FC2ブログ

お仕事は楽しくないとね♪

日記
02 /28 2018
今日は久しぶりに大型トラックの話題を。

     daitora.png
         《日夜頑張ってます》 写真・記事とは関係ありません

トラック運転手の勤務体系のきつさは前にも書いた通りで、運転手のなり手が少なくなっていることにも触れました。
ところが最近は希望者が増えているとか。

理由は、どうやら賃金にあるらしい。仕事のきつさは変わりませんが他業種に比べ高い収入が魅力だとか。

勤務形態や仕事内容によって違いはありますが、多い者は月に50万円は下らず、少ない者でも30万円はあります。

確かになるほど、です。特に都会に比べ働き場所が少なく、給料の少ない田舎にあっては魅力です。

しかし経験者としては「なめるな!」と言っておきます。
1航海に500~1000キロを往復する長距離運転。決められた時間に荷物を届ける。また、荷物によっては手作業による積み込み、荷下ろし。

1航海とは業界用語で、積み込んで上って荷下ろし、さらに上り先で積み込んで下って荷下ろしまでの1行程のこと。

どれをとっても楽ではない。高収入だけに目を奪われて入ってくる者は10日も持たない。

そこでアドバイス。
体力的に大丈夫か。家族の理解はあるか。(何しろ1航海で3~5日は家を空ける)、車が好きか。

特に最後の「車が好きか」という点。
車が好き=運転が好きということですが、自分はこれが一番肝心だと思っています。

運転が好きということは楽しんで仕事ができるということ。つまり、ドライブ気分で仕事ができるということですから長続きします。

ということですが、お若い方どうかな。簡単にいうと「高収入は魅力だが仕事はきつい」ってこと。
だから最後に言ったでしょ。車を好きになりなさい、と。これですよ。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



どっちも何んかつらい

日記
02 /27 2018
昨年あたりから「フラリーマン」なる言葉を聞くようになった。
仕事が終わっても真っ直ぐ家に帰らず、ふらふら寄り道をするサラリーマンのことらしい。

家事育児からの逃避といわれるが当事者は「マイペースの時間が欲しい」という。

駅にたむろしている40代の男性は「飲みに行くのは面倒くさいし、駅にはコンビニもある。似たような人が周りにいて安心する」と。
さらに「自宅では妻が息子に『勉強しろ』と(うるさく)いい、『ただでさえ仕事で気を使い疲れている』・・・」などと語る。

対して妻の側は「共働きの妻は仕事後に育児を担い、寝かしつけの後にまた起きて夜中まで家事をする。女性に甘えすぎ」と。
別の女性は「子育てについていけないとか、家事で劣等感を感じるなど言い訳だらけの利己主義」とも。

う~ん、どうなんだろうね。家における居心地の悪さがサラリーマン諸氏をそういう風にし向けているようにも見えるが。
おっと、これでは男性の立場に立っていることになるな。

子育て中ですら家事をやってきたことのない自分にはとてもコメントできる話題ではない。

ただ、上記の意見以外に「お互いに理解し合って分担している」「妻から細かいことを注意され腹も立つが、逃げても無意味」などと共存し頑張っている意見も多かったことを付記しておきます。



日々の出来事ランキング

「衣服折りたたみ機」 そんなの必要?

日記
02 /26 2018
「箱の中に洗濯、乾燥済みの衣類を放り込むと、ロボットアームが1枚ずつ折りたたみ、棚に並べていく」
「指示通りの材料を準備さえすれば、あとは火加減も自動で調整しておいしく仕上げてくれる」

いずれもAIの仕業。
前者の「衣服折りたたみ機」は来年春発売予定。価格はなんと185万円。後者の「電気調理鍋」は既に発売済み。

新聞紙上にあった「家電の世紀 次の未来は」と題しての特集記事に載せられていた事例。読んでいくうちに、ここまで来たのかと空恐ろしくなった。


自分は家事が近代化される以前の状況を知る最後あたりの世代。

台所(土間)には、かまどがあり薪を燃やして煮炊きをする。
洗濯は、たらいと洗濯板を使い、冷蔵庫は電気ではなく氷を入れて冷やす。もちろん電子レンジも掃除機もなかった。

《昔お世話になった、たらいと洗濯板》

家事に関するものだけではない。
テレビ、CD・DVDプレーヤー、PC、空気清浄機、エアコン等々枚挙にいとまがなく、これらのない生活は考えられない時代になっている。

さて、「家電の未来」はどうなるんでしょうね。
デジタル化がさらに進み、AIが主流になるのは間違いないでしょうが、個々の商品がどうなるのか予想もつきません。

もっとも、先の長くない自分がこれらのことを考える必要は無い。
これだけ生活を豊かで楽にしてくれた家電製品に感謝の気持ちをささげつつ、恩恵を享受していくだけ。

自分的には必要以上の便利さは求めないが、皆さんはこれからの家電にどんなことを想像し期待するのだろうか。たまには、そんなことを考えるのも一興では。



日々の出来事ランキング

人生後半をどう生きる

日記
02 /25 2018
皆さんは「人生の楽園」という番組をご存知だろうか。
人生には楽園が必要、とのコンセプトで主に50代以上の夫婦が第二の人生を楽しむ姿を描いています。

そこにはパン工房、古民家暮らし、農家民宿、竹細工、他さまざまな業態が登場。
リタイアした人たちの生き生きとした様子が魅力的で、自分はほとんど毎週のように観て楽しんでいます。

今日はその中から、手作りスイーツの販売に励む「元気母さんのお菓子工房」を紹介。

 okasi.png okasi2.png okasi3.png
    《充実のひと時》     《お客さんとの触れ合い》     《とろける味わい》

この日の主人公は静岡県森町に住む58歳の主婦。
自宅庭の一隅に設置した工房でオリジナリティー溢れるスイーツを制作。各種イベント会場での販売とネット・電話による予約販売に限定し店舗販売は行っていません。

地元のイチゴや茶、メロンなどをふんだんに活用してのロールケーキやタルトに思わず、ごっくん。
また、毎月2回開かれるフリーマーケットでのお客さんとのやり取りが何とも楽しそう。


これはほんの一例。
新しい環境に移り住み趣味や特技を生かして新分野に挑む。自分にはその姿がまぶしい。そして羨ましい。

自分もそんな挑戦をしてみたかった。やりたいと思うことはあった。でも出来ていない。得てして他人に誇る趣味や特技がないを理由にするが、要は勇気がなかったということ。

若い方の中には、早くリタイアして新しい人生を築きたいと念願している人も多いでしょうが、ここですよ、ここ。
やる気があるかどうか。どこまで本気か。

いずれにしろこの楽園に登場する方たちは輝いています。自分にはそう見えます。



日々の出来事ランキング

なんとか完了 嬉しい(^^♪

日記
02 /24 2018
終わった~。2日がかりの工事がようやく終わりました。
この間、訪問・コメントの返しを怠るなど大変失礼しました。改めてお詫び申し上げます。

 okujyou5.png  okujyou4.png
《ワイヤーはフックの所を2重に通したかったな》   《見かけもそんなに悪くないのでは》

工事後の様子は写真の通りです。
屋上にドリルで穴をあけてフックを取り付け、ワイヤーロープで脚立を固定しました。

文字で表現すれば一行にも満たないですが実際の作業は難行苦行。
しかし、もう終わったこと。具体的な作業内容(苦労話)は省きます。

試しに何回も登ったり降りたりしてみましたが、全然OK。これまでに比べて楽で安全。
これからは1ヶ月に1回といわず、頻繁に屋上に上がり清掃に努めます。

ということですが、実はもう一つ。
日ごろの不摂生がたたり全身筋肉痛。いかに身体を動かしていなかったかが、よ~く分かりました。

訪問・コメントに向かわなかった理由はこちらの方が大きかったかもしれません。
さて、今日からいつものペースに戻ります。よろしくお願いします。



日々の出来事ランキング

もうちょっと頑張ってみます

日記
02 /23 2018
どうも申し訳ありません。訪問、コメントを怠っております。

気がせいており更新もやめようと思っておりましたが、せっかく毎日更新を続けてきたこと。
挨拶だけでもとPCをオンしました。

実は昨日1日、梯子付の準備と作業に追われました。普段の不摂生がたたり、筋肉痛等で身体はぐったり。

今日もこれから作業を進めます。
詳しいことは明日にでも触れます。ごめんなさい、ここらあたりで失礼いたします。



日々の出来事ランキング

名脇役 大杉漣さん逝く

日記
02 /22 2018
大杉漣(本名・孝)さん死去のニュース、驚きました。

渋い脇役として多くの映画、テレビドラマなどで活躍。
役柄も多彩で「300の顔を持つ男」の異名を冠せられるほどでしたが、自分には優しさが自然ににじみ出る「優しいお父さん」「優しいおじさん」のイメージの強い役者さんでした。


自分が初めて大杉さんに出会ったのは2005年のNHK大河ドラマ「義経」で、義経の叔父・源行家役を演じたとき。

当時の大杉さんは役者としてそれほど注目されていたわけではなく、同ドラマでも重要な役どころではなかったのですが、なぜか自分には強烈な印象が残りました。今でもそのシーンを思い返すことができるほどです。
近年は松重豊、遠藤憲一らと「バイプレーヤーズ」と呼ばれ共演。結果的に「バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」が遺作となりました。

今回の訃報で66歳の自分と同い年と知り猶更ショックでした。ご冥福を心よりお祈りいたします。


話は変わりますが、昨日の自分の記事に対し励ましと助言をいただきました。有難うございました。
この中では「業者に頼むのが最良」とのご指摘が多かったです。ごもっともなご意見です。
熟慮しました。その結果として「とりあえずできることをやってみよう」という結論に。それでダメだったら頼むということで。

このための準備や作業に時間を取られることが予想されるため、更新や訪問に支障が出るかもしれません。
その節はご容赦ください。



日々の出来事ランキング

無精のツケが しっかりせんか

日記
02 /21 2018
たいへん、タイヘン、大変だぁ~。涙目

増築部・二階洋間の壁と天井にシミが。触ってみると水気がじっとり伝わってきました。
それを見て、ピンッとくるものが。
そう、以前もあったんです。屋上の排水口が詰まり雨水が溜まっていたことが。

  okujyou2.jpg  okujyou3.png
  《縁の高さは約10cm かなりの量です》      《落ち葉と灰でびっしり》

上がってみて愕然。屋上の半分近くまで雨水が溜まるという惨状を呈してました。

原因は、家の後ろに立つ杉の木の落ち葉と桜島の灰。
コンクリートがヒビ割れてとかそういうことではなく、長年溜まっていた雨水が少しづつ下へ漏れ、したったと考えられます。

これは自分の怠慢。分かっていたことをやらなかった。
杉の葉や灰が降るのは仕方がない。だったらそれを1ヵ月とか2ヵ月おきぐらいに点検して掃除をすればよかっただけのこと。

ではなぜやらなかったか。
一つは、それほど詰まらないだろうと甘く見ていたこと。もう一つ、こちらの理由が大きいのですが、この家は屋上に上がれるようにできていないということ。

ですから、一応仮の梯子は付けました。大型トラックのキャビン上部に上るための梯子なんですけどね。
ところがこれがきちんと付けられない。ただ端っこを掛けてあるだけで不安。外れたら地面に真っ逆さまで、怖くて使いたくなかったんです。


そんなわけでここ数年一度も上がったことがなく今回の状況を迎えたということ。
でも、もう放ってはおけません。

やることはただ一つ。雨漏りを防ぐ手立てではなく屋上に上がる方策を練ること。
今付けている梯子を外して楽に上がれるようにする何か。

もう、頭が痛い。




日々の出来事ランキング

ちょっとスッキリ 気分転換

日記
02 /20 2018
昨日から雨模様。暖かいから許します。それに、どちらにしても外に出ないし。

またまた“動かない病”が発症。「動くの面倒くさい症候群」の一種で発症したら最低1週間は閉じこもり。
でも今回はパジャマは脱いで庭までは出てますからまだいいほうです。


話は変わりますが、これまでも何回か髪を伸ばしてきていることを書いてきましたね。それが腰の近くまで来てたんですよ。平安棋士の藤原佐為みたい。(「ヒカルの碁」・写真参照(^^♪)


ちょっと長くなりすぎたかなと思い昨日バッサリ切りました。バッサリといっても肩より下ぐらいですから、まだ長いですね。

先日お邪魔したブロ友さんのところで長髪の話題が出ていてその気になったのですが、お陰様でスッキリ。洗髪もさることながら櫛の通りがよくなったのが嬉しいです。

これからは少しは楽になるかな。首周りにまとわりついて夏はきついですから。
それをちょっとでも防ぐために髪を頭上でまとめてだんごを作る術も会得しましたからね。
これで、それともオサラバ♪

《勿論こんなに格好よくありません》

 サッパリしたところでたまにはシャバの空気を吸いに出かけてみますか。



日々の出来事ランキング

春の訪れ♪

日記
02 /19 2018
うれしいねぇ、すっかり暖かくなりました。
梅の花も随分ほころんできました。まだつぼみは残ってますが気分はルンルン(死語?)

    haruume.png

ただ、今年は梅につきもののウグイスの鳴き声を聞きません。それがちょっと寂しいかな。
山鳩が「グル~グル~」という独特の鳴き声を響かせていますが、これでは情緒がありません。


それともう一つ嬉しいことが。
池の金魚・コイ君たちの動きも活発に。

冬の間はワニ君の土台にしているコンクリートブロックの間に隠れ込んで姿を現さないんです。

10数匹いるはずなのに何もいないような有様。

それがこの暖かさに誘われてか広い池内をス~イスイ。やっぱり姿を見せてくれないと楽しみがありません。




日々の出来事ランキング

祝・藤井六段!最年少タイトルホルダー

日記
02 /18 2018
本当にやってしまいましたよ。中学生プロ棋士・藤井新六段。

藤井聡太六段が17日行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で羽生善治竜王、広瀬章人八段を連破して優勝。同時に史上最年少で六段に昇段しました。

しかも15歳6ヶ月での棋戦優勝は加藤一二三九段の15歳10ヶ月を抜く最年少記録達成という快挙。

      hujihabu6.png
       《AbemaTVでの生中継、こんな時代になったんですねぇ》

自分は藤井六段がプロ入りする前から注目。
29連勝したときには、「これからまだまだどえらいことをやり遂げる棋士」だと書いてきましたが、ここまでやるとはというのが正直な感想。
もちろんやるとは思っていましたが「こんなに早く結果を見せてくれるとは」という意味での驚きです。

もう他のメディアで散々書かれていますので今日はこれまでの歩み、これからの展望についてはここでは触れません。

ただ、昨日の勝負についてはネットTVの中継で目の当たりにしましたのでその感想を一言。

終盤に強い藤井六段といわれていますが、なんのなんの。序盤から見事な差し回しでリードを奪うと、その後何の見落としもなく勝利まで一直線。
準決勝、決勝、いずれの対局の中でも随所に絶妙な一手を繰り出す非凡な才能に周囲は驚愕。解説に当たった高段者の予想にもない好手もあったと聞きます。


もう一つ言いたいことはネットTVの存在。
今回はAbemaTVで対局全てを観戦。この他にもニコニコ動画によるAIとの対局中継なども行われるようになってきていますが、自分らの時代にはなかったこと。
将棋ファンの自分としては感謝感激。これからも楽しみたいと思った次第です。



日々の出来事ランキング

命あってのモノダネ 住宅用火災報知器

日記
02 /17 2018
ご存知でしたか。「春の火災予防運動」が3月1日から7日まで実施されます。
自分も地元の消防署からの広報誌で知りました♪

その中に「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」ということで3つの習慣と4つの対策が載せられていましたので紹介しておきます。

3つの習慣
  ●寝たばこは、絶対やめる。
  ●ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  ●ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
  ●逃げ遅れを防ぐために、住宅火災警報器を設置する。
  ●寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  ●火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
  ●お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

中でも重要なのが対策1番目の「住宅用火災報知器」だと思います。
夜中に寝ているときに火が出たらどうしようもありません。ですから、せめて台所1ヵ所だけでも設置することが望まれます。


冒頭に掲載していた天気と気温を外すことにしました。
昨年11月末から寒さを自覚するために庭に温度計を設置して計測してきたものでしたが、ここのところ最低気温が5度を下回ることも少なくなったので止めることにしました。
朝起きて一番に目盛りを見るのが習慣になっていたのでちょっと寂しいところもあります(^^♪



日々の出来事ランキング

中島みゆき なんと表現してよいか・・・

日記
02 /16 2018
                                        【曇り・5度】 
今週の「もういちど流行歌」は1994年6月の曲。 
         特集は中島みゆき「空と君のあいだに/ファイト」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10         オリコントップ10  

 1位 空と君のあいだに/ファイト(中島みゆき)  survival dAnce~no no cry more~(TRF)
 2位 愛が生まれた日(藤谷美和子・大内義昭)   空と君のあいだに/ファイト(中島みゆき)
 3位 夏が来る(大黒摩季)            世界が終わるまでは(WANDS)
 4位 innocent world(Mr.Children)   夏を抱きしめてTUBE)
 5位 survival dAnce~no no cry more~(TRF) innocent world(Mr.Children)
 6位 夏を抱きしめてTUBE)          純愛ラプソディ(竹内まりや)
 7位 純愛ラプソディ(竹内まりや)        2つの願い(槇原敬之)
 8位 世界が終わるまでは(WANDS)      夏が来る(大黒摩季)
 9位 ORIGINAL SMILE(SMAP)   ORIGINAL SMILE(SMAP)
10位 ドラマティックに恋して(広瀬香美)     LOVE/No.1 Girl(T-BOLAN)

時代が随分下ってきました。それでも、もう20年以上前なんですよ。
中島みゆきの「空と君のあいだに」、これを聴くとどうしても「同情するなら金をくれ」が思い浮かぶのでは。曲もインパクトが強かったですが、ドラマも結構ショッキングでした。
サビの部分の「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」は心の臓にグサリと突き刺さりました。
また、記事の中で作曲家の千住明さんが松任谷由実さん(ユーミン)と対極にあると指摘し、「流行を作ったユーミンに対し、中島さんは、人々の心のひだに入る曲を作った」と述べているのが印象的でした。
また中島と音楽活動のパートナーとして30年つきあってきたという編曲家の瀬尾一三さんは「ユーミンが大衆文学とすれば、中島は純文学かな。中島の曲はとっつきにくいけどハマる」と。
それにしても、この二人はどうしても比較されますね。
また他の曲も「愛が生まれた日」「夏が来る」「innocent world」、以下思い出深い曲ばかりでした。



日々の出来事ランキング

この本 楽しんで学べます♪

日記
02 /15 2018
                                        【晴れ・8度】

Q1 過去20年間の台風上陸数ランキングで、鹿児島県は沖縄県に次いで2位である。
Q2 焼酎のお湯割りは、最初にお湯を入れるのが常識である。
Q3 霧島の温泉は幕末の志士近藤勇が、妻のお龍と新婚旅行に来たことで知られる。
Q4 天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)は、猫が大好きだった。
Q5 鹿児島県の人口10万人当たりの医師数は、全国平均より多い。

〇×クイズです。軽く考えてみてください。


こんな本が目につきビックリ。
あったんですねぇ。知らんかった。タイトルは「鹿児島もの知りクイズ」


鹿児島県内の地理、歴史、行事、食べ物、動植物などあらゆる物、事柄をクイズ形式で出題。

大いに楽しませてくれると同時に鹿児島への理解を深めさせてくれています。

B6版で177ページでイラスト、写真付きの本格派。
出題した350問を地図問題、写真問題、〇×問題、三択問題、穴埋め問題の各篇に分割。


著者はなんと現役の小学校教師。
出版の思いを「ひとつひとつのクイズを楽しみながら鹿児島の魅力に出会ってください。・・・中略、この本があなたにとってのんびりと時間をかけて鹿児島を楽しむきっかけになればと願っています」と綴っておられました。

もちろん挑戦してみました。いやあ、難しかった。結果は半々。意外と知らないものでした(汗)

答え。
1× 鹿児島県は1位。沖縄県の場合は通過と表現する。台風上陸の定義が「北海道、本州、四国、九州の海岸線に台風の中心が達した場合」と気象庁が定めているから。
2〇 先に焼酎を入れて後からお湯を注ぐと焼酎のアルコール分子が壊れて、まろやかさがなくなるといわれている。
3× 坂本龍馬が新婚旅行に来たことで有名。霧島の塩浸温泉には龍馬とお龍の像が建っている。
4× 大の犬好きだったが夫の家定が犬嫌いだったので、大奥に入ってからは猫を飼っていた。
5〇 人口10万人当たりでみると全国平均206・3人に対し220・8人。歯科医師数は全国平均を下回っている(2006年末)。

どうでした?。地元じゃないから間違っても恥じゃないよ~。鹿児島を知るよすがにしてね(^^♪



日々の出来事ランキング

魔法の薬!?どくだみ茶

日記
02 /14 2018
                                        【晴れ・-1度】
うちの奥さんもマメだねぇ。
写真、何だか分かります?手製のどくだみ茶なんですよ。


どくだみ。そう、道端のどこにでも生えているあの野草。独特の臭いはたまりませんね。

昨年の暮れごろ、知人に貰ってきたといってすぐに作業開始。作業といっても茎や葉を干すだけ。
約1ヶ月後の先月末に茎から葉をもぎ取り、さらに1週間ぐらい日陰に。

作業といってもこんなもの。後はティーバッグに詰め込んで出来上がり。
乾燥剤を入れたガラス瓶に保存してます。


で、さっそく飲んでみましたよ。

お湯を注ぐと褐色に変色。そして何とも言えない匂いがぷ~んと。生の時とはまた違う。
病院に入ると特有の匂いが漂ってますよね。あんな感じ。

味は何と表現していいか分かりません。甘くなく、苦くなく、酸っぱくない。

ネットでどくだみ茶の効能を見てみると、いやはやこれはスゴイ。全部書いてみますね。
 ・デトックス効果・毛細血管を強化する・動脈硬化を予防する・高血圧を予防する・便秘解消
 ・血行改善で肩こり解消・糖尿病予防・冷え性予防・蓄膿症予防・疲労回復・むくみ解消
 ・アトピー性皮膚炎や花粉症のアレルギー対策・生理不順や生理痛の解消・ニキビや吹き出物対策 
   
  なお、デトックス効果とは、老廃物や毒素を体外へ排出する効果。

まさに万能薬ではありませんか。でもデメリットもあり。
それは
  お腹がもともと緩い人が大量に飲むと下痢をする。
  腎臓機能が低下しがちな高齢者や腎機能疾患の患者には不向き。

正直言って美味しくありません。砂糖も入れません。
でもせっかくですから頑張って飲みます。だって頑張らないとあの瓶で五つもあるんです。



日々の出来事ランキング

別世界のようでした

日記
02 /13 2018
                                        【晴れ・0度】
久々に分厚い本を読んでみました。今回も朝井まかてさんでタイトルは「すかたん」

タイトルを見ていただいて分かる通り舞台は大阪。時は江戸時代。
サクセスストーリーとも読めますが、どちらかといえば大阪の風土とそこに暮らす市井の人たち(主に商人)の気質を描いた人情噺。

物語は、夫に先立たれた武家の御新造さんが理由(わけ)あって大阪の青物問屋に女中奉公。そこで繰り広げられる商家の生業や事件を扱っているのですが、今日はそこには触れません。

とにかく話の中で出てくる大阪の人たちの暮らしぶりや商家のしきたり、考え方が事細かに描かれていて実に新鮮で面白い。ここではその一端を紹介することにします。

なにせ、一章から十章までの章題からして「ちゃうちゃう」「まったり」「だんない」「ぼちぼち」「ええねん」「しんど」「ほな」「かんにん」「おもろい」「すかたん」という具合。

大阪の商家では当主を旦那(だん)さん、その妻をお家(いえ)さん、次の当主が若旦那(わかだん)さんでその妻が御寮人(ごりょん)さん、「さん」を「はん」と呼ぶのを許されているのは目上の者だけとか。

もっと面白く感じたのは奉公人の名前。
本名の一字に「松」とか「吉」を付けていく。例えば本名が長市だったら最初の丁稚時代は「長松」、5年で「長吉」、10年経って手代になったら「長七」、20年で番頭になったら「長助」、30年勤めあげたら「長兵衛」を名乗り暖簾と支度金を貰って別家を興す。
だから周りの者は名前を聞いただけでその者の地位や勤めの長さまで分かったといいます。

この他、仕事の上だけでなく食事や年中行事にまで独特のしきたりや決まりが山ほど。
さらに朝井さんは「客間の襖は呉春の桜花游鯉図、屏風は唐物の紫檀透かし彫り」などと造作の在り様から着物の図柄や素材まで事細かに描写。


いやあ、もうここまで来てるのか。まだ書きたいがきりがない。残念ですが最後に気に入った言葉を二つほど紹介して終わります。

それは「お早うお帰り」と「よろしゅうおあがり」
前者は「行ってらっしゃい」、後者は「召し上がれ」ではなく「お粗末さま」の意味だそうです。

どっちもホッコリ感があっていいですね(^^♪



日々の出来事ランキング

ゴルゴはブリーフ

日記
02 /12 2018
                                        【雨・0度】
なぜか今朝雪がちらほら。そんなに寒くないのにな。


そんな中ネット上をさまよっていたら、「ゴルゴ13」の謎を追跡-などという仰々しいタイトルが。
気になり覗いてみたら中見出しに「ゴルゴはなぜブリーフ派なのか」とあって噴き出してしまった。

この記事、確か週刊ポストだったと思うが一部をそのまま引用。



連載が開始された50年前、男性の下着は“さるまた”の時代であった。
現在のトランクスとは異なりブカブカした外見で…中略、男の股間をキリッと締め上げるブリーフは最高にスポーティーな最新アイテム・・・

ということで、作者のさいとう・たかお氏の「世界を股にかけて活躍する殺し屋にふさわしい」のひと言で採用、という落ち。

確かに立ち回りの多いゴルゴにはブリーフがうってつけ。
さらにトランクスではデカパンおじさんになってしまい、さまにならない。

《写真のシーン、トランクスでは絵になりませんね》

これで謎は解けた、と安堵する諸氏も多いのでは? あるわけないか。



日々の出来事ランキング


春が来た♪ うちに来た♪

日記
02 /11 2018
                                         【晴れ・3度】
 うちの庭にもようやく春が。


全国各地から開花が告げられていたのに、うちの梅の花は音沙汰なし。

それが昨日ようやく一輪見かけた。

何はともあれ良かった。

ここ数年、まばらだった木に今年は蕾が満載。多数の開花が予想される。
この調子でいけば梅の実の収穫もかなり期待できそう。(捕らぬタヌキとならねばよいが)
 《ピンボケのほど、お赦しあれ》



世間様ではオリンピックでにぎわい始めたようだが、うちではこちらも音沙汰なし。
なんら興が起きないのだ。
以前はこんなことはなかったのであるが。理由は分からない。
まあ、これから観るとしたら「ジャンプ」「スピードスケート」「アルペンスキー」ぐらいか。
興が乗ったらのこと。



日々の出来事ランキング

あり得ないでしょう、こんなこと

日記
02 /10 2018
                                         【雨・5度】

昨日うちの奥さんから「今、お父さん(自分にとっては義父)の家にいるんだけど、口座から訳の分からないお金が引き落とされている」との電話連絡が。

仰天しました。金額を聴くと29万円余り。

それから奥さんが金融機関を訪ね、事情を聴いたところとんでもないことに。
そこの職員が言うことには「当方の手落ちでした。引き落としの口座番号を間違えていました」と。

なんだそりゃ。

義父は確か80に手が届くかという高齢。
引き落としの名目が「車の掛け金」ということでしたが、免許は持ってないしもちろん車も持っていない。

どうやったら番号を間違えるんだ?システムは分からんけど基本中の基本ではないか。
うちの奥さんは窓口から急きょ別室に招き入れられ、平謝りに謝られたそうですが自分だったら怒鳴りつけていましたよ。

だってそうでしょ。
下手すると暫く気がつかなかったかもしれない。金額が1万、2万だったら気づかないままだったかもしれない。
金融機関と預金者は信頼関係の上に成り立っています。それが今回のようなことがあったら安心して預けてもいられません。

なのにねぇ。
うちの奥さんときたら手土産を貰って大人しく帰ってきてるんですから。多少は文句の一つぐらい言ったかもしれないけど。

しかもその手土産というのが洗剤、ティッシュ、ラップ等々。いわゆる粗品というやつ。
貰ってきた方も方ですが、渡した金融機関側もね。これで済まそうというんだから虫が良すぎ。

ただ、当の義父が「もう、いい」というので今回は不問に付しました。当初は「銀行に替える」とスゴイ権幕だったんですけどね。
人がいいというのか、世に疎いというか。



日々の出来事ランキング

「ハウルの動く城」ならぬ「宮崎の動く県庁舎」

日記
02 /09 2018
                                         【晴れ・3度】
重さ3千トンの建物がゆっくりゆっくり移動。

 5gou4.png  5gou5.png
  《宮崎県庁5号館・県ホームページより》 《「曳家」の移動経路・2月8日付朝日新聞写真より》

動いたのは宮崎県庁5号館。新庁舎の建設にともない、「大引っ越し」が実現したもの。
県は当初、建物を解体した上で外観の一部を復元する計画でしたが、保存を求める声が上がり計画を変更。

同館は92年前の昭和元(1926)年に建てられ、赤レンガの外観が特徴。宮崎市の景観重要建造物に指定されています。

いやあ、それにしてもすごい。

移動は、建物ごと専用のレールに乗せて動かす「曳家(ひきや)」と呼ばれる特殊な工法を採用。
建物の下に移動装置を組み込み、油圧ジャッキで押して動かすそうですが何しろ3千トンの大物。1日平均2メートルほどしか動かせず、完了も予定より約1ヵ月ずれ込んだとか。

昨年末に着工。北西に約40メートル動かした後、その場で建物を約100度回転。さらに北へ約30メートル移動させる大工事で、間もなく終わる予定。


自分が最初にこの工事を知ったのは宮崎のブロ友さんの投稿を見てのこと。この方は工事関係者のお一人。
とは言え、この方が従事していた工事がこの件だったかはまだ未確認。しかし、同じ宮崎でこれだけの大仕事となるとまず間違いないところ。

「大変だけど頑張る」と張り切っていらしただけに完了の際には「ご苦労様でした」の声を掛けてあげたいです。



日々の出来事ランキング

「自然との共生」今こそ必要なとき

日記
02 /08 2018
                                        【曇り・0度】
今日は寒さがちょっとやわらいだ感じ。良かった良かった(^^♪

昨日、一昨日と寒さの話題を載せているうちに猛烈に観たくなった映画が。
何かといえば「デイ・アフター・トゥモロー」。そう、異常気象により地球が壊滅的な状況に追い込まれる様子を描いたスペクタクル大作。

      megami.png
    《アメリカのシンボルともいえる自由の女神に津波が襲い掛かり、この後凍結する》

大粒の雹(ひょう)が降り始めたのを手始めに竜巻、豪雨、津波、果ては、あらゆる物体を瞬時に凍結させる「スーパー・フリーズ現象」を含む大寒波が押し寄せ、地球を氷河期に追い込むという設定。

普段大災害と呼ばれる現象が一挙に襲い掛かるのですからどうしようもありません。。。人類は祈るのみ。

映画では、こうした現象が起こる以前に科学者が気象データを基に対策を求めたのに対し経済を重視する政治家がまともに取り合おうとしなかったことを描くことで、現在の情勢に警鐘を鳴らしているようでした。

それにしてもVFXを駆使した画面はとてつもない迫力。自然の驚異を前にした人間の無力さを改めて思い知らされました。

映画ほどでないにしても、これまでにない気象現象が今回の福井豪雪を始め豪雨や台風の形で現実の世界でも実際に現れています。
皆さんも最近の災害のたびに「観測史上初」という言葉を何度も耳にされているのではありませんか。

昔からいわれてきた「自然に逆らってはならない」の言葉を改めて思い返す時間でした。



日々の出来事ランキング

あわてな~い、あわてない♪

日記
02 /07 2018
                                        【晴れ・-2度】
今日も寒さのニュース。ここしばらくはこれしかないって感じ。
福井県の国道8号線が埋まって立ち往生。写真を見たらすさまじいね。

そら、そうだよ。高速道路が通行止めになったら国道へなだれ込む。ただでさえ雪で渋滞しているところへこれだからhelpless(お手上げ)
またまた学が出てしまった。申し訳ない。

と、バカを言ってる場合じゃない。
さっそく知り合いにメールを入れてみたが返事がない。対応に大わらわだったりしてなぁ。

自分が現役の時にもよくあった。これは長距離ドライバーにとっては宿命みたいなもの。


しかし、ものは考えよう。毎度毎度、急げとせかされてる我が身からすればこれはめったにない休養時間。
水と食料さえあればテレビでも見ながら解除を待つだけ。山の中で孤立したのと違うからね。

それにしても行政から救援物資が届けられるとは。災害でもないのにね。それだけひどいってことか。
つまり、災害並みってこと。

まあ、閉じ込められた皆さん、あせらずゆっくりね。ジタバタしてもしようがありませんよ。

おっと、一つ大事なことを忘れてた。一酸化炭素中毒。

車の排気口が雪で詰まって排気ガスが車内に流れ込んできますからね。これ、絶対注意。
特に車高の低い乗用車は気をつけて。今回も被害者が出てたみたいです。



日々の出来事ランキング

寒波で熱帯魚「凍死」 白浜に大量漂着

日記
02 /06 2018
                                        【晴れ・-3度】
ええっ? うそだろう。そんな思いが駆け巡りました。

和歌山県白浜町臨海の北浜海岸に「凍死」した熱帯魚が大量に漂着している、とあったんです。
原因は、寒波の影響で海水温が低下したことにあるようですが、熱帯魚とはいえ魚の凍死を聞いたのは初めて。


漂着は1月20日ごろから始まったようで28日は8種18匹、29日は15種31匹、30日には21種62匹に増えたといいます。
さらに31日は7種19匹、2月3日に10種31匹、4日にも16種28匹とほぼ連日。

魚種はハナキンチャクフグ、カモハラギンポ、イシガキフグ、ヘラヤガラなど。

海水温は1月に入って低くなり、27日と28日には11度台を記録したといいますが、これぐらいで死ぬの?って感じ。
                         《凍死して海岸に打ち上がった様々な魚類》


うちの辺りでも今朝は氷点下を記録し池も全面凍結。
それでも金魚君たち、動きはあまり速くないものの氷の下で遊泳している姿が見られますよ。

やっぱり熱帯魚だからでしょうかね。



日々の出来事ランキング

似非予報士の天気解説

日記
02 /05 2018
                                        【晴れ・-1度】
寒い。といっても氷点下1度ですけど。でも寒い。
これだけ寒いと天気予報が気になり、よく見る。そうすると天気図の見方が分かるようになり賢くなった気分。(気のせいか?)

ではその博識ぶりを披露しよう。


冬型の天気図は西高東低で表されることは皆さんご存知の通り。
西高東低とは読んで字のごとく西側に高気圧、東側に低気圧が存在する気圧配置で、まさに今の頃がそれ。《写真》
そして北西の風が吹きやすくなります。

現在の状況は、日本海にある低気圧が発達しながら東北東に進んでいますが、サハリンから張り出す高気圧の勢力が強いためこの低気圧の動きが遅くなっているところ。

このため北日本上空5000メートル付近には-39度以下の強い寒気が流入。この影響で日本海側を中心に雪が降っているわけです。


どうです、お分かりいただけたかと思いますが。えっ?分からないって。 そうですか、スミマセン。
先に述べた博識ぶりは撤回。付け焼刃の知識ではこんなもの。

あ々、疲れた。
ハッキリ言ってとにかく寒いということ。特に今週いっぱいは。お互い気をつけましょうね。

うちの梅の木の開花、葡萄の芽吹き、カマキリの孵化などの兆候は全くなし。さもあらんか。



日々の出来事ランキング

フードロス 消費者側にも問題あり!

未分類
02 /04 2018
                                         【晴れ・0度】
節分の日の3日が過ぎ、今年も山と積まれた食品の残骸。そう、恵方巻きの売れ残り。

さっそくコンビニによる廃棄の実態が報道されていましたがそれを見て愕然。
その量の多さもですが、もっと驚いたのはリサイクルセンターに持ち込まれた時間の速さ。当日の3日午後には運ばれてきたといいます。

          nokori.png
           《豚の飼料に処理される恵方巻きとその食材》

センター社長によると「こうした廃棄食品は店頭に並ぶことすらなく、食品工場から直送されていることが多い」とのこと。
続けて、「不足しないよう、工場側は多めに作る必要があり、大量に余ってしまうようだ」と。

近年言われるフードロスに対する懸念、批判はどこ吹く風。これは一工場の実態。全国的な規模を思えば悲しくなります。

しかも昨年あたりから高級化してきたといいますからあきれるほかなし。高価な海産品を使った1本3000円~5000円クラス、果ては1万5000円のものまで。

1本1万5000円?なんだそりゃ、と思いますよね。これは本マグロの中トロやズワイガニなどの高級食材18種を金箔のりで巻き、さらにその上にキャビアを乗せたものとか。

余剰を気にせず作れ作れのコンビニ、スーパーなど。値段は気にしない、と高級物を買い求める消費者。
いくら飽食の時代とはいえ両者とも狂っている。

恵方巻き、このブームを招来したのはコンビニなど業界にあるのは明らか。そうした「売らんかな」の姿勢に踊らされる連中は自分に言わせると馬鹿です。

自分は業界の努力でこの現状を何とかしろと書いてきたがもう無理。愚かさに気づいた多くの消費者が買うのをやめるしかない。 早く気づけよな!



日々の出来事ランキング

「戦争を知らない子供たち」と「戦争は知らない」

日記
02 /03 2018
                                        【晴れ・-3度】 
今週の「もういちど流行歌」は1971年4月の曲。 
          特集はジローズ の「戦争を知らない子供たち」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10         オリコントップ10  

 1位 戦争を知らない子供たち(ジローズ)     知床旅情(加藤登紀子)
 2位 花 嫁(はしだのりひことクライマックス)  ナオミの夢(ヘドバとダビデ)
 3位 知床旅情(加藤登紀子)           花 嫁(はしだのりひことクライマックス)
 4位 空に太陽がある限り(にしきのあきら)    空に太陽がある限り(にしきのあきら)
 5位 しれとこ旅情(森繁久彌)          傷だらけの人生(鶴田浩二)
 6位 ある愛の詩(フランシス・レイ)       雨がやんだら(朝丘雪路)
 7位 雨がやんだら(朝丘雪路)          ローズ・ガーデン(リン・アンダーソン)
 8位 ナオミの夢(ヘドバとダビデ)        この胸のときめきを(エルヴィス・プレスリー)
 9位 傷だらけの人生(鶴田浩二)         望 郷(森進一)
10位 この胸のときめきを(エルヴィス・プレスリー)ノックは3回(ドーン)

先週掲載の次の月。ですから登場曲がちょっとダブっています。

なんといってもまずはこの曲。「戦争を知らない子供たち」。戦争のない世界への願いを込めた曲でしたが、発表当時は賛否両論ありました。戦後間もない世代の自分たちには忘れられない歌です。

これよりちょっと前に似たタイトルで「戦争は知らない」という曲がありました。元祖マルチ・アーティストのといわれた寺山修司が作詞し、フォーククルセダーズが歌ってヒットした歌。
自分は両方とも好きでしたが、どちらがと問われたら後者と答えます。
このコーナーでは紹介動画は載せてきておりませんが今回は是非聴いていただきたいと思いアップしました。お聴きいただけたらとっても喜びます(^^♪

これらと好対照だったのが読者アンケート9位にランクされた「傷だらけの人生」。鶴田浩二が語りかけるようにして歌った曲調と共に冒頭での「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」のセリフが今も耳に響きます。


   
              《新フォークルで「戦争は知らない」》



日々の出来事ランキング

将棋界 大盛り上がり(^^♪

日記
02 /02 2018
                                         【晴れ・0度】
   特報!!
   藤井4段史上初の中学生5段 止まらぬ快進撃

止まりませんねぇ。

将棋プロ棋士藤井聡太四段が昨日あったC級2組順位戦で勝利し9勝0敗の好成績で同級1組への昇級を決め、同時に五段への昇段も果たしました。

今月17日には朝日杯の準決勝で公式戦では初めて羽生善治竜王と対戦します。この棋戦で優勝すれば6段に昇段することになり、実現となればとてつもない快挙。

なお、藤井新五段は現在、対局数、勝ち数、勝率のランキング部門で全棋士中トップ。


自分は現在、放映中のアニメ「りゅうおうのおしごと」に夢中。
同アニメでは16歳の高校生棋士が [アニメ] 将棋界最高のタイトル「竜王」を獲得。

この天才棋士が中心かと思いきや9歳の小学生女児が登場。
その能力は、この棋士を上回るのではないかという空恐ろしい設定。
まだ始まったばかりですが、これからの展開が楽しみ。

実は今日の記事としては、こちらのアニメ紹介をメインに考えていたものでしたが、藤井五段の快挙の前に急きょ変更した次第。
         《人気のアニメ「りゅうおうのおしごと》



それにしても現在の将棋界は藤井五段の活躍はもとより、アニメ「3月のライオン」「りゅうおうのおしごと」への天才少年少女棋士の登場などで大盛り上がり。

ちまたではプロ棋士の人気が子供たちを中心に急上昇。
さて、世のお父さんお母さん方よ、子供から「棋士になりたい」といわれたらどう対応しましょうか?



日々の出来事ランキング

ひょっとして自分はナマケモノの生まれ変わり?

日記
02 /01 2018
                                        【曇り・2度】
今日から2月。といっても何ら変わることのない毎日。
朝起きたら庭に出てまず葡萄の芽吹きの様子を確認。そのあと温度計を見て、金魚君たちのご機嫌を伺う。

ここんところの早朝の日課はこれの繰り返し。

それにしても葡萄の芽吹き、じれったい。植えるのが早かったのだろうか。ネット上でも2月、3月が植えごろとあったからなぁ。
気が気でなく、毎朝の見回りになっているというわけ。


標題にあんなこと書いてナマケモノ君に怒られますね。すんません。

さて、現在取り立ててすることもなく3日ほど前に届いた市報をながめている。
それに今月の催しがいろいろ載っている。

簡単に転載してみると「パソコン講座」の受講者募集、「食改さんの料理教室」の参加者募集、「60代で60分のウォーキング」の参加者募集、「登山愛好者のための講習会」の受講者募集等々。

あるもんですね。このほかにもズラリと並んでいます。
こら、「こんなのに参加すれば暇を持て余すことなく毎日忙しく過ごせる」なというのが読んだ感想。

じゃあ、やってみようかにはならない。

確かにこれといって何かやってるわけではない。でも、暇を持て余しているという自覚はないんです。いや、むしろ時間の経つのが速いと感じているほど。

で、いろいろ考えてみたんですが要するに動きたくないだけ。
何もせず、ぼーっとしていられる人間なんだなということに改めて気づいたという次第です。



日々の出来事ランキング

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。