FC2ブログ

考えてみようか 差別用語

日記
10 /20 2017
先日、バラエティー番組で歌手・俳優の小林旭がキ〇〇イ」と発言し、放送禁止用語だとして物議を醸し、放送局側が謝罪していました。

ここ最近では「とんねるず」の石橋貴明が演じた「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」に関して差別的との抗議が殺到し、ネット上で炎上。
保毛尾田は約30年前から演じてきたキャラクターですが、これまでそれほど批判の声は聞いてません。

局側の謝罪の中で「制度改正や社会状況について私どもの認識が極めて不十分だった」とあったように確かに時代は変わっています。

ただ昔もこうしたことはありました。
特に音楽業界において「差別的」「卑猥」「政治的」などの理由から放送禁止歌として公共放送上での歌唱禁止やレコードの発売禁止などが行われていたことは衆知の事実。

挙げてみると高田渡の「自衛隊に入ろう」、美輪明宏の「ヨイトマケの唄」、藤圭子の「ネリカンブルース」、吉田拓郎の「ペニーレインでバーボン」、サザンオールスターズ・原由子の「IROVE YOUはひとりごと」、高倉健の「網走番外地」・・・などなど。これは枚挙にいとまがない。

なぜ禁止歌に?
「ヨイトマケの唄」は歌詞中に「土方」という言葉が。「ペニーレインでバーボン」は同じく「つんぼ桟敷」という言葉が。いずれも差別用語で不適切。「IROVE YOUはひとりごと」は歌詞が卑猥。

笑ったのは“ひらけポンキッキ”の挿入歌「たべちゃうぞ」。これは歌詞中の「いたずらする子は食べちゃうぞ」が問題に。さらに山口百恵の「プレイバックPart2」では歌詞中の「真紅なポルシェ」が商品の宣伝に当たるとしてNG。そのためNHKの歌番組ではこの部分を「真紅なクルマ」に変えて歌ったそうです。

いやはやなんとも。もっとよく見てみたら時代遅れのものや、滑稽なものがたくさん出てきそう。
禁止にする基準があるのでしょうが、見直しなんてしないのでしょうか。がんじがらめはちょっとね。

ちなみに「プレイバックPart2」はその後「真紅なポルシェ」で歌えるようになったとのことですよ。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私ら世代で言える差別とは、島崎藤村の「破戒」に
おける瀬川丑松、「橋のない川」などがあります。
今は、「障害」という言葉さえ「障がい」と表現
しなければならない。
あまりにも、敏感すぎる世の中になってしまい
ましたね。

ちゃんたかぶくろさん

「橋のない川」は20代の頃、映画を観たことがあります。
この差別も、部落差別がそれほど表面に出ない現代においては、どう対処すべきなのか難しいところです。
何でも「差別」という言葉でひとくくりにして非難するところに問題があるのでは。個別的に考え、対処すれば大きな問題にならずに済むことも多いかと思います。

No title

こんばんは。

色々ありますよね。
学校関係では、子供が子を供えるなので、「子ども」と表記。

南こうせつだったかな「クレパス」が商品名とのことで「クレヨン」でと
言われ歌うのを拒否した話は有名ですかね。

No title

ぬ・・・なんとも言葉は複雑でめんどくさいのでしょうか
嫌な言葉としてとらえられるのは背景に薄暗いものがあるせいだとは想いますが
結局は人の受けとり方でしょうし

これは確実にアウト!なやつは配慮してしかるべきでしょうが
いやめんどくさい

No title

マッキーさんが以前、コンビニの食品破棄について書かれた直後に、あの本を読んだんで、う~んとうなるところも多かったです。
コンビニも楽に運営できないんだな・・・って。

差別用語。重箱のすみをつつくってやつですね。
うるさすぎる。が感想ですね~。
炎上はもう、お祭り好きな誰かがやって盛り上がってるだけにしか見えません。
もっと大事なことで騒いでくれればいいのに。そしたらテレビも観るかも(笑)。

No title

こんにちは~!!
差別用語に限らず最近テレビ番組が炎上しますけど、
あんなの一部の人が騒いでるだけでしょうし、
そもそもたかがテレビをまじめに見なくてもと思ってしまいます。

No title

マッキーさん、おはようです

言葉狩りですよね
この歌詞にはこれをと思って書いた作家の微妙なフレーズで。。
昔のドラマの再放送見てたことあるんですが肝心なとこ声消してるんですよね
放送倫理に差別用語に匹敵するでしょうね
上げ足を取ってる感じ

No title

これはなかなか難しい問題なんですよね~。
実は私は持病があるのですが、以前、それに関連したことをネットで見つけたときに、明らかに患者に対して不適切な言葉遣いをした識者の意見がありました。私は他人の意見は他人のものなので、それで良い、と思うタイプですから、ふーん、って感じでしたが、小骨が喉にチクリとささったような気になったのは事実です。
規制が多くなると息苦しいです。が、言いたい放題やっていいわけでもない。言葉を発する側も、受け取る側も、「自重」という言葉を意識する必要があるのかもしれませんね。

こんにちは

放送禁止語の境界線が分かり難いですね。

造語が溢れているし、方言などその地では
放送禁止語に該当しそうなものでも、別の
地域では普通に使っていそうな用語もあり
そうです。

No title

俺たちの世代では少年誌に暴力描写が跋扈する、
世紀末ストーリーがのきをつらねていました。
いまどきは規制規制でつまらないですね。

遠太さん

その話、両方とも知りませんでした。
ミュージシャンは皆自分の詩、曲にこだわりを持ってますからね。
簡単には妥協しないんでしょう。

みけねころんそうさん

あんまり縛ってしまうと不用意に発言できないということになりますよね。
本人はそんな気はないのに他の人が別なほうに取ってしまって食って掛かられるということも有り得ます。
だから簡単に責められない。いや、やっぱりめんどくさい。

馬場亜紀さん

本部とオーナーの力関係を変えないとダメですね。

いちゃもんをつけることに快感を覚えるアホが多いから始末に困る。言い放しというのが一番腹が立ちます。中には貴重な提言をする人もいるんでしょうけどね。

かっぱのしんちゃんさん

そうそう、たかがテレビ。
それほど熱くなって論争するような問題はほとんどない。
いや、投稿する連中も論争したいわけじゃない。ケチをつけて焚きつけたいだけ。
これではまともに意見を言いたい人には迷惑な話です。

薫子さん

おおっ、言葉狩り。これこれ。
自分の言いたかったのもこれ。
製作者の意図が潰されてる感じだよね。
ということは作品の良さが潰されてるってこと。
けしからん。
薫子さん、いいこというなぁ~。ありがとうね(^^♪

カラスさん

そこら辺のさじ加減が難しいです。
それと使っていい言葉と使ってはいけない言葉が明確でないのも問題かと思います。
差別用語という言葉は相手を中傷しないための規制のはず。
だとしたらその基準を明確にし、それをもっと広報して周知すべきです。
それによってだいぶ変わると思います。
その際に、これまでの差別用語を再検証して「あまり事細かくしない」とか「今の社会に合致したもの」など、改めて定義し直して欲しいものです。

ichan さん

年代や地域性でも有りですね。
ただ、要は個人個人の受け取り次第。
同じことを言っても、Aさんは何ともなくてもBさんは傷つくという具合に。
話すときに言葉を慎重に選ぶしかないのか。
それと差別用語自体を意識しないといけないとか。
いやあ、難しい。
そんなことを考えていたら、しゃべれなくなってしまいます(^^♪

てかとさん

読みたいものが読めなくなったということは、漫画家さんも書きたいことを書けない時代になったってことかな。
表現の自由はどこへ行ったんでしょうかね。公序良俗優先ってことか。
もっとも、漫画・アニメに限らず息の詰まる世の中ではありますが。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。