FC2ブログ

お盆を前に思うこと

日記
07 /31 2017
お盆が近づくとご先祖様を意識し、そうすると極楽地獄への関心も高まります。ご先祖様は今どこにいるんだろうとか、自分は死んだらどこに行くのか、などと。

まあ、死後の世界を信じる信じないは皆さん個人の勝手。自分は信じないほうですが、祖父母・両親からこの世界に関して多くの影響を受けました。


話題はたくさんありますがその一端を述べてみます。

         jigoku.png
              《地獄ってどんなとこ》

食べ物を残したり、粗末に扱うと「この罰当たりが、地獄へ行くぞ」と怒られたもの。

そうなると子供心にも「地獄」ってどんなとこってなりますが、大人になってから得た知識で、「地獄」には苦しみの小さいほうから「等活」「黒縄」「衆合」「叫喚」「大叫喚」「焦熱」「大焦熱」「阿鼻」の八つの地獄があることを知りました。

一番軽く小さい「等活」でもその苦しみは「鬼に八つ裂きにされる」「風が吹くと生き返り、苦しめ続けられる」、その次の「黒縄」が「焼けた鉄の斧で切断される」「鉄の釜に落とされ、煮続けられる」など。これだけで十分というほどなのに最高ランクの「阿鼻」はそれ以前の7地獄の1000倍以上の責め苦を与えられるというんですから想像もつきません。

いやはや、怖い怖い。こんなことを聞いたら食べ物のことに限らず悪いことなんてできませんよね。

でも、ちょっと待ってください。
世の中には悪い奴らがうようよ。中には「阿鼻」クラスのワルもいるはずですが、そいつらが地獄に落ちて苦しんでいるなんて話を聞きません。

実際あるのならぜひ確かめてみたいものです。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。