FC2ブログ

メデタシメデタシのお話

日記
01 /10 2017
こんにちは。お変わりありませんか。
うちの周りでは元旦から温暖な日が続き、寒さが苦手な自分としてはありがたい毎日を過ごさせてもらってます。

さて、そんな暖かさにひかれ一昨日庭に出たところキンカンの木に黄色く色づいた実がついていることに気づいたんですね。

そこで暇つぶしの一環として考えたのがキンカンの甘露煮。
たびたびこの欄で書いているようにこの手の作業が不得手な自分。それでもレシピを見てみると水と砂糖があればOKの簡単調理。

   kinkan.jpg    kinkan2.png
    《これっぽっちのキンカンですが》            《こうなりました》

小さい庭の小さい木から採れた、たかだか30数個の実を相手にした初めての実戦の、始まり始まり。

レシピに導かれ、まずはヘタを取り包丁で切り目を入れる。続いてお湯で短時間煮た後1時間ほど水につけて渋みを抜く。

なるほど、なるほど。順調、順調。

こうなれば後は水を入れた鍋にキンカンと砂糖を適当に放り込み弱火でグツグツ煮るだけ。
3時間後には立派な甘露煮が出来上がっていました。 エッヘン

なんて威張るほどのことではなかったのですが、初挑戦ということを考えればちょっとは褒めてもらってもいいのでは。
と、終始見守ってくれていた傍らの奥さんを振り返ると、「少し崩れてるけど、皮の固さといい甘みといいグッド。これなら来年のおせちに出していいかも」という最上級の誉め言葉。

嬉しかったです。

でも、「こんなのは料理のうちに入らない。これから何でもやってもらいますよ」と釘を刺される場面も。

ですよねぇ。今回のことにしても水や砂糖の量は本当にいい加減。まあ、“結果オーライ”ということでメデタシメデタシのお話でした。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。