FC2ブログ

恩師への思い、とわに

日記
03 /04 2019
先日、近くの高校で卒業式がありました。娘の母校でもあります。
卒業生諸君は就職、進学とそれぞれ道は違うでしょうが、みんな将来への期待と不安で胸がいっぱいでは。
強い気持ちをもって事に当たり、輝かしい未来を築いて欲しいものです。

ところで最近の卒業式で、卒業式の定番ソングといわれ長年歌い継がれてきた「仰げば尊し」があまり歌われなくなっていると聞きます。
遠い昔の話ですが、自分らの頃は小中高のいずれでも歌ったものでした。

子供たちの好む歌を、という時代の流れでしょうが自分的には残念。もっとも、最近の歌もいい曲はありますけどね。

それにしても最近の教師と生徒の関係というのはどんなものなのか。
暗く、つらいニュースを聞きますが、それらはほんの一部。ほとんどの生徒は先生を信頼し、別れを惜しんでいると信じます。

自分の恩師はほとんど亡くなられましたが忘れられない方ばかり。敬愛の念は終生持ち続けます。

この歌は恩師への感謝の気持ちと学友、学びやへの思いが詰まった素晴らしい曲です。

いささか時代錯誤的かもしれませんが、歌詞を3番までフルで紹介してみます。
ご存知の方もご存知でない方も詩を口ずさみ、その良さを感じ取っていただけたら幸いです。


     「仰げば尊し」   作詞、作曲者不詳

 (1) 仰(あお)げば尊し 我が師の恩
   教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
   思えばいと疾(と)し この年月(としつき)         いと疾(と)し=大変早い
   今こそ別(わか)れめ いざさらば           別(わか)れめ=別れよう

 (2) 互(たが)いに睦(むつみ)し 日頃(ひごろ)の恩
   別(わか)るる後(のち)にも やよ忘るな
   身を立て名をあげ やよ励めよ
   今こそ別れめ いざさらば

 (3) 朝夕馴(な)れにし 学びの窓
   蛍の灯火(ともしび) 積む白雪(しらゆき)
   忘るる間(ま)ぞなき ゆく年月
   今こそ別れめ いざさらば



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。