FC2ブログ

イプシロンを打ち上げた男

美容と健康
09 /29 2013
新型国産ロケット「イプシロン」は今月13日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙観測所から発射され、打ち上げに成功しましたが、その裏には大変なドラマがあったようです。

今日(29日)夕方、テレビで「独占密着!イプシロン(を)打ち上げた男」のタイトルで、打ち上げの中心的役割を果たした一人の男性を取り上げていました。

男性はJAXAイプシロンプロジェクトマネージャーの森田泰弘さん(55)。
     
    morita

それにしてもこの人、今回の打ち上げでは並々ならぬプレッシャーを感じていたようです。
それはそうでしょう。

高コストのために運用を打ち切られていたM―V(ミューファイブ)を引き継ぎ、さらに発展させるという使命感。
さらに、日本がこれから推し進めようという商業衛星の打ち上げのためにも絶対に失敗は許されないという圧力。

その上、2回目の打ち上げでは秒読み直後にパソコンの感知不具合で急きょ中止。全国から集まった1万5千人の観客をガッカリさせました。

それだけに13日の発射前の精神状態は並大抵でなかったのではと推察されます。

でも、人柄がいいですね。
記者会見の最後に、旅館でお世話になっていたおばさんたちに「がんばりましたと報告します」と語ったんですから。普通このような席でそんなこと言いませんよ。

成功した後の森田さんの安堵感いっぱいの笑顔、良かったですね。

さて、まだまだ書きたいことがあったんですが、ちょっと長くなりました。2~3回に分けて書かせてください。
いい話なんですから。お願いします。


      「宮原もとみ」のアンチエイジング大成功マニュアル

          「美人革命」

           《画像をクリック》
      
      笑っていいとも、に出演中の宮原もとみさん


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。