FC2ブログ

いつかは迎える悲しい別れ

日記
04 /14 2018
神様、七日間の元気な時間をください

死期を間近に控えた奥様が表した最後の願いをご主人が書き留めた「七日間」という名の詩。

ご主人が奥様の死後新聞紙上に投稿し話題に。
SNS上でも広がり、18万7千件以上の「いいね」でシェアされたといいます。

皆さんはこのニュースを目にされたことがあるでしょうか。
目にされたことがあったにしても若い方にはまだまだ実感することはなかったかもしれません。

でも、自分は身につまされました。
身体は元気だとしても60代も後半を迎えた今は死が目前にあるのですから。

自分とこも何気に過ごして約40年。何気にと書きましたがいろんなことがありました。
それでも今思えば、可もなく不可もなし。

現在では奥さんの世話になりっぱなし。口には出しませんが感謝してるんですよ。
だから先立たれるのはつらいです。


「病気はみんな私が背負うから 健康で長生きするのよ」
これは、死を目前にしたこの奥様が書き残した言葉です。やっぱりどこも奥さんの方が強く偉いのかな。

最後に詩の全文を紹介しておきます。

  神様お願い この病室から抜け出して
  七日間の元気な時間をください
  一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい
  あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ
  二日目には趣味の手作り 作りかけの手織りのマフラー
  ミシンも踏んでバッグやポーチ 心残りがないほどいっぱい作る
  三日目にはお片付け 私の好きな古布や紅絹
  どれも思いが詰まったものだけど どなたか貰ってくださいね
  四日目には愛犬連れて あなたとドライブに行こう
  少し寒いけど箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く
  五日目には子供や孫の 一年分の誕生会
  ケーキもちゃんと11個買って プレゼントも用意しておくわ
  六日目には友達集まって 憧れの女子会しましょ
  お酒も少し飲みましょか そしてカラオケで十八番を歌うの
  七日目にはあなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ
  大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう
  神様お願い七日間が終わったら
  私はあなたに手を執られながら
  静かに静かに時の来るのを待つわ
  静かに静かに時の来るのを待つわ




日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。