FC2ブログ

ありがとうございました~(^^♪

日記
12 /31 2017
                                         【曇り・5度】
もう、オーラス。何を書いて締めくくろうかと考えたが、何もない
大晦日の感慨もない。ただ12月から1月へ月が替わるだけのことと味気ない

昨日も書いたが、今年は良くもなく悪くもない平平凡凡の1年だった。これを好としようとも書いた。
本当か?、というとちょっと違う。やはり刺激がないのも物足りない

とはいうものの来年こそという気概がない。近年、何かをやろうと具体的な目標を持ったこともない

ここまで書いたことを見返してみるとまさに、ないない尽くし。

いかん、いかんぞ。一念発起。まだ年越しまで半日あるではないか。何とかしろと心の奥の自分が叱咤する。

来年はNHK大河ドラマで“せごどん”が放映される。日本近代化の礎を築いた先達を多く輩出した薩摩藩。
彼らを思うと何かせずにはおれない。

よ~し、がんばってみよ~♪ なんか軽いな。


こんな自分です。
今年1年拙ブログを訪ねていただいた皆様、本当にありがとうございました。また多くの方に励ましやPC操作のイロハを教示いただきました。
来年、何が出来るか分かりませんが頑張ります。皆様も健康に留意され、明るく良い年をお迎えください。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



我が家の一大ニュース

日記
12 /30 2017
                                        【晴れ・-1度】
今朝はちょっと寒かった。
今年も今日を入れて後2日。皆さんのブログをお訪ねすると“我が家の十大ニュース”なるものが目につく。

ならば我が家もと考えてみたが思いつかない。
第一、そんな昔のことを思い出すわけがない。自分にとって3日前は昔、1週間以上前は大昔なのだ。

そういう中で絞り出したのがただ一つ。これしかないというやつ。

        4ike.png
                 《完成直後の池周辺》

そうです。池の拡張工事。構想から竣工まで約3ヶ月。なみだ涙の物語。
ですが、ここではその苦労は語りません。
完成直後の水道栓開放、金魚の放流に感激したことだけを述べておきます(涙) こちらはうれし涙。

それで残りの九つはとなると、これがなし。な~んもありません。見事になし。平平凡凡の毎日。

これが1年の総括・・・・・? まあ、な~んもなかったことを好としましょう。


最後にご報告を一つ。


新入りの金魚君が重大な病気ではなかろうかと書きましたところ多くの方にご心配をいただきました。

その後の様子からして病気ではなく、身体の部位の不備からきている、つまり身体障害。腹びれの片方が小さいうえに動かずバランスをとれないようです。

普通に泳ぐ分には支障はありませんが驚いたりして急に動くとひっくり返って1回転。
でも大丈夫。現在は赤ダルマ君と一緒に水槽で元気に泳いでおります(^^♪

                              《不自由ながらも元気です》


日々の出来事ランキング

たき火だ たき火だ~♪

日記
12 /29 2017
                                        【晴れ・3度】
こんにちは。毎日穏やかな日が続いています。
そんな中、子供たちが帰省し元気に勢ぞろい。でも盆にも帰ってきているのでそんなに変わり映えなし。

そのうえ特に語ることもないので自分としては手持無沙汰。
なのに、うちの奥さんときたら間を置くことなしにしゃべり通し。話の種も尽きることがないようです。

       
      takibi.png      RSCN3001.jpg 
          《久々の焚火》           《焼きたてのホクホク》

昨日は残っていた小さなごみを焼却処分。あわせて芋を放り込んで焼き芋を楽しみました。
芋は大きすぎてそのままでは中まで焼けないのでカット。アルミ箔に包みました。

外気の冷え込み具合もちょうどいいぐらいで本を読みながら火の番。

しばしの後、結果は如何にと見てみたら8個焼いたうちの半数は黒こげで、中心部辺りをかろうじて食べられるだけの有様。トホホ

反省点。
  アルミ箔を一重に巻いただけのため剥がれて皮がもろ焼け。二重三重に巻くべし。
  燃えているところに直接放り込まず、後の熾火(おきび)に入れるべし。これ鉄則。

という久々の焼き芋。いろいろありましたが美味しくいただきました(^^♪



日々の出来事ランキング


今は昔 「青春の城下町」

日記
12 /28 2017
                                        【晴れ・-1度】        
        kanoya.png
                  《君の家は?》

上の写真は先日紹介した城跡の高台から市街地を写したもの。
ビルが立ち並びそれなりには見えますが、中心部はシャッター街と化し昔の面影は無し。

我が街は四方を小高い山に囲まれた盆地。
先日書いた鹿屋城は山城であり、石垣すら残っていないため城跡としての風情はあまりありませんが、大手口のあった界隈は現在でも大手町と呼ばれ、城下町の雰囲気を多少は感じさせてくれます。

こんなことを書いているうちに思い浮かんできたのがこの歌。

   流れる雲よ城山に / のぼれば見える君の家 ♪
   灯(あか)りが窓にともるまで / 見つめていたっけ逢いたくて ♪ 
   ああ青春の思い出は / わがふるさとの城下町 ♪

タイトルもズバリ「青春の城下町」。1960年代だからもう半世紀になる。

当時、「学べる好青年」と呼ばれた紅顔の美少年も今や還暦を過ぎた総白髪の好々爺。
(紅顔の美少年も好々爺も自分のこと。念のため)

歌詞にあるような淡い初恋から幾星霜。あと少しでまた年を取ってしまう。年月とは残酷なものです。


うん?
今日のお前は熱があるんじゃないか、との声が聞こえてきそう。



日々の出来事ランキング

ヒョコヒョコ クリックもうやめ

日記
12 /27 2017
                                         【晴れ・5度】
今さら感のあるクリスマスの話題。

我が家は普通に語られるクリスマスとは無縁。子供らが小さかった頃の名残りのようにショートケーキと手羽先が出てくるだけ。


そこで、せめて雰囲気だけでも映画で得ようと観てみる。

そうなると観るのは勿論「ホームアローン」

マコール・カルキンの演じたケビン坊や。可愛かったし内容も秀逸でしたね。

ちょこっとではありましたが教会のミサや街の飾りつけでクリスマスを味わい、さらに泥棒とケビンのハラハラドキドキを楽しみました。


ところでこの映画、何で観たと思います?なんと何とアマゾンのプライム会員向け無料提供の映画だったんです。
でも、本や漫画など見放題のキンドルは以前インストールしていた覚えはありますが、プライム会員として登録した記憶はなし。

観れたということは会員になっているということ?それとも会員以外でも一部なら観れるってこと?
その辺がよく分からない。後で確認してみる。

それにしても分からないまま申し込んでいたり、そのことを覚えていないのであれば大変なこと。
まあ、多額の金銭に関わることでなければいいのですが。

何にでも興味を持って首を突っ込みたがるのは、もうやめ。それがいいですね。うん、うん・・・



日々の出来事ランキング

楽しく遊べばいいのにね

日記
12 /26 2017
                                         【曇り・5度】

クレーンゲーム機などを設置したゲームセンターが摘発され、社長らが逮捕されてましたね。
逮捕容疑は、景品が取れない設定にして客から料金をだまし取ったという詐欺容疑。

ゲームは1回500~1万円。
報道によると「景品は電動立ち乗り二輪車や家庭用ゲーム機、入手困難なアニメのフィギュアやぬいぐるみなど1点最高数万円程度のものを展示。失敗を続ける客のそばで店員が『今やめるともったいない』などとあおり、こっそり設定を変えて客に代わって成功する様子を見せていた」といいます。

これらのゲームは風営法によって管理されており、本来800円以上の景品を提供することが禁じられています。ですから詐欺容疑もさることながら高額景品を提供していたこと自体も違法。

ただ、直接の賭博ゲームと違い遊戯的な面もあることから警察など監督官庁もある程度までは目をつぶっていたという実態があったわけです。

しかし今回の場合は悪質。
最近は「取れない」「おかしい」などの苦情が相次いでいたといい、警察では2015年以降、同センターで少なくとも36人が計約600万円の被害に遭ったとみているようです。

たぶんこれは氷山の一角。被害はこんなものじゃないだろうし、他のゲームセンターでも行われている可能性は大きい。

それにしても、やった方もやった方だけどやられた方もバカだね。どっちにしろ店側が勝つようになってるんだから、ここまで熱くなるなってこと。

そういえば以前、自分も「一発ゲットした」などとこの欄に誇らしげに書いていましたね。後で景品のキラーマシンの値段を調べてみたら2千円前後で販売されてたから、厳密にいえばあれも違法ということ。

そこらあたりを目をつぶっていたってこと? うん、それぐらいはいいよね。



日々の出来事ランキング

公平な場で競わせたい

日記
12 /25 2017
                                        【晴れ・7度】
昨日はテレビ三昧でした。
で、いろいろ書きたいことも多いのですが記事面も限られていることであり、今日のところはこれだけ。

何かというと全国高校駅伝について。(有馬記念は負けたので書かない(^^♪)


いきなりですが、皆さんは同駅伝に出場する助っ人ランナーについてどう思われるでしょうか。
自分としては何年経っても馴染めないし、納得できません。

留学生という名で外国の有力選手を呼び入れる。知名度を上げたい私立高校の戦略が見え見えです。

一定のリードを保っていても留学生の登場で一気にひっくり返ってしまう。事実これまで優勝したチームにはこれら留学生の所属していた高校も多い。

今年の大会も同様であった。
活躍した留学生に罪はありません。彼らは与えられた場でその力を発揮しただけ。それは称賛に値します。

しかし同大会は日本の高校生の力量を競う大会のはず。
資金力のある私立高校だけが特別に戦力のアップが図れるこの制度は不公平そのもの。

これはおかしいでしょう。成績至上主義のプロとは違う。そう思う自分は度量が狭いんでしょうか。

もっとも「日本人高校生のレベルを上げるのに役立つ」「そこまで目くじらを立てることもない」などの意見があるのも承知。
なお、国内においても有力な中学生の引き抜きがあるとも聞く。

何はともあれ彼、彼女ら自身が納得できる大会になるのであればそれでいいのだが。難しいね。



日々の出来事ランキング

歴史探訪!たまにはいいかも

日記
12 /24 2017
                                        【曇り・5度】
昨日散歩を兼ねて鹿屋城(別称・亀鶴城)を訪ねてみた。40数年ぶりかな。
鹿屋城(正確には城跡)は、我が街の北西に位置する山城で、今では一部公園化されている。

 siroyama.jpg siroyama2.jpg siroyama3.jpg
  《今は公園化された城跡》   《狭い切通しが行く手を阻む》   《高い崖が侵入を防ぐ》

城郭は本丸、二の丸に加え中城、松尾城、大明城、今城、取添城の出城から成っていたとあるが、残念ながら現在では石垣すら残っていない。

とは言え現地に立つと、うっそうと生い茂った大木と隆起した火山灰大地をたくみに利用した城廻りの様子から当時の堅固さがうかがわれる。

この城の始まりは鎌倉時代の承久年間といわれ、支配者を替えながら連綿と続く。その間もこの城を中心に争いの攻防が繰り広げられたという。

当時中央では源平や有力御家人の争いが行われていたことは知られていましたが、我が街のような田舎でも殺し殺される壮絶な戦いをやっていたということ。

身近でもそんなことがあったんだ。そんな感慨を覚えずにはいられません。

故郷を知り、歴史を知る。たまにはこんなことも必要かな、と感じた一日でした。



日々の出来事ランキング

飼育する者の責任

日記
12 /23 2017
                                        【晴れ・-1度】

 koneko1.pngkoneko2.pngkoneko3.pngkoneko5.png
      《以前同時に飼っていたネコ君たち 下にあるバナーのネコ君たちです(^^♪》


ペットフードの業界団体が、ペット数で猫が犬を逆転と発表してました。
その数は猫が953万匹(前年比2.3%増)、犬が892万匹(同4・7%減)、あくまでも推計。

いやあ、意外でした。
以外というのは猫が多かったことに対してではなく、自分的には数年前から猫のほうが多いだろうとの思いがあったから。

ブログでも犬猫の様子をよく拝見します。ちゃんと世話をし、可愛がってらっしゃることが伝わってきて微笑ましい。

同時に思うことは、金がかかるだろうな、ということ。
餌代は勿論のことゲージ、アクセサリーに遊具、果ては衣装まで。これに医療費が加わる。

でも気持ちは分かります。どちらにしても、その存在だけで癒してくれますから。

ただ、ヘビーオーナーである皆さんに対しておこがましいのですが、一言だけ言わせていただきたい。
それは死を迎えるまで彼、彼女らを大切に慈しんで欲しいということ。

犬猫の放置・遺棄が社会問題になっていることはご存知の通り。命あるものを預かる以上大きな責任があります。勿論これはペット業者にもいえること。

興味本位だけでは長続きしません。よろしくお願いしたい。



日々の出来事ランキング

やっぱりゴンが可哀そう

日記
12 /22 2017
                                        【晴れ・0度】
DVDで新美南吉の「ごんぎつね」を初めて観ました。
初めてといってもDVDが初めてということで、もちろん絵本ではずいぶん昔に読んでいました。

DVDといってもアニメではありません。
絵本作家の黒井健さんが描いた絵に合わせて今は亡き俳優の大滝秀治さんの語りが入る、いわば電気紙芝居といったところ。


それにしても表現が豊かで優しい大滝さんの語り口のすばらしいこと。
ずんずん引き込まれていきました。

さらに、ところどころで挿入された音響の効果で絵本とは違った味わいが。

日本国民のほとんどが知っていると言っても過言ではないのでストーリーは書きませんが、この作品も受け取り方が難しい。


何かの寓意を含んでいるのかもしれませんが、よく分からない。

言えることは、ゴンの哀れ。
ゴンのいたずらに始まったこととはいえ、なぜ死なないといけなかったのか。これ、昔から自分が持っていた義憤でした。

最後に兵十が「お前だったのか。いつも栗をくれたのは」と訊いたのに対し、ぐったりなったゴンが目をつぶったまま頷く場面なんか、もう涙なみだ。

繰り返しになりますが、なんで新美さんはゴンを死なせたのかな。


このDVDは知人のヤングママからお借りしたもの。今でも読み語られているようです。



日々の出来事ランキング

テレビ あんまし観てないな

日記
12 /21 2017
                                         【晴れ・0度】

こんにちは。今朝はちょっと冷え込んだぐらい。寒さに体が慣れてきたのかな。


新聞のラテ欄でTVランキングなるものを見かけた。
これまでも載っていることには気づいていたが興味がなかったので見もしなかったし、取り上げたこともなかった。

ビデオリサーチの視聴率日報(北部九州地区)をもとに作成してあるそうです。
ちょっと紹介してみますね。(12月11日~12月17日)

   ①ドクターX  ②わろてんか(12日)  ③サンデーモーニング
   ④ザ!鉄腕!DASH!!  ⑤報道ステーション(11日)  ⑥サザエさん
   ⑦THE MANZAI 2017  ⑧相棒  ⑨世界の果てまでイッテQ!
   ⑩あさイチ(13日)  ⑩中居正広のキンスマSP  ⑫マツコの知らない世界
   ⑫コウノドリ  ⑭そこまで言って委員会NP  ⑮行列のできる法律相談所
   ⑯新・情報7daysニュースキャスター  ⑰世界一受けたい授業SP
   ⑰おんな城主直虎(終)  ⑲アサデス。KBC(12日)  ⑲笑点  ⑲陸王 

なるほど、こんなもんですか。

よく観ていたもの  おんな城主直虎、サンデーモーニング
時々観ていたもの  ドクターX、陸王、報道ステーション、サザエさん
他は観たことなし。 

こんな感じかな。 



日々の出来事ランキング

どうにかしてくれ 空き家問題

日記
12 /20 2017
                                        【晴れ・-1度】
これ、困ったもんです。十数年来の空き家。
今ではごらんの通り樹木と竹が生い茂り家屋も見えないほど。でも、山の中の一軒家じゃありません。

れっきとした住宅地にあり、うちの隣の隣。

        akiya.png
             《門柱と家屋の一部がかろうじて見えてます》

犬猫の巣になる、子供たちのたまり場になりかねない、衛生上心配、ということなどでこれまで市にもずいぶん掛け合いましたが進展なし。
持ち主の所在地不明で困っているとは市職員の返事。

本来こうした空き家は「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)」で所有者の責任ということになっており、管理不全で周囲に人的・物的損害を与えた場合は賠償等も考えられるものです。

ところが前述したように所有者不在で改善を求めることができない事例がほとんど。分かっていても経済的な理由から放置されているのが現状。

つまり、法律は整備されたものの強制力がないため実効性がなくズル伸びになるばかり。

現行法(空家法)でも固定資産税の減免措置解除、命令違反者への50万円以下の罰金、行政代執行などが科せられるようになっているようですが、これでも生ぬるい。しかもこれらは顕著な事例に限られたものばかりで、その他はほとんどが野放し状態なんです。

そのうえ所有者不在問題。
これについても、もはや警察力を借りてでも所在地を突き止め責任を果たさせるべきです。

この問題はうちだけのものではない。以前から全国でもいわれ続けていること。
もういいんじゃないか。このままでは絶対になくならない。何かあった時誰が責任を取る?



日々の出来事ランキング

モグラ君が愛おしくなりました(^^♪

日記
12 /19 2017
                                        【曇り・1度】
まだ活動してたんですね。モグラ君。
写真にあるようにモグラ塚がもっこり。上の方が約1ヵ月前で手前ののが1週間前。

         DSCN2916.jpg
                《まだまだ元気に活動中》

冬眠するのかと思いググってみましたが特に記述はなく、しないようです。

今回仕入れたにわか知識を列挙してみます。

 日本には4属7種のモグラ類が北海道を除く全国に生息。
 太陽に当たると死ぬといわれてきたがこれは間違い。
 農作物を荒らす害獣として扱われてきた。

なるほど、なるほど。あまりいい風には見られてませんね。
しかも、害獣扱いの上に毛皮目当てに随分捕獲されていたとも。ズボンやベスト、婦人用コートなどに活用されていたようですが、コート1着作るのにどれだけのモグラ君が犠牲になったものやら。

以前この欄でもモグラ退治の記事を掲載しましたが、もういいです。穴を掘られるぐらいなら特に被害もないので自由にさせてやります。



よく見たら可愛いんですよ。

光を認識しないため明るいところで飼育するのも可能とあったので、捕まえることが出来たら飼ってみてもいいかな、なんて思います。餌はミミズや昆虫の幼虫など。

でも、その餌の確保が難しい。ちょっと無理かな(^^♪




日々の出来事ランキング

いよいよ始まる「西郷どん(せごどん)」♪

日記
12 /18 2017
                                        【晴れ・0度】
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が終わってしまった。

年間平均視聴率が12・8%で、歴代ワースト2位だったそうです。そんなに面白くなかったかな。
自分的には良かったと思うんですけどね。


さて、来年はいよいよ西郷さん。
西郷を鹿児島では「せご」と呼ぶ。だからタイトルも「さいごうどん」ではなく「せごどん」。

       segodon.png
           《雄大な桜島をバックに翔ぶ駆ける せごどん》

今度は作家・林真理子の原作とか。

今年の直虎はほとんど歴史上に現れることがなかった人物で、資料も少なかったといいます。それに対し西郷隆盛はこれまで大河で数多く演じられてきただけでなく、教科書などにも登場するほどの有名人。

視聴者の持つイメージもそれぞれの中で固まっている面もあるに違いない。
それだけにちょっとやそっとの表し方では納得してもらえないかもしれない、と思うがどうであろうか。

なにはともあれ地元鹿児島の偉人の登場。大いに期待したい。
そして数多く出て来るであろう桜島や南の島々の景色・風俗を楽しんで欲しい。



日々の出来事ランキング

「転覆病」 いかにもそのまんま

日記
12 /17 2017
                                        【晴れ・3度】
先日、金魚の白ダルマの様子がおかしいことを書きました。
やはりおかしいです。真っ直ぐ泳げないばかりか、どうかするとひっくり返りそうで何とも痛々しい。

          byouki.png
    《ひっくり返っています(「転覆病」ホームページよりお借りしました)》

一番考えられるのが「転覆病」。
原因として.は、餌の与えすぎ、消化の悪い餌、水温の低下、など。治療法としては水温を上げる、塩水浴をさせるなどがあるそうです。

二番目は「腹びれの左右の大きさが違う」「左側のひれはほとんど動いていない」などでバランスをとれない可能性。
これだとしたら体質ということでどうにもならない。

いやあ、せっかく水槽に移して楽しませてもらおうという段階でコレですからね、参りました。

さてどうしたものか。
いろいろ考えましたが理由もはっきりしないんで取りあえず様子を見てみようかな、の結論に。。。


それから、またまたキンカンジャム作りましたよ。
前回の分があと2、3日で切れます。今月の始めでしたから2週間ちょっと。うちは朝がパン食ですから消費が早いです。

前回はキンカンを半分に切ったのに対し今回は6分割。
これでタネを満遍なく取れたほか小さくなった分、いかにもジャムらしくなりました。

これで当分はOK。嬉しいな♪



日々の出来事ランキング

駐車に関して思うこと

日記
12 /16 2017
                                        【曇り・6度】
昨日奥さんのお供で買い物に出かけたときのこと。

毎度見かけて腹立たしく思っていたのですが、さすがに今回は腹に据えかねたので書きます。
何のことかといえば、「はみ出し駐車」

自分は店の中に入らず駐車場で待っていたのですが、その時入ってきた車の動きの不可解なこと。

その車、頭から入らずバックして入れようとしたので「おっ、感心だな」と思い見ていたのですが、その運転操作ぶりには幻滅。
何回か切り返しをするのですが、中々真っ直ぐならない。その上駐車枠を大きく逸脱して停める有り様。

何と枠の線は車のほぼ半分ぐらいのところに。つまり、堂々と2台分のスペースを占拠して停めたんです。 
                           《この写真は記事とは関係ありません》


ちなみにこのドライバー、自分と同じぐらいの高齢男性。この日は平日で駐車場もがら空きだったのですが、これからのこともあるので一言は注意しておきました。

それにしても何で枠内に入れないのか不思議でしようがない。今回の車の停め方は論外ですが、多少なりとも線から出ている車は他でもよく見かけます。
これでは満車の時などキチキチでドアを開けるのにも一苦労。ちゃんと枠内に停めましょう。


※ バックで駐車することを「出船方式」と呼びます。    
  皆さんもこうした停め方を心掛けましょう。これなら出るときに急ぎでもスムーズに出られます。



日々の出来事ランキング

厳しい寒さを待つ 切り干し大根 

日記
12 /15 2017
                                        【曇り・6度】

昨日の寒さから一転して暖か。
さてそんな中、うちの庭にこんなのが出現。別に下着が干してあるわけではありません。

うちの奥さんが頂き物の大根を使って切り干し大根を作っている最中。特に手を入れてるわけではなく細切りにした大根を約10センチぐらいにカットしただけ。

あと10日ほどしたらいい具合に干しあがりそうで、正月の料理にも一役買うのではないでしょうか。


そして、これを大型化したのがこちら。

       daikon.png
              《40基の巨大やぐらが並ぶ眺めは圧巻》

1基の大きさは高さ約7m、長さ50mから100m。木材と孟宗竹で組んだ10段のやぐらに大根を1本づつ丹念に吊るしてあり、今後2ヶ月から3ヶ月寒風にさらします。

錦江湾や太平洋を見張らせる高地に並ぶやぐらが約40基。その眺めは何とも壮観。


場所は我が街のお隣にある鹿児島県南大隅町宿利原。
同町では12月22、23日に大根祭りを開催。夜には毎年恒例のライトアップも行われる予定。
寒い夜空に色とりどりにライトアップされた大根やぐらはまるで大きなクリスマスツリーのようで、観る者の寒さを忘れさせてくれます。

                           《イベントポスターより》



日々の出来事ランキング

白ダルマ君に大異変!

日記
12 /14 2017
                                        【晴れ・-3度】

さみぃ~ 今年一番の冷え込み。氷点下3度ですよ3度。
池を見てください。すっかり氷に覆われてしまってます。その下で微動だにしない金魚君たち。

風がない分、体感温度はそれほどでもないんですけどね。とにかく寒かった。

  RSCN2948.jpg   sirodaruma.png
       《金魚君 氷漬け?》           《様子がおかしい白ダルマ君》

こういう状態ですからもう1匹の観賞魚“白ダルマ君”を室内の水槽に緊急避難。これで室内飼育は3匹目。
それにしても甘いですね。スパルタはどうした、って感じ。つくづく思います。

ところがところが、引き揚げてみて分かったのですがその白ダルマ君に異変が。
真っ直ぐに泳げないんです。普通に止まっているときはそうでもないんですが、泳ぐ段になると左に傾いておかしいです。

そこで思いついたのが「転覆病」。皆さんには聞きなれない名前でしょうが、れっきとした金魚の病気。
このままで病状がさらに進むと逆さまにひっくり返ってしまいます。

金魚は体内にある「浮き袋」の空気の量を調整して浮いたり沈んだりしますが、糞詰まりをおこしたり脂肪が付きすぎると空気の調節が出来なくなり、浮き袋に空気が溜まりすぎてお腹を上にして浮いてしまうらしいです。

つまり、運動不足による肥満と胃腸障害。
知ってはいましたが実際にこの症状を見たのは初めて。多分間違いないと思います。

こうなると池から離して狭い水槽で飼うのは考えもの。
餌を与えすぎるのが良くないらしいので、とりあえずは量を控えて減量させてみることに。

やっぱり人間と同様に過保護はいけません。厳しくいきます。(できるだけ)



日々の出来事ランキング

オジサンには難しいことばかり

日記
12 /13 2017
                                        【晴れ・0度】

ここ2、3日、当拙ブログ上にデッカイ広告が目につくようになったかと思います。

実はこれ、数年前から載せてはいたのですが一番下に貼られており、気づかなかった人がほとんどかと。
恥ずかしながら自分自身も気づいておらずブロ友さんの指摘で気づいた有様。

いや、気づいたというより知ったというほうが正解。載せていたこと自体も忘れていたんですから。
クリックしてもらえるだけで収入になる-との話に乗って設定まではした。それは覚えています。ただ、後はどうしたらよいかも分らないまま放置していたようです。

それにしてもこの手の広告は難しい。貼る場所、大きさすらままならない。
教えていただいた末に今の場所に置けるようになったのですが、一難去ってまた一難。

その一難とは広告枠のサイズ。
大きいよね。自分でそう感じるんだから他の人が見てもそう思うかもしれない。特に自分のブログではこれまで掲載がなかっただけになおさら。

じゃあ、小さくすればいいだろうという声が聞こえてきそうですが、なんとそれができない(泣)

現在もマニュアルを見ながら悪戦苦闘しているのですが、はみ出したりエラーが出たりでままならず。
まあ、掲載できている分だけましかと思い取りあえずはこのまま。

ぼちぼち勉強してみます。うまくいくように陰ながら応援してくださいませませ。



日々の出来事ランキング

外から内へ ちょっと嬉しそう

日記
12 /12 2017
                                        【曇り・6度】
こんにちは。
今週は頭からずいぶん寒くなるような予報でしたが、当地では昨日が8度、今日が6度とそれほど冷え込みません。やはり本格的な寒さは1月、2月でしょうか。

         daruma3.png
             《やっぱり見れないと買った意味なし》

先日紹介したリュウキンのダルマ君、水槽に入れました。やはり彼らは身近に置いて観賞しないと意味がないと思ったんです。これで屋内飼育は金魚鉢に入れている根性の子金魚君と2匹になりました。

現在ダルマ君を台所の食卓に載せ、子金魚君を出窓に置いていますが、定期的に交替させて楽しむことにします。

さて今回の移動で金魚君たちが寒さに弱いことがよ~く分かりました。

屋内に入れた金魚君たちは水槽、鉢内を所狭しと泳ぎ回るのですが池の金魚、鯉君たちは全くダメ。寒い朝などは微動だにせず、少し暖かくなる昼過ぎぐらいに少し体を動かす程度。

もっと寒くなるこれからが思いやられます。



日々の出来事ランキング

あのころキミは若かった(ほろにが)

日記
12 /11 2017
                                        【晴れ・8度】
 今週の「もういちど流行歌」は1975年3月の曲。 
            特集は 風 の「22才の別れ」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10        オリコントップ10  

 1位 年下の男の子(キャンディーズ)      22才の別れ( 風 )
 2位 22才の別れ( 風 )          我が良き友よ(かまやつひろし)
 3位 我が良き友よ(かまやつひろし)      私鉄沿線(野口五郎)
 4位 プリーズ・ミスター・ポストマン(カーペンターズ)   昭和枯れすすき(さくらと一郎)
 5位 私鉄沿線(野口五郎)           スモーキン・ブギ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)
 6位 昭和枯れすすき(さくらと一郎)      この愛のときめき(西城秀樹)
 7位 スモーキン・ブギ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)おんなの夢(八代亜紀)
 8位 さらばハイセイコー(増沢末夫)      学校の先生(坂上二郎)
 9位 木枯らしの二人(伊藤咲子)        さらばハイセイコー(増沢末夫)
10位 みかん色の恋(ずうとるび)        哀恋記(五木ひろし)

フォーク調の歌ながら多くの人に支持され、すっかりポピュラーソングになった「22才の別れ」。かぐや姫時代に「しょうやん」の愛称で親しまれた伊勢正三の作った歌だ。
これは自分にとっても思い出深い。当時ギターにハマっていた自分にとって「人に格好よく聴かせたい」という思いにピッタリの曲だった。印象深いイントロで始まり、曲中でもスリーフィンガー奏法の美しいメロディーに加えビブラートをかけたりシャッフルしたりと聴かせどころ満載。拍手をもらうと調子に乗る、まさにカッコマン。若かったんですねぇ。
それも今は全然ダメ。トラック運転手時代に荷台のシャッターに指を挟み中指を骨折。今でも中指はまっすぐに伸びず動きもままなりません(泣)
「年下の男の子」「我が良き友よ」「プリーズ・ミスター・ポストマン」以下、ほかの曲も忘れられない曲ばかり。「スモーキン・ブギ」のヒットで「つなぎ」が流行ったのも懐かしい思い出。



日々の出来事ランキング

ご利益 有りや無しや

日記
12 /10 2017
                                        【曇り・0度】
我が家の庭に突然こんなものが出現。

       maitorii2.png
                《祈・ご加護あらんことを》

おふざけじゃないんですよ。
鳥居は神域と人間が住む俗界を区画するものといわれます。
そこで、我が庭を聖域と化し悪霊を退散せしめ、もって家内安全をはかろうと設置したもの。

と、大上段に構えてはみたものの本当のところは、池と築山だけではちょっと寂しい。
何かないかと考えて思いついたのがこれ。

すご~く霊験あらたかな御社からの分祀をイメージした鳥居。おろそかにはできませんぞ。

後は注連縄(しめなわ)と紙垂(しで)を付けたら良い正月を迎えられそう。
なにせ来年はこれで初もうでに出かけなくてもいいし?

もっとも周りの芝生が綺麗に生え揃ってくれないと様になりませんけどね。今年は無理(泣)



日々の出来事ランキング

UFO またまたゲット♪

日記
12 /09 2017
                                        【晴れ・0度】
ウヒョ~ またまたゲット!
これで3回連続。しかも、いずれも一発ゲット。ひょっとして天才?

UFOキャッチャーだよ~(^^♪

 RSCN2868.jpg RSCN2883.jpg masin.jpg
 《30*15*23(㎜)大きいよ》     《格好いいね》       《さっそく部屋を飾る》

これまでマリオなどを続けてゲットしてましたが今回は念願のキラーマシン。
キラーマシンはドラクエシリーズにおける機械タイプのモンスターの先駆け。4脚歩行で、右手に剣を持ち左手はボウガンになっており人気度抜群。

最近はゲームはやってないけど昔からこれ欲しかったのよね。


機械は景品の箱を直接吊り上げるものではなく、直径5cmほどのゴムボールを吊り上げ、それをタコ焼き器の穴に落とし込むというやつ。
6個ほどある穴のうちの一つに印がありそこに入れば希望の景品を貰えるというもので、迷うことなくキラーマシンを選んだという訳です。

経緯は借りていたDVDをレンタル屋さんに返しに行った際、併設のゲームコーナーに直行。
UFOキャッチャーはよくやりますが自分の中での決まり事として、とにかく挑戦はうまくいってもいかなくても1回きり。それ以上はつぎ込みません。

ですから3回連続というのは驚異的。こんなことに3枚も写真を使って、とお思いでしょうが勘弁願います。とにかく嬉しかったんです。さて、4回目どうなることやら。今度は正月かな。



日々の出来事ランキング

久々に本を満喫♪

日記
12 /08 2017
                                        【晴れ・4度】
久々に本らしい本を読んでみました。
本らしいといっても四六判350ページの本を読んだという意味で、中身については関係なし。

この本を2日間で読了したという、遅読の自分としては近年にない快挙?
それほど最近読んでなかったということなんですね。プロフィール欄にある趣味「読書」の看板に偽りあり、といったところでした。

読んだ本は朝井まかて著「眩(くらら)」
葛飾北斎の娘で「江戸のレンブラント」と称される女流天才絵師・葛飾応為の生涯、生き様を描いたもの。

読み終えて一番に感じたことは「面白かった」。そして「この親にしてこの子(娘)あり」。

気位が高く、着るものも頓着せず、部屋も荒れ放題であった北斎同様、女子なら普通に行うであろう料理、掃除、洗濯をやらない。
一方で筆を握るだけで良しとして絵の具を混ぜたり画道具を整えたりする画業には手を抜かない芸術家肌。

とにかく小気味いいんです。
絵だけが描ければ他は何もいらない、という応為(小説の中ではお栄。この後はお栄と記す)の生き様。妻らしい務めは何も果たさず離縁も当然の帰結。

父北斎を偉大な画家として心から尊敬し生涯付き従い、支える。中年になってお栄自身の画力も認められ独立を勧められるも「親(北斎)あっての自分」だとして離れない。


自分の描いた絵の遠近や強弱に納得がいかないお栄。そこの場面でこんな描写が。
「そうか、光だ。光が物の色と形を作っている。(中略)闇雲に下絵を描き続けるうち、目で見た通りの陰影は色の濃淡で表せるんじゃないかと考えついたのだ」

この辺りからお栄の絵に違いが現れる。
彼女について、「西洋画法への関心が強く、誇張した明暗法と細密描写に優れた肉筆画が残る」といわれ、これが「江戸のレンブラント」と称される所以か。

紹介したいことは他にも山ほどあるがここでは無理。

ブロ友の馬場亜紀さんの記事中にあった「体は人と本でできている」趣旨の言葉に触発されて読んだのですが、いい時間を過ごせました。
やっぱり、本を読まんといかん。それが結論。



日々の出来事ランキング

いつもより余計に回っております

日記
12 /07 2017
                                         【晴れ・0度】
今日はいきなりの差し替え。
朝刊社会面の左下隅に海老一染之助・染太郎(愛称・お染ブラザーズ)の染之助の訃報が。

         engei.png
             《お染ブラザーズ・右側が染之助》

染之助といわれてもほとんどの方がご存知ないかもしれませんが「おめでとうございます」「いつもより余計に回っております」などのセリフを聞けば頷かれる方も多いのでは。

日本の伝統演芸「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師コンビ。ギャグを交えた話芸で場を盛り上げながら傘の上で升やボールを回す曲芸で一世を風靡。相方で兄の染太郎さんは2002年に死去。その後は独りで活動を続けていました。

曲芸は全て染之助さんが担当。
ギャグや合の手を入れるだけの染太郎さんに「何もしないと疲れるでしょう」と揶揄したり、「これでギャラは同じなんですよ」と愚痴ったりするやり取りが大受け。

芸の華やかさから正月には欠かせないコンビ。訃報を知りネット上で二人の出し物を観ながら在りし日をしのぶことでした。



日々の出来事ランキング

羽生・将棋史上初の「永世七冠」達成!!

日記
12 /06 2017
                                        【晴れ・1度】

今日の朝刊に一面トップ4段ぶち抜きの大見出し

羽生善治棋聖が昨日(5日)、第30期竜王戦七番勝負で渡辺明竜王を4勝1敗で破り通算七期目の竜王位を獲得し、永世竜王を手にしたというニュース。

将棋関連のニュースが一面トップを飾る。大変なことです。

          habu.png
                《すっかりオジサンです》

ここで、将棋に関心の薄い方にどれだけすごいのかをちょこっと説明。
将棋界には名人位を始め八つのタイトル(叡王位には永世称号の規定なし)があり、それぞれのタイトルごとに連続5期とか通算7期獲得などの条件を満たしたときに永世称号を授与。

分かりますか。
タイトル一つ獲るのも大変なこと。それを5期、7期と奪取、防衛するのですから並大抵のことではなく、そのうえ七大タイトルすべて獲得というのですから偉業としかいいようがありません。

それにしても月日の経つのも夢のうち。
羽生七冠も47歳とのこと。そうすると小学生チャンピオンになったのがもう40年ぐらい前。赤い野球帽をかぶった将棋少年の姿が頭に浮かびます。まだ昭和の怪物と呼ばれた大山康晴永世名人が現役で君臨。中学生4段の彼と相まみえたことも懐かしい思い出。

今年は中学生棋士として藤井聡太4段の活躍が注目されましたが、その先達が羽生七冠。
藤井4段がその後に続くことを期待しつつ、羽生七冠にはこれからのさらなる活躍を期待するものです。



日々の出来事ランキング

新人君です。よろしく♪

日記
12 /05 2017
                                        【晴れ・8度】
金魚君にまたまた仲間が増えました。

             ジャ~ン、この子で~す

        ryukin3.png 

               
種類はリュウキン、正式名称をダルマリュウキンといい、ダルマ君と呼ぶことにしました。
コロコロの体型にメタボ風のお腹。いかにもいいとこのお坊ちゃまという風情。

このダルマ君もハネモノで大化けの可能性あり。

とは言え別に売る気はないので上物になって欲しいわけではありません。
可愛く、いい子であってくれたらそれで良し。

なお、リュウキンはあくまでも観賞魚として通っており、本来なら水槽か金魚鉢にでも入れて飼うところ。
広い池に放したためほとんど見られないのが現状。さて、どうしたものか。・・・考え中。



日々の出来事ランキング

静香も良し!だが、やはり森田童子だな

日記
12 /04 2017
                                        【曇り・12度】
 今週の「もういちど流行歌」は1993年2月の曲。 
            特集は工藤静香 の「慟 哭」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10        オリコントップ10  

 1位 負けないで(ZARD)          負けないで(ZARD)
 2位 世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)がじゃいも(とんねるず)
 3位 ロード(THE虎舞竜)          優しい雨(小泉今日子)
 4位 オールウェイズ・ラブ・ユー(ホイットニー・ヒューストン)KISSME(氷室京介)
 5位 ぼくたちの失敗(森田童子)        もっと強く抱きしめたなら(WANDS)
 6位 何も言えなくて・・・夏(J-WALK)  慟 哭(工藤静香)
 7位 渡良瀬橋/ライター志望(森高千里)    ぼくたちの失敗(森田童子)
 8位 慟 哭(工藤静香)            世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)
 9位 優しい雨(小泉今日子)          おさえきれないこの気持ち(T-BOLAN)
10位 もっと強く抱きしめたなら(WANDS)  オールウェイズ・ラブ・ユー(ホイットニー・ヒューストン)


特集は工藤静香の「慟哭」。このランキングで行けば「負けないで」「世界中の誰よりきっと」あたりが選ばれそうなんだが。
でも自分的にはいいと思う。多くのヒット曲を出している工藤静香ですが、その中のどの曲よりいい。というか一番好き。アイドルグループの「おニャンコ」出身とはいえ、どこか異質。歌唱力も抜群だった。
歌唱力といえばホイットニー・ヒューストン、最高ですね。
最高といえば森田童子の「ぼくたちの失敗」。この年放映された人気テレビドラマ「高校教師」の主題歌としてリバイバルした曲ですが何度聴いても震える。単調なフレーズのくり返しながら心に響き、彼女独特の世界に引き込まれたものでした。
2003年にも同ドラマがリメイクされ、主題歌にも使われたので若い人も耳にしたことがあるのでは。



日々の出来事ランキング

いやあ、感激!思い出しましたベルマーク

日記
12 /03 2017
                                        【曇り・12度】

新聞の地方版の片隅に小さく載っている「ベルマークだより」なるものが目につきました。以下「11月にベルマーク運動で設備購入資金を取得」「預金で設備品を注文」などの項目に県内の小中学校名がズラリ。

         beruma-ku.png
            《お菓子やノートについていたたベルマーク》

これを見て、「おう、まだやってるんだ」と思わず感激。

自分が小学生の頃に写真にあるようなキャラメルの箱の一部に印刷されていたベルマークを切り取り、学校に持っていったことを思い出したのです。

マークが印刷されているのは菓子だけでなく学用品や日用品などに幅広くあり、それぞれを普段から気に留めておき集めたものでした。

調べてみたらベルマーク運動は教育設備の拡充等を目的に1960年に開始。協賛会社の増減はあるものの60社(2014年12月)が参加し、現在に至っているようです。


「そうか、まだやってるんだ」との思いが再度よぎり、クラスに係を置いて学校を挙げて取り組んでいた記憶がよみがえりました。
小さな力ではあるかと思いますが、これからも継続されることを願います。



日々の出来事ランキング

ジャム完成♪ されど道遠し

日記
12 /02 2017
                                        【晴れ・8度】
今朝、美味しくいただきました。

なにを、って?

手作りのキンカンジャムをトーストにつけて食べました(^^♪


  DSCN2854.jpg  DSCN2858.jpg
          《下拵え》                  《完成品?》

今年は数多く実ってくれたのですが、姿を現してからなかなか色付いてくれないことにイライラ。
5個、10個と落下するに至っては我慢の限界。

取りあえず比較的色付きのよいのを摘み取り、調理を開始。今年は数が多いのでジャムを作ることに前もって決めていました。

なにせ初めてのこと。レシピとにらめっこ。
ヘタを取り、半分に切ってタネを除く。あとは砂糖を入れ煮込むだけ。

結果だけ言います。
初めてということを考慮して及第点。ただし、反省点も。

反省、その一。タネの取りこぼしが多すぎ。煮詰まってから出るわ出るわ。
反省、その二。皮は柔らかくなっていたものの、そのまま残り不格好。次回からは小さく切り刻む要有り。
反省、その三。今回も後片付けを奥さんの世話に。いけませんね。

今回使ったキンカンの量は1/10ほど。まだまだ残っているということ。
そこで、また挑戦します。今度は反省点を活かして要領よく、綺麗・確実に仕上げることを目指します。



日々の出来事ランキング

ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。