FC2ブログ

鳥さんたちへ大サービス(^^♪

日記
02 /26 2021

鳥さんたちに餌やってます。

去年たくさん採れた金柑がまだ残っているので、それをあげています。
1回に4、5個づつ。これまで30個ぐらいは、やってると思います。
気に入ってくれているらしく、頻繁にやってきます。

切りすぎた件で、来年はやれません(泣)

撮影の心得があれば撮りますが、自分には無理。決定的瞬間はありません。


みなさ~ん、りつ子は第二ボタンをゲットしましたよ~

  イラスト8ボタン2

    今日のイラストは、ボタンを手にして感激のりつ子

皆さんは物事をダメ元でやったことがありますか。いわゆる、当たって砕けろというやつ。

りつ子はそれをやったんです。

結局、奪取計画で良案は浮かばず、直接当たることに。単純、明快(笑)
でもこれって彼女にしてみれば、かなり勇気のいることでした。

ところが何と、以外にもこれが功を奏したんです。言ってみるものです。

ダメ元。開き直りでしかないですよね。
でも、どうしようもない時、追い込まれた時に必要な手段だと思いませんか。

99%願いが叶わないと分かっていても、言葉に出せば1%でも可能性は残る。
でも伝えなければゼロです。

自分としても教訓としたいところ。

さて先輩との仲ですが、この後どのように進展するかは定かでありません(^^♪
スポンサーサイト



金柑の枝を切ってしまいました(泣)

日記
02 /23 2021
暖かいです。
前回記事には雪が降ったなどと書いていたのに、昨日などは汗ばむほど。
予報では最低気温12度、最高気温が22度。すっかり春の陽気です。
でも、また寒くなりそう。

昨日、金柑の枝をばっさり切りました。(写真)
理由は枝が片一方側に繁茂して形が悪かったから。でも、今では後悔してます。

    金柑カット      金柑カット2
     ⦅ビフォー⦆         ⦅アフター⦆

本当はこんな剪定をしてはいけないんですよ。
切り口から水や細菌が入り、腐る恐れがありますからね。

とは言え、もう切ったこと。
去年は大豊作でたくさんの実を付けてくれたのに申し訳ないことをしました。

まあ、これから2、3年はまともに実は生らないでしょう。仕方ないです。
じっくり待つことにします。


今日のイラストは宇宙戦艦ヤマトの紅一点、森雪


ヤマト唯一の女性乗組員

金髪のロングヘア―と頬に絡むような巻き毛がチャームポイント。

強く抱きしめると骨が折れるのではと思わせるほど華奢な身体。スリムともいう(^^♪
当時、「守ってやりたい女性」の№1に挙げられていました。

花の命は短くて・・・

日記
02 /20 2021
先日紹介した梅の花がすっかり散ってしまった。
梅の木の真下にある池も写真の通り。その美麗な姿を見せてくれたのは10日間ほどだっただろうか。

まさに「花の命は短くて・・・」の言葉通りに。

     RSCN5761.jpg
       ⦅散った花に埋め尽くされた池面⦆

この場にふさわしいかは分かりませんが、詩の全文を掲示してみました。

  風も吹くなり 雲も光るなり
  生きてゐる幸福は
  波間の鴎のごとく 漂渺(しょうびょう)とただよい

  生きてゐる幸福は あなたも知ってゐる 私も知ってゐる

  花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かれど
  風も吹くなり 雲も光るなり
                         林芙美子


な、なんと、朝起きたら雪が積もっていました。一昨日(18日)のこと。
積もったと言っても写真の通りショボショボ。それでも当地では大事件なんです。ちょびっとでも雪の感触を味わえました。マッキー、感激!!

いつ以来だったか覚えていません。  おしまい 

      RSCN5762.jpg


今日のイラストは四コマ漫画。4作目かな?

        今度こそ
















今度はしっかり策を練ってるようですね。
ガンバレ、りつ子。

ところで、今どきの子たちも第二ボタンのやり取りをしてるんですかね。

ブレザーの制服が増えてるようですが、どうしましょ。

いよいよ、ワクチン接種スタート!

日記
02 /17 2021
いよいよ今日から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりますね。
手始めに医療従事者から。

先日、「新型コロナのワクチンを接種したいですか?」というアンケート調査を見かけました。
それによると「はい」が53%、「いいえ」が47%という結果。

意外と拮抗しているんですね。もっと「はい」が多いかと思っていましたが。

接種を希望する理由としては「感染拡大の防止に役立つ」、しない理由としては「安全性の検証が十分でない」というのが、それぞれ最も多かったです。
つまり、期待と不安が交錯しているというわけですね。それ、分かります。

自分は一応家族には、受けないつもりだと話しています。
何しろ、あり得ないほどの早さでワクチンが承認されているんですからね。不安です。
ただ、「努力義務」というのがあるそうですから、その辺との兼ね合いをどうするかですね。

まあ、接種に二の足を踏んでいる人も、感染予防や重症化を防ぐ「有効性のデータが十分に蓄積されたら」受けてもいいかなと考えているようで、
自分もそのうちの一人かと。


今日のイラストは原作:三条陸、作画:稲田浩司による
 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の僧侶戦士・マァーム


気は優しくて力持ち。ダイやポップが弱気になった時に背中を押してくれる姉御肌。
それに、美形でナイスバディ―(死語?)のお姉さんだよ。

勇者一行の中で自分が一番好きだったキャラです。

テレビアニメとして制作された「ドラゴンクエスト」(勇者アベル伝説)に出てくる同じようなキャラの
デイジィちゃんも好きだったなあ。

そのうち、こちらも描かせてもらいますね(^^♪


遭難死に見える理不尽

日記
02 /14 2021
先日、映画「八甲田山」を観ました。冬、夏年2回必ず観ています(^^♪

同映画は1902年(明治35年)に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難した事件を題材にしたものです。
新田次郎さんの小説「八甲田山死の彷徨」が原作。

この遭難により兵士210名中199名が死亡。山岳遭難史上類を見ない悲惨な事件でした。

数年前にも載せたことがありますので今日は視点を変えて書いてみました。

それにしても思います。軍隊における理不尽さを。
まず、上官の命令は絶対ということ。事の善悪は関係なし。とにかく問答無用、絶対服従なんです。

この遭難事件も連隊幹部の自然の猛威に対する無知によって引き起こされたことは間違いありません。
部下は良策を進言しても聞き入れてもらえなければ、引き下がるしかない。

これは現代社会においても言えることです。
いつ観ても思いますよ。
仕える上司は、幅広い見識と聞く耳を持つ者であって欲しいと。

階級社会の強固さを表すシーンも毎度目にして唖然とさせられます。
一例をあげると
極寒の中、遮るものもない雪原で露営したとき、丸く固まって暖を取りますが、上官が内側に入り下級兵士は一番外側に。
ですから冷気を受けて死んでいくのも階級順なんですよね。

一事が万事、こんな調子。下っ端はつらいんです。きついんです。

今日のイラストは恥ずかしながら、こんなのを描いてみました。

イラスト8吹雪3

劇中歌として、永井建子(ながいけんし)作詞・作曲の軍歌「雪の進軍」が使われています。

この曲、ラッパが吹き鳴らされ他の軍歌と変わらない勇ましい曲調ですが、歌詞の内容は、寒さを防ぐ手立てもなく食べる物もない兵士たちの悲惨な状況を歌っています。
そのため、後の太平洋戦争時には「軍歌にふさわしくない」として歌唱を禁止されたと言います。

 借りてきました。お聴きください。

 歌詞付き

春はすぐそこまで(^^♪

日記
02 /11 2021
風はちょっと冷たいが陽射しは温かい。そんな陽気になりました。
春はすぐそこに。
その証のように庭の梅の花がほぼ満開。コロナ禍を忘れさせる心地よさです。

 DSCN5751.jpg


訃報
森山周一郎さんが逝ってしまった。悔しい、寂しい、そんな気持ちが脳内を駆け巡りました。
本名 大塚博夫(おおつか・ひろお)さん。86歳。

森山さんは俳優であって声優。自分にとっては声優としての存在感が大きかったです。
洋画や米テレビドラマなどでジャン・ギャバン、チャールズ・ブロンソン、テリー・サバラスなど、ハードボイルドな役の吹き替えで人気。

そして忘れられないのが、宮崎駿監督のアニメーション映画「紅の豚」で演じたポルコ・ロッソ。
良く響く低い声は優しさと相まって魅力的でした。

そんなポルコが発した「飛ばねぇ豚はただの豚だ」のセリフ。ジーナやフィオならずとも惚れますね(^^♪

イラストは以前描いていたポルコを引っ張り出してきました。
今日のイラストはこれに替えさせていただきます。
       イラスト13buta2

森山さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

最近CDを買いましたか!?

日記
02 /08 2021
先日、新聞紙上で「この1年で音楽CDを買いましたか」とのアンケートが出て
いました。
その答えは「はい」が27%、「いいえ」が73パーセント。

圧倒的ですね。むしろ、まだ27%の人が買ってるのかと意外に思ったぐらい
でした。

レコードからカセットテープ、CDと変遷。
現在はインターネットからのダウンロード、ストリーミングによる取得が主流。
この後どうなっていくのやら。

自分はと聞かれると、聴くのはやはりCDかな。とは言え最後に購入したのは
2年ぐらい前。
ここのところ頻繁に利用しているのはユーチューブ。
こんな時代が来るとはおもいもしてませんでした。

なお、最近なぜかレコードが復活しているそうです。そんな馬鹿な。
レコードもプレーヤーも処分した後だ。どうしてくれるんだ、と言いたいところです。
そうじゃありませんか。ね、皆さん(^^♪


今日のイラストは、ここのところよく登場してくるりつ子とクミ子。
  イラスト7フリー2
自由奔放で何でもやりたがりのクミ子。芯は強いのですが気弱で引っ込み
思案のりつ子。
性格の相反する二人。

いつも強引に誘われては泣きを見ているりつ子ですが、決して仲が悪いわけで
はありません。
何でも我が儘を言い合える友人。こんな友達、あなたの隣にもいるのでは
ありませんか。

自分にとって初めてのオリキャラであるクミ子とりつ子はこんな関係です。

そうそう、いつも名前だけで姓を出してなかった二人。この際だから教えて
あげますね(^^♪
クミ子は後藤といいます。フルネームは後藤久美子、りつ子は中山、同じく
中山律子です。

この二人、これからも大切にしていきます。よろしくお願いします。

機械は血が通わない

日記
02 /05 2021
音声の指示に従ってお進みください-

皆さんもこんなのお聞きになったことがあるのではありませんか。

参りましたよ。
郵便配達員さんからの不在票。入れていただいたのはいいのですが、その後が不親切ですね。
書いてあった番号に連絡したら機械が出て冒頭の音声が流れてきたというわけ。

とにかくこれ面倒。
支持の通り「1」入れ、「2」入れを繰り返すも、なかなか終わらない。
途中何回か間違いも。

もう腹が立って途中で、やめ。そして翌日、郵便局まで取りに行きました。
このほうがず-っと手っ取り早い。

う~ん、もうちょっと辛抱していればつながったかもしれませんが、その辛抱が
できませんでした。

それにしても地方の郵便局ですよ。どれだけの持ち帰りがあるというのか。
人間が電話に出られないぐらいの数なのか。

人間が出ての応対、温かみを望みます。


今日のイラストは、前回掲載した公園のワンちゃんです。
     イラスト7フリー3ワンコ3

今回は人物とワンちゃんに焦点を当てて、色を付けてみました。
      
全景を描いた前回分よりワンちゃんの可愛さが分かっていただける
かなと思いアップ。
ただその分、絵の粗さも目立ちますが(^^♪

GoToEat、使ってみました(^^♪

日記
02 /02 2021
このほど、GoToなんちゃらのお世話になりました。

まあ、こういうご時世ですからトラベルではありません。Eatのほうです。
しかも店で食べるのは感染の恐れもありますから持ち帰りということに。

で、何に使うか考えた末に寿司をいただくことに決定。


写真にある2000円のセットものを前日に予約注文。
いやあ、良かったですよ。翌日店に取りに行ったら客が外に並ぶほどの盛況ぶり。
自分は居並ぶお客さんをしり目に注文品を受け取って、さっさと帰りました。
この点でも持ち帰りがいいですね。


それにしても、GoToEatの使用は初めて。寿司店の持ち帰りも初めて。
この店、全国展開の寿司店ですが、ここの利用も初めて。
ということで初めて尽くし。世間知らずの自分にはいい経験になりました(^^♪

そうそう、この食事券はうちの奥さんの働いている保育園からのいただきもの。
クラスターの恐れのある忘年会を中止して、その予算をこちらに回してくれたらしいです。太っ腹ですなあ~
6000円分でしたのであと2回は利用できることになります。感謝、感謝。


今日のイラストも自分の絵は無し
前回のみけねこさんに続いて、またもやいただきもの。それが、こちら

  MMM2

なんと、嬉しいことにMMさんが描いてくださったんですよ。
マッキーが今度はお侍さんになりました。どうです、凛々しいでしょう。

ぴょん吉さんの水神マッキーをイメージして描いていただいたとのこと。

自分にとって絵師の皆さんは、眼前にそびえ立つ巨塔。
そんな方々に描いていただけるとは。自分は何という果報者であることか。
再度、ありがたや、ありがたや。 拝んでおります

宝物がまた増えました。
この歳ですと、冥土への土産か。お棺に入れてもらいましょうかね(^^♪

ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。