FC2ブログ

泥んこ遊び どこ行った

日記
11 /11 2017
以前池造りの過程で出てきた土砂。
積み上げていた砂の山を見て「子供は喜ぶのに」という趣旨のコメントをブロ友さんからいただきました。

そうなんです。子供は砂遊び、泥んこ遊びが大好き。なのに最近は公園の砂場で遊ぶ姿を見かけません。

保育士をしているうちの奥さんに話したら間違いなくそうした傾向にあるとの返事。
その一番の理由は衛生面。特に犬猫の糞尿。汚れることはもちろん病気を心配する声が多いと言います。

それを裏付けるかのように自分の周りでも公園の砂場が減っており、あったにしても滑り台の着地点付近に薄く盛ってあるだけ。
あれでは穴を掘ったり、トンネルを作ったりはとても無理。

専門家の間でも砂場での遊びは子供の成長に欠かせないという意見が多い。
つまり、砂遊びをすることにより五感を刺激し、創造力やバランス感覚が養われるという。

そんな難しい言葉を待つまでもなく見てれば分かりますよね。嬉々として走り回り、全身を使って砂をこね回す。自分らも時間を忘れて遊んでました。

元来子供の動きは大人から見て非常識。

雨の日に傘を持っているのにささない、わざわざ水たまりに足を踏み入れる、泥で団子を作り洋服にくるんで持ち帰る、等々。
大人にとっての非常識が子供にとっては常識。身体中で自然を感じているんでしょう。

そんな子供たちの感性を大事にしてあげたいと思いませんか。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。