<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

死なせてしまった ガックリ

暑い暑い、と言ってる間にとうとう犠牲者を出してしまった。
死んだのはこのブログで何回も登場したコイ君。うちの池の主でシンボル的存在でした(泣)

        koi3.jpg
          《在りし日のコイ君 もうこの雄姿は見られません》

死因は恐らく酸欠。
池の水の温度も上がり体力的にも弱っていたと思います。

そんな時、水を変えてやることで回復することはこれまでの経験でも分かっていたこと。
しかも今回は前兆があった。与えた餌を全然食べなかったんです。

もう悔いても仕方なし。全部自分が悪かったです。すぐに対応してやらなかった自分が。


それにしても現在の池の迫力のないこと。
コイ君の持っていた存在感の大きさを、改めて思い知らされています。さびし~~~~~い。

さて、これからの金魚君たちの世話をどうしようかな。なんか力が抜けてしまった。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鯉君たち、みんな昇天したんですか?
酸欠なら考えられるけど、そうなら
ちょと寂しい結果ですねぇー
くれぐれも、一部の話で終わって欲しいです。

こんばんは

虹の橋を渡ったのは鯉君だけで、金魚君達は
元気なのですね?

暑いですからね。
日除けをしてあげると良いかもです。

No title

生き物を育てるのは難しいですね
特に暑さが激しくなるこの時期にポックリなるのは人も一緒ですが

ふむ 生きるって素晴らしい(^o^)

ちゃんたかぶくろさん

ありがとうございます。
最初買ってきたときは10センチにも満たない可愛い容姿でしたが、今では約30センチほどに成長。
以外と思われるかもしれませんが鯉って人懐こいんですよ。池に手を入れても逃げず、逆に寄ってくるぐらいです。
それだけに可愛くて。ショックでした。

ichanさん

はい、金魚たちは大丈夫だったみたいです。やはり身体が大きい分、酸素の消費量が多いのではないでしょうか。
池の端にピーチパラソルを立てて影を作ってやってはいますが時間によっては日が当たるようです。
何か考えようと思っています。

みけねころんそうさん

まあ、生き物を飼うわけですから仕方ありませんね。
それでも、魚とはいえ4年も5年も一緒にいると情が移りショックでした。

生かしてやるのが飼い主の責任。痛感しました。

No title

それは大変に残念でしたね。
どうか、気を落とさないでください。
私も大切にしていた生き物を失った経験が何度もありますが、
やっぱり何らかの後悔を感じますよね。
でも、なかなかどうして、うまくいかないこともあるのだと思います。
気になさらず、というのは難しいでしょうが、あまり気を落とさずに、残った生命を大切にしていきましょう。

No title

鯉の水交換とかやったことないからまったくわからんです、はい。
金魚は飼ったことあるけど。
ぷかぷか浮いてる水草とか勝手に酸素を補給してくれる植物があるとよかったでしょうか。
写真みるとないっぽいし。
日陰にもなるし。

カラスさん

ありがとうございます。
ショックでした。生き物を飼うというのは難しいですね。
でも負けません。
残ったものたちを守るのも自分の役目。
今、ポンプの購入、設置を考えています。
とにかく何かやらないとね。

てかとさん

難しいです。
水槽や金魚鉢で飼っていた金魚を死なせたことはありましたが、池では初めて。
結構広いですから酸素不足は考えませんでした。水草は少しはあるのですが少ないかも。
今、ポンプの導入を検討しています。水草の件も含めて勉強してみます。

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ