FC2ブログ

もう現実世界を超えた!?中学生プロの活躍

日記
05 /19 2017
18連勝。またまた勝ちましたよ、藤井君(14)。
プロの将棋指しを“君”づけですから恐れ入るというか、おこがましいというか。スンマセン。

でも、まだ中学生なんですよね。以前この欄で紹介したときが13連勝のとき。それすらすごいのにまだ負けてない。

プロデビュー戦からの連勝記録はもちろんトップ。現在の18連勝は羽生善治3冠(46)らと並ぶ歴代7位タイ。プロ入りしていきなりのトップ10入り。
将棋界の公式戦最多連勝記録は28。ここまできたら、もうこの記録を破って欲しいというのが自分の切なる願い。


藤井君は、将棋を題材にした映画でつい最近全国公開された「3月のライオン」の主人公・桐山零(きりやま れい)四段と対比され話題になっていますが、もう一つ類似の作品があったのをご存知か。

それは1999年(平成11年)に連載を開始し、それまで年配の愛好家が主だった囲碁を小学生・中学生世代に浸透させ、囲碁ブームを巻き起こした「ヒカルの碁」という漫画・アニメ。

主人公は中学生でプロ入りした「ヒカル」。そのライバルに同じ年の「アキラ」という少年がいますが、この子が作品の中でプロデビュー戦後26連勝という快挙を達成。
囲碁と将棋、勝負の世界は違いますが藤井君の活躍はそれと重なり、より興奮させられました。

このように藤井君の活躍は将棋世界の勝負にとどまらず漫画やアニメ、映画の世界を思わせるものがあり、影響力は極めて大。アニメ同様に小中学生を中心に一大将棋ブームを起こしてもらいたいものです。


※藤井君のすごさを強調したい余り、君付けで通してしまいました。これからは四段と呼称させてもらいますので今回だけはお見逃しください。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。