FC2ブログ

あのころキミは若かった(ほろにが)

日記
12 /11 2017
                                        【晴れ・8度】
 今週の「もういちど流行歌」は1975年3月の曲。 
            特集は 風 の「22才の別れ」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10        オリコントップ10  

 1位 年下の男の子(キャンディーズ)      22才の別れ( 風 )
 2位 22才の別れ( 風 )          我が良き友よ(かまやつひろし)
 3位 我が良き友よ(かまやつひろし)      私鉄沿線(野口五郎)
 4位 プリーズ・ミスター・ポストマン(カーペンターズ)   昭和枯れすすき(さくらと一郎)
 5位 私鉄沿線(野口五郎)           スモーキン・ブギ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)
 6位 昭和枯れすすき(さくらと一郎)      この愛のときめき(西城秀樹)
 7位 スモーキン・ブギ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)おんなの夢(八代亜紀)
 8位 さらばハイセイコー(増沢末夫)      学校の先生(坂上二郎)
 9位 木枯らしの二人(伊藤咲子)        さらばハイセイコー(増沢末夫)
10位 みかん色の恋(ずうとるび)        哀恋記(五木ひろし)

フォーク調の歌ながら多くの人に支持され、すっかりポピュラーソングになった「22才の別れ」。かぐや姫時代に「しょうやん」の愛称で親しまれた伊勢正三の作った歌だ。
これは自分にとっても思い出深い。当時ギターにハマっていた自分にとって「人に格好よく聴かせたい」という思いにピッタリの曲だった。印象深いイントロで始まり、曲中でもスリーフィンガー奏法の美しいメロディーに加えビブラートをかけたりシャッフルしたりと聴かせどころ満載。拍手をもらうと調子に乗る、まさにカッコマン。若かったんですねぇ。
それも今は全然ダメ。トラック運転手時代に荷台のシャッターに指を挟み中指を骨折。今でも中指はまっすぐに伸びず動きもままなりません(泣)
「年下の男の子」「我が良き友よ」「プリーズ・ミスター・ポストマン」以下、ほかの曲も忘れられない曲ばかり。「スモーキン・ブギ」のヒットで「つなぎ」が流行ったのも懐かしい思い出。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。