FC2ブログ

忘却はよりよき前進を生む(ニーチェ)

日記
05 /10 2017
昨日は、遠い昔の記憶が残り日常の記憶が途切れがち、なんてことを書きました。今日はそれの続き。

痴呆症と健忘症。どこがどう違うのか分かりませんがこの年になるとどちらも同じ。同じというよりどちらでもいいということ。

現役時代にトンチンカンなことをやっていては仕事にならないし、様にもなりません。でもリタイアした現在ではちょっとしたボケぐらいは笑って許してもらえます。もっとも他人に迷惑をかけたり不快感を与えたりすることは考えものですが。

何にしても年を取ることで記憶力が落ちることは避けられません。

でもね、記憶力が落ちるってことは悪いことばかりじゃないんですよ。
よく言うでしょう。「都合の良いことばかり聞こえる、覚えてる」と。それでいいんじゃないかな。

他の方には迷惑でも本人にとっては幸せ♪

「忘れることで救われることがある」ということ。高齢者に限らず、若い皆さんにもいえるのでは。


ということで「忘れる」ことを恐れないことにしました。
そして、こんなセリフを吐いて暮らします。

        昨日何してたの?     
             そんな昔のことは覚えていない

        今夜会える?        
             そんな先のことは分からない
                           (映画・カサブランカのワンシーンより)



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あー・・・
もう全部その台詞でいいんじゃないかなw

てかとさん

ありがとう(^^♪

こんなセリフが不自然でない男を目指します。
でも、昨日のことを全部忘れるようじゃ問題だけどね。

No title

こんばんは。

仰る通りです。
人間、忘れることもできるから何とかなります。

でも、良かったことは意外に忘れません。

ichanさん

嫌なことは忘れる、良かったことは忘れない。
人間は本能的に自分の都合のいいように考え行動できるようできてるのかもしれませんね。

第一、嫌なことをいつまでも引きずってたらたまりませんよ。

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。