FC2ブログ

新語、造語の山 どうする?

日記
10 /12 2017
あざ~す(^^♪

いきなり不謹慎でしょうか。オジサンが今年覚えた言葉です。
若者言葉だそうですが、オジサンが使っちゃいけないものでもない。ただし、時と場所柄をわきまえよ、ということらしい。

昨日だったかな。同じような訳の分からない言葉がずらり並んでいるのを見ました。
それはベネッセコーポレーションが実施した「第2回現代人の語彙に関する調査」でのこと。

一例を挙げると「りょ」「わず」「イミフ」「グルチャ」「とりま」など。

どうです、分かりますか?

解説すると「りょ」が(了解)、「わず」が(~した/英語のwasから)、以下、「イミフ(意味不明)」「グルチャ(グループでのメッセージのやりとり)」「とりま(とりあえず、まあ)となるらしい。

ほとんどがSNSを通じて広まり、しかも新語が続々誕生しているようで、言葉によっては若者でも知らないものがあるとのこと。

親世代に訊いた設問では2~3割が知っていると回答。この数字を見て、多いととるか少ないととるか。
自分としては、意外と知ってるなという驚きの感想。

まあ、言葉を詰めて書き、話すのは昔からよくあったこと。ただ驚くべきは広まるスピードとその量。
生まれては消えていくのでしょうが、中には社会に認識され定着する言葉もあります。

さて、オジサンはこれからどうする。見慣れない言葉に右往左往するのか、敢然と挑戦するのか。

たぶん、見なかったことにする、聞かなかったことにする、だな。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。