FC2ブログ

登録販売者とはなんぞや♪

日記
01 /27 2019
登録販売者の資格試験に合格したことは書きましたが、肝心の「登録販売者とは」に触れてないことに気づきました。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが簡単に紹介しときますね。

これまでの薬事法では一般用医薬品の販売をすることを認められていたのは原則として薬剤師だけ。これを薬剤師以外に「一般用医薬品の販売ができる専門家」として導入したのが登録販売者制度です。

医薬品には医師から処方される薬とは別にOTC医薬品というのがあります。これを薬のリスクに応じて“要指導医薬品”と“一般用医薬品”(第1類、第2類、第3類)に分類。

このうちの第2類と第3類を登録販売者が販売できるもので、この2類で店頭に並んでいる薬の約9割を占めます。つまりほとんどを販売できるという訳です。
ちなみに要指導医薬品と一般用医薬品のうちの第1類は薬剤師でなければ販売できません。

あまり説明になってませんね。
まあ、分かりやすく言うと普通の風邪薬、解熱鎮痛薬、胃薬などを売ることができる、ということ。
なんだそりゃ、って感じですが、ただそれだけのことです(^^♪

            ━━━━━━━━ 〇 ━━━━━━━━

スペースもまだちょっとあるようですので、試験でどういう問題がどういう形で出るのか紹介してみますね。興味のある方はどうぞ。
出題形式は3種類。1択から5択のマークシート方式。例題として一つ載せてみます。

消化器系に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 胃酸は、胃内を強アルカリ性に保って内容物が腐敗や発酵を起こさないようにする役目を果たし
ている。
イ 小腸は栄養分の吸収に重要な器官であるため、内壁の表面積を大きくする構造を持つ。
ウ すい臓は、炭水化物、タンパク質、脂質のそれぞれを消化するすべての酵素の供給を担っている。
エ 通常、糞 ふん便の成分の大半は食物の残滓 し で、水分は約5%に過ぎない。

1(ア、ウ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(イ、エ)
          答えは明日ね(^^♪



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。