<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

関わりの多いウザい世の中 嫌だねぇ

 「もういちど流行歌」は1972年4月の曲。 特集は上條恒彦「だれかが風の中で」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10         オリコントップ10
 
 1位 結婚しようよ(吉田拓郎)          小さな恋(天地真理)
 2位 太陽がくれた季節く(青い三角定規)     夜明けの停車場(石橋正次)
 3位 ハチのムサシは死んだのさ(平田隆夫とセルスターズ)愛するハーモニー(ザ・ニュー・シーカーズ)
 4位 別れの朝(ペドロ&ロドリゲス)       友達よ泣くんじゃない(森田健作)
 5位 だれかが風の中で(上條恒彦)        結婚しようよ(吉田拓郎)
 6位 終着駅(奥村チヨ)             太陽がくれた季節く(青い三角定規)
 7位 夜明けの停車場(石橋正次)         許されない愛(沢田研二)
 8位 北国行きで(朱里エイコ)          ハチのムサシは死んだのさ(平田隆夫とセルスターズ)
 9位 友達よ泣くんじゃない(森田健作)      だれかが風の中で(上條恒彦)              
10位 小さな恋(天地真理)            別れの朝(ペドロ&ロドリゲス)


この曲なんだ?
と、首をかしげる人が多いとしても、ドラマ「木枯し紋次郎」の主題歌と聞けば「あれか」とうなずく人が多いのでは。
「あっしにゃあ関わりのねぇこって」の決めゼリフと口に含んだ長いつまようじが思い浮かぶ。

「時代劇を西部劇のように描く」という監督の狙いが見事にはまり、この曲を聴いた読者からも「乾いた荒野をひとり行くイメージ」「西部劇を思わせるメロディー」などの声が。
いずれにしても印象深い曲、ドラマでした。

印象深いといえば、ほかにも「結婚しようよ」「太陽がくれた季節」「ハチのムサシは死んだのさ」等々。

長髪の拓郎に、抜群の歌唱力とプロポーションの朱里エイコさん。そうそう、今では知事をやってる人もいましたねぇ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フォークギターを始めたきっかけが拓郎の
「結婚しようよ」でした。
「夜明けの停車場」はカラオケでよく歌った曲。
木枯らし紋次郎は好きでよく観ていた番組。
青い三角定規、風、イルカのジョイントコンサート
に行ったなぁー
懐かしい思い出ばかりです。

ちゃんたかぶくろさん

自分はちょっと早くて高石ともや、岡林信康の頃でした。
紋次郎は中村敦夫のニヒルな所作に憧れたものです。
プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ