FC2ブログ

「3月のライオン」 実写化の期待と不安

日記
01 /04 2017
     raion.png
     《羽海野チカ原作の人気マンガ「3月のライオン」を大友監督がどう描いてくれる?》

皆さん知ってます?
将棋をモチーフにした人気マンガ「3月のライオン」が実写化されることを。

この作品に限らずマンガ・アニメの実写化というのは実に微妙。
原作を読んだ者は筋書きが分かっているうえ、自分の中で主人公やストーリーについて独自のイメージが定着しており、これを打ち破るのは非常に難しい。

今回この難題に取り組むのが大友啓史監督となればなおさら。

同監督はNHKのディレクターとして「ハゲタカ」や「龍馬伝」などハードな作品を世に送り出してきたほか、昨年暮れに猟奇殺人など衝撃的な映像満載の「ミュージアム」を公開したばかり。

「3月のライオン」は勝負の世界を舞台にしているとはいえ、主人公の生き様や彼を取り巻く複雑な人間関係のほうをメインに描いており、同監督のイメージとは程遠いもの。
不安というのはここ。どうなることやら。

でも観に行きますよ。
自分は将棋に目がないうえ、同監督は「るろうに剣心」シリーズをヒットさせた実績を持ってますからね。
何とかしてくれるでしょう。

ただ、またまた海を渡らないといけないという難点はありますが。
ちなみに作品は2部作で、公開は3月と4月です。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。