FC2ブログ

鹿児島が誇る小学生ビッグバンド

日記
04 /17 2017
3週間ほど前にシンガーソングライター・PaPaジュンジさんの曲を紹介しましたが、今日は鹿児島市を本拠に活動する「ビッグバンド」を紹介します。

その名は「リトル・チェリーズ」。小学校の4~6年生の児童で構成。
同バンドは1984年に大西隆先生の指導のもとに発足。先生の転勤に伴い学校は変わったものの活動を継続し現在に至る。

これまで各種大会の九州大会、全国大会で連続出場を果たし数々の最高賞を獲得するなどその実績は証明済み。またアメリカやドイツ、アイルランドなどでの海外公演や日本各地のコンサート・催しへの参加、加えて出演したテレビ番組も50本以上と活躍の場は数多く、広い。

もちろんこれらの受賞や活動も技術的な裏付けがあってのこと。
聴いていただくと分かる通り音程、表現力は抜群で、個々の技術は小学生とは思えないほど。何より楽しく演奏する様子が微笑ましく聴く人を惹きつけます。

発足して30数年、その活動ぶりは「驚き」以外になし。何よりの驚きは、卒業によるメンバーの入れ替わりによってもその質が落ちないということ。多くの卒業生がその後プロで活躍しているとも聞きます。

今日はここに演奏の一端を載せますので聴いて堪能いただければ幸いです。
よろしかったらユーチューブでも数多くアップされていますのでそちらでもお聴きください。


  
     《リトルチェリーズ 小学部 第15回九州ステューデントジャズフェスティバル 》


  
               《我が街・鹿屋での屋外コンサート》



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

動画みました!
小学部門でこのレベルなの?
これはすごいな、そりゃ一線で活躍しちゃうよね

てかとさん

そうなんです。プロ顔負けとはこのこと。
感激屋の自分ですから聴くたびに感動してます。
これからもよろしく。

No title

こんばんは。

凄い!!
絶句・・・。
本当に小学生???
才能があるのかもしれませんが、練習量も多いんで
しょうね。

ichanさん

本当にすごいですよね。
鹿屋の屋外コンサートで聴いたトランペットやサックスの生演奏(ソロ)は鳥肌もの。
トランペットのまね事をしている自分にとっては正直あこがれでしかないです。
感謝、感激、感動、脱帽・・・、どんな言葉をおくっても足りません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。