FC2ブログ

執念の“イプ”打ち上げ成功

美容と健康
09 /30 2013
イプシロンの続き。

小型ロケットM-V(ミューファイブ)の運用が打ち切られたのが2006年。
コストが高すぎるというのがその理由。

森田さんは、世界に誇る固体燃料ロケットの歴史が断ち切られる。どうしても低コストのロケットを開発しなければと決意。
我々は一歩ずつではなく、10歩、100歩と飛躍するチャンスを与えられたのだと捕え、ここでやらないと二度とできない、と決意を新たにしたそうです。

    ipu.jpg

そこで、いろいろ考えた末、人手を介しての点検作業をロケット自身にやらせるという、ロケットの本場・NASAでさえやっていなかった画期的な合理化を実施。
そのための人工知能を開発したのです。

これにより、それまで50台のパソコンと100人を超える技術者で行っていた作業が、2台のパソコンと数人のスタッフで可能になったといいます。

つまり、管制室全体がパソコン化したとのことで、森田さんらはこれを“モバイル管制”と呼びます。

このことによってコストは、これまでの75億円から半分以下の30億円に激減。商業衛星の打ち上げに向けて大きな一歩を踏み出しました。
もう、執念としか言いようがありません。

イプシロンとは直接の関係はありませんが、事業主の三菱重工業は大型商業衛星の打ち上げを初めて受注しました。同打ち上げに使うロケットは「H2A」で、2015年後半に種子島宇宙センターから発射する予定。
これって、大変なニュースなんですよ。

限りなくうれしいニュースです。


      「宮原もとみ」のアンチエイジング大成功マニュアル

          「美人革命」

           《画像をクリック》
      
      笑っていいとも、に出演中の宮原もとみさん





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。