FC2ブログ

運転手勤めも乙なもの

日記
03 /02 2018
大型トラックに関する話題、今日までお付き合い願います。

自分が運転手を選んだ一番の理由。煩わしさがない。これに尽きます。
相手に気を使い、言葉を選ぶ。相手の嫌なところを突きつけられ、自分の嫌なところを相手にさらす。

そんな人間関係がたまらなく気詰まりでした。人づきあいが出来ないのではなく嫌だったんです。

トラック運転手はA地点で荷物を受け取りB地点に運ぶ。ただそれだけ。その間、誰とも接触せず一人。
長距離になればその一人の時間が長くなる。最高でしたね。

自分も一応会社勤めというのはありました。
一番長かったのは新聞社。10年ぐらい勤めたかな。新聞社とはいっても小さい小さいローカル紙。
それでも一応、日刊紙(夕刊で月曜日から土曜日まで)。夕方に小中学校の子供たちが配達。

自分は記者兼営業。地方自治体、警察、商工会議所、農・漁協などの各種団体から地元の商店、工場などあらゆるところを回りました。

まあ、会社勤めという感覚はありませんでした。なにしろ勤務時間はあってないようなもの。
それでも人と会うのが仕事。ストレスは溜まっていきました。

そこで出会ったのが大型トラック。躊躇なく選びました。

こういう理由で運転手の仕事を選ぶ者はそんなにいないとは思いますが、これも運転手のいいところと言っておきます。
当初は腰掛のつもりだったのが、結局最後まで勤めることに。

でも後悔はしてません。「これも自分の人生」と。


なお、あの当該新聞社は今なお継続。(失礼)1955年創刊ですから60年以上。
今の世の中、ローカル紙を事業として存続させることは大変なこと。さらなる発展を願います。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。