揶揄したものとされ、
俺も困惑しきりでしたw
いまどきの若い世代は車を買わないそうなので、
だいぶ時代もさまがわりしましたね

No title

最近は若者世代が車離れしているようですね~。それだけ他の交通機関が発達した、といってよいのか、はたまた独身世帯・低所得世帯が増えたのかといってよいのかわかりませんが。
私の場合、我が父が完全なカーキチ(よくない言葉ですが^^;)でしたので、その反動で息子の私が車から離れてしまいました^^;なんというか、父とは違った世界に楽しみを見出したといいますか^^;

てかとさん

まさにそれ。若者が車に魅力を感じない、興味を示さない時代のようです。うちの息子も免許すら持っていません。
自分には理解不能。そんな世の中になったんだ、で納得するしかなさそうです。

カラスさん

自分がまさにそのカーキチ。お父さんに親近感を覚えるなぁ~。
改造まではしませんでしたが、外観、内装共に手をかけ、休日には洗車・ワックスがけしてピッカピカ。やっぱりカーキチだ(^^♪
もっともそんなことも30代ぐらいまで。でも走るのは好きでしたよ。
だからこそ、これからのクルマ社会の変容が気になるのです。

こんばんは

車を必要とするのは田舎。
高齢者であっても車が無いと生活できません。
自動運転はインフラや法整備が進まないと
難しい側面があると思います。

中国がEVで覇権を得ようとしているようですが、
高速走行を加味するとFCVまたはノートeパワー
のようなものは必要だと思います。
トヨタの全固体電池やマツダの新エンジンにも
興味があります。

No title

町へ出てみるといろんな車があって面白いです( ̄▽ ̄)
二人のりのオープンカー?ちっちゃくてかわいいのとか 車体が鮮やかな青やら赤やら

まあ もっと安全な乗り物が開発されないかなと想ってますが
事故らないやつとか排気ガスが出ないやつとか(´ 3`)

No title

マッキーさんは自分を持っていますよね。ちゃんとしたオトナ、って感じがします。
だから月給の7割を車に使うようなことはしなかったんですね。
幼稚なオトコは月給すべてを車にぶち込みます(怒)

ichan さん

正直言って日本での運転完全自動化は10年、20年は無理かと。
日産のEVにかける意気込みは本物のようです。中国同様、業界を制覇するにはこれしかないという思いなんでしょうね。確かにトヨタと同じことをやっていては追い越せません。
生き残りをかけた新技術の開発、目が離せません。

みけねころんそうさん

魅力的な車、いっぱいあるんですけどね。
メーカーも購入に結び付けたいと懸命ですが、若者は車自体に関心がないし、オジサンたちは老後が心配だから手が出ない、ということで売れない。
事故らないのなら運転しないのが一番。専属の運転手を雇うってのはどうかな(^^

馬場亜紀さん

ありがとうございます。
ちゃんとしたオトナってほどではなかったですが、さすがに7割の返済はやらなかったです。
もっとも、現代でもギャンブル、ゲーム、アイドル等、熱を上げる若者を見かけますけどね。対象が変わっただけ。
自分が一番最初に持った車は義兄のお下がり。それでも十分楽しめました。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。