FC2ブログ

ありがたや、ありがたや(^^♪

日記
06 /15 2020
映画「キューポラのある街」を観ました。初めて観たのは50年以上も前の話。
地元の映画館で、結構観客が多かったことを覚えています。

物語は、鋳物の街、埼玉県川口市を舞台とした青春ドラマ。
と、受け止めていたのでしたが実際は、貧困、家族、友情、それに民族問題など多くのエピソードを取り入れた社会派ドラマといっていいもの。

とはいえ、当時の自分には主演の吉永小百合さんしか目に入っておらず他のことはほとんど記憶になし。
今回初めてこうした社会性の提起に気づいた次第でした。まだまだ子供だったんですね。

いいものを観ました。
昔の映画を簡単に観れる。有り難い世の中になったものです。ありがたや。

先にも書きましたように舞台は埼玉県川口市。

映画の冒頭で「マンモス東京の北の端から荒川の鉄橋を渡るとすぐに埼玉県川口市につながる。川一つのことながら我々はこの街の生活の中に東京と大きな違いを感じた」というナレーションが流れるんです。

これを聞いて思わず脳内に「翔んで埼玉」が。
昔からこういう関係、流れにあったんだなということを痛感した次第でした(^^♪


今日のイラストは横山光輝作「魔法使いサリー」の主人公、ではなく
  主人公サリーの親友である、よし子ちゃんと三つ子の弟君たち


このよし子ちゃん(愛称・よっちゃん)、自分は大好きなんです。

勝ち気で面倒見のいい姉御肌。
ちょっと優柔不断気味のサリーちゃんとは好対照。

それと三つ子の三兄弟。
いたずら好きは玉に瑕ですが、元気な暴れっぷりは何とも痛快でした。


この三つ子君。名前は、トン吉、チン平、カン太。
これは知ってましたが三人合わせてトンチンカン。このほど初めて知りました。
漫画家さん、細かいところまでギャグ飛ばしてるんですね。

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。