<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

読むことで思いを新たに

さて、今年ももうすぐ終戦の日を迎えます。

自分はこの時期に毎年、大岡昇平著「野火」を読むことを自分に課しています。戦争の悲惨さ、残虐さを忘れないためです。
職を辞し暇がたっぷりある今年は早くも読み終えました。

   nobi2.png
    《角川文庫》

若い頃からもう何度読んだか数知れません。
中に出てくるオルモックの町、セブの会堂、タクロバン平原や生い茂るジャングルなど見も知らない地が頭の中に存在しているほど。

傷病で死を待つだけの兵士、行くあてもなく逃避行を続ける兵士、食料を奪い合い最後には人肉にまで手を出すあさましさ。
想像を絶する描写に戸惑い、目を伏せることも多々ありました。

正直、大岡さんの文体は哲学的というか難しい。理解に苦しむ部分もあります。
ただ毎回思うことは「こんな世界があってはならない」ということ。

皆さんも一度読まれることをお薦めします。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺は歴史に関心があってひたすら調べていったら戦争が恐ろしいというよりも、
あの戦争をけん引した黒幕の共産主義が恐ろしいという印象が強いですね。
日本をアメリカと戦わせるために暗躍したのは共産主義国でさ。
モスクワのスパイがホワイトハウスにいっぱいいてハルノート原案を書いたハリー・ホワイトって官僚がロシアのスパイと聞いて、
愕然としましたよ
ホワイトハウスどころかレッドハウスでしょ、みたいなありさまだったw
俺たちの祖先は日本に背中を突かれたくない知恵者のロシア人が暗躍してアメリカと戦わされたんだよね
日本側はアメリカと戦えば負けるってのは戦技研の研究であきらかだったし、外交努力で戦争回避をしようとしたのにね。
今は安倍政権の外交努力でかつての敵ロシアの首脳と相互訪問ができるまでには話もできる。だいぶましになりましたね。

てかとさん

国と国との謀略戦。自国を有利に導こうとロビー活動や情報操作に暗躍する。いつの時代にも有ることですね。
現代社会でも各国の諜報機関が入り乱れてるんでしょう。

とは言え、戦争だけはダメです。戦争とは殺し合い。小説や映画などで繰り広げられるあの惨劇が現実のものになるんです。今の日常生活もなくなる。

為政者の皆さんには戦争だけは起きないよう頑張ってもらいたい。と、思います。

No title

戦争になるなんて一部を除いて誰もが想わなかった
新聞やラジオで日夜放送される偽りの日本の優秀さ
従わないものは脅され拷問にかけられ恐怖で支配する
どんどん戦争に賛成と意識を傾けさせられる
お国にのためとつくさなければ日本人の恥 非国民
そうやって民衆同士で脅して脅して ・・・流されていく

すべて仕掛けられた
これが人のすることかって絶望します

No title

大岡昇平さんの小説は、どれもこれも訴えかけてくるものを感じますね。しっかりと取材や調査を行った上での、正確な描写と言いますか・・・。戦後の世代であるからこそ、そういったものに目を通しておく必要があるのだと思いますね。

みけねころんそうさん

そうですね。
それが過去の日本が犯してきた過ち。だからこそ繰り返してはいけないんです。
原爆記念日、終戦記念日と過去の苦い経験を思い起こし、決意を新たにする行事の多い8月。
みんなで一緒に考えてみましょうか。

カラスさん

大岡さん自身の体験からくる作品が多く、リアルですよね。
そこに彼独特の哲学というか宗教観が交ざり混沌とした独自の世界を繰り広げているように感じます。
この人の作品は難しいですが、素直にそのまま読めばいいかなと最近は思うようになりました。
プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ