FC2ブログ

役者さんってやっぱりスゴイ

日記
06 /06 2017
「花戦さ」観に行ってきましたで~。
さっき帰ってきたばかりで京言葉がまだ耳に残っています(^^♪

      eiga.png
                 《野村萬斎 渾身の演技》

この映画、天下統一を果たした秀吉が圧政により庶民を苦しめるのに対し、花僧の池坊専好が生け花をもっていさめるというエンタテインメント時代劇。

このような設定だけに戦国時代を描きながら戦の場面が一切ないという異色の映画で、物語は粛々と進む。
こうなると役者さんの力量が試されることになるが、そこらあたりは心配ご無用。

野村萬斎を始め市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市と大河ドラマの主役をはれるほどの芸達者な面々が参集。作品を大いに盛り上げていました。

中でも主役の池坊専好を演じた野村萬斎。いいですねぇ。

この人を初めて知ったのはNHK大河ドラマ33作目の「花の乱」(1994年)。
30歳前という若年ながら、応仁の乱における東軍の総大将・細川勝元役を繊細かつ重厚に演じていたのが今でも印象に残っています。

指先まで神経のいきわたった細かい所作、背筋を伸ばし端然と座した姿、廊下を小走りに走る様子など、どれをとってもほれぼれする動き。やはり狂言師として為せる業(わざ)でしょうか。

この人の演技を観れただけでも満足という作品でした。もちろん他の役者さんも良かったですよ。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。