FC2ブログ

「何が罪に」「どういう人が罪に」なる!?

日記
05 /24 2017
今日はこの件に関しては避けて通れない。
「組織的犯罪処罰法改正案」が衆院を通過しました。衣の下に隠した鎧(共謀罪)が見え隠れします。


この法案、自分には多くの批判を浴びこれまで3回廃案になった「共謀罪」と同様、テロ対策に名を借りた権力の強化としか思えません。

組織的犯罪集団が「準備行為」をした時点で適用されるといいますが、具体的にどういう行為が準備行為なのかが判然としない。

国会では「(犯罪ではない)花見であればビールや弁当を持っているのに対して、(犯罪の)下見であれば地図や双眼鏡、メモ帳などを持っている」との珍妙なたとえ話が出され、外形的な状況で判断できるという答弁もあったとか。

まさに噴飯もの。そんなことで判断出来るはずはないし、答えた当局でさえそんなことをまともに考えているとは思えない。

対象者についても「一般の方々が適用対象となることはない」などと言ってるようですが、その「一般の方々」というのがどういう方々なのか、誰がどんな基準で犯罪者と分けるのか。

さらに組織的犯罪集団の定義は・・・、一般の民間団体、労働組合などへの影響は・・・

疑問は山積み。
とにかく曖昧な点が多い。これでは警察が恣意的に判断し、テロ対策に限らず一般の団体・個人の活動や生活に干渉する恐れさえあります。

このような観点からこの法案は絶対に廃案にすべきです。その上でテロ対策については新たな論議をすればいいのです。


それにしても間の悪いタイミングで飛び込んできたイギリスでの爆弾テロ。
「ほら見たことか」との声が上がるのが怖い。

この法案の中にはもっと違う怖さが潜んでいるように思えるのだが。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは

仰る通り非常に曖昧な定義であり、問題があると
感じる法律案です。
法制局が当然絡んでいるのでしょうが、日本の
法律は何処か曖昧です。

スパイ防止法のようなものの方が先のような気が
します。

ichanさん

戦前に治安維持法というのがありました。個人の思想や権利を抑圧し国民を弾圧しました。
今の世の中にそんなことがあるわけがない。できるわけがない。そんな声が聞こえます。確かに昔と違い簡単にはいかないでしょうが決して油断はできないのです。
権力を持った者はそれを維持し、さらに高めたいと望むもの。

言いたいことが言えない、やりたいことがやれない。そんな社会は御免です。

No title

マジレスして良い物かどうか・・・

法務省のHPに設置されてあるQ&Aコーナーを紹介しときます。
http://www.moj.go.jp/houan1/houan_houan23.html

平文だし、簡単なので、一通り読んでみたらどうでしょうか?

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。